zuknow learn together

新しい教材を作成

お天気用語④

カード 30枚 作成者: satoru (作成日: 2013/12/17)

  • 湿数
    (しっすう)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    湿数 (しっすう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気温から露点温度の差。値が小さいほど湿っている。

    解説

  • 2

    対流圏 (たいりゅうけん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地上から約10kmまでの大気の層。高度は季節や緯度によって異なる。対流圏では上空に行くほど、気温が下がる。

    解説

  • 3

    時々 (ときどき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雨などの現象がときどき起こり、その現象の合計時間が予報期間の半分以下のとき。

    解説

  • 4

    小春日和 (こはるびより)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 晩秋から初冬にかけて日に日に寒さが厳しくなる中で,穏やかで暖かな日和が現れることがある。

    解説

  • 5

    異常気象 (いじょうきしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平均気温や降水量が、過去30年ないし25年の気候に対して、著しいかたよりがみられる天候をいう。

    解説

  • 6

    寒冷低気圧 (かんれいていきあつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中心ほど気温が低い低気圧。比較的小さな規模で前線を伴わない。

    解説

  • 7

    オホーツク海高気圧 (おほーつくかいこうきあつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オホーツク海や千島付近で勢力を強める高気圧。梅雨期に多く現れ、2週間以上停滞することもある。

    解説

  • 8

    光化学オキシダント (こうかがくおきしだんと)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自動車の排気ガスなどに含まれる窒素酸化物が、太陽光からの紫外線で反応するために生じる。

    解説

  • 9

    低気圧 (ていきあつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 周囲に比べて気圧が低いところを低気圧という。

    解説

  • 10

    木枯らし (こがらし)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 晩秋から初冬にかけてふく、やや北よりの風。「木枯らし一号」とは東京や大阪で「おしらせ」として発表している。

    解説

  • 11

    梅雨前線 (ばいうぜんせん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 春の終わりから初夏にかけ、暖かい小笠原気団と冷たいオホーツク海気団の境目にできる前線。日本の南岸にできるため、北海道を除く地域に影響をおよぼす。

    解説

  • 12

    降水確率 (こうすいかくりつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 予報区内である時間内に降水量1mm以上の雨または雪の降る確率を(%)で表したもの。

    解説

  • 13

    大雪 (おおゆき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大雪注意報基準以上の雪。特定の時間内に大量に降る雪のこと。

    解説

  • 14

    大雨注意報 (おおあめちゅういほう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大雨により災害が起こるおそれがある場合、その旨を注意して行なう予報のこと。

    解説

  • 15

    時雨 (しぐれ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 晩秋から初冬にかけて、降ったりやんだりする雨や雪のこと。

    解説

  • 16

    集中豪雨 (しゅうちゅうごうう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 狭い範囲で降る豪雨。局地的な豪雨。

    解説

  • 17

    海風 (うみかぜ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日中、気温の低い海面から気温の高い陸地に向かってふく風。

    解説

  • 18

    小雪 (こゆき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 数時間降り続いても、1時間あたりの降水量が1mmに満たない雪のこと。

    解説

  • 19

    快晴 (かいせい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 空に雲がほどんどない状態。雲量が1以下。

    解説

  • 20

    ジェット気流 (じぇっときりゅう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地上から10kmくらいの上空(対流圏と成層圏の境)にふいている強い風。冬に強まり、風速は50〜100m/sに達する。

    解説

  • 21

    赤外画像 (せきがいがぞう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気象衛星には可視光線および赤外光線に感度をもつセンサーを搭載しているが、このうち赤外線での観測をもとに作られる画像のこと。

    解説

  • 22

    秋晴れ (あきばれ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 秋のすみわたった晴天のこと。秋の天気の特徴は、大陸からの移動性高気圧や低気圧が交互に日本付近を通るため、3〜4日程度の間隔で天気が周期的に変化する。

    解説

  • 23

    雷 (かみなり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発達した積乱雲の上と下で電気が蓄積され、一定以上になると空気の絶縁を破って、雲と雲の間や雲と地面の間で放電が起こる現象。

    解説

  • 24

    最大瞬間風速 (さいだいしゅんかんふうそく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 瞬間風速の最大値。

    解説

  • 25

    雲頂高度 (うんちょうこうど)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地表から雲頂までの高さ。雲頂高度はいろいろあるが、一般的には3層に分け、その高度により「上層雲」「中層雲」「下層雲」に分類する。

    解説

  • 26

    寒気団 (かんきだん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寒気をともなう気団。高緯度から暖かい地域に移動する。

    解説

  • 27

    大気の状態が不安定 (たいきのじょうたいがふあんてい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上空に寒気が流れ込み、下層に暖かい空気が入った状態。この状態に上昇気流が加わると積乱雲が発達し、局地的な大雨や雷をもたらすことがある。

    解説

  • 28

    降水量 (こうすいりょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雨と雪をあわせた量。氷粒や雪片のときはとかして測定する。mmであらわす。

    解説

  • 29

    予報区 (よほうく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 注意報や警報、予報の対象とする区域のこと。天気予報では全国、地方、府県の各予報区があり、海上予報では全般と地方の各海上予報区がある。

    解説

  • 30

    エアロゾル、エーロゾル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大気中に分散して浮遊している固体(火山灰や砂やちり、花粉など)や液体の微粒子。

    解説

56998

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ