zuknow learn together

新しい教材を作成

お天気用語③

カード 30枚 作成者: satoru (作成日: 2013/12/17)

  • 偏西風
    (へんせいふう)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    偏西風 (へんせいふう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北緯25度より北の上空でふいている強い風。冬に強まり北緯30〜35度の高度約12km(200hPa)付近で強い西風となる。

    解説

  • 2

    大雨警報 (おおあめけいほう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大雨により重大な災害がおこるおそれがある場合に、その旨を警告して行なう予報のこと。

    解説

  • 3

    晴れ (はれ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 空を見上げたとき、雲が少ない状態。雲量が2以上8以下のとき。高気圧に覆われると晴れる。

    解説

  • 4

    シベリア気団 (シベリアきだん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冬にシベリアや中国東北区に出現する大陸性の寒帯気団のこと。

    解説

  • 5

    空梅雨 (からつゆ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 梅雨期間に雨の日が非常に少なく、降水量も少ない場合。夏の水不足をもたらす。

    解説

  • 6

    地すべり (じすべり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山地のゆるい斜面を構成している土砂や岩石が、ゆっくりと移動する現象。大雨や雪解けによる地下水の急な増加が原因となることが多い。

    解説

  • 7

    おろし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山地からふき降ろす冷たい強風。日本各地に「おろし」の名所がある。

    解説

  • 8

    オゾン層 (おぞんそう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地上から20kmから25kmの高さを中心とした場所(成層圏)にあるオゾン*(O3)でできた層。

    解説

  • 9

    気象予報士 (きしょうよほうし)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1993年に新設された制度。国家資格である。気象予報士になろうとする場合は気象予報士試験に合格し、気象庁長官の登録を受けなくてはならない。

    解説

  • 10

    波浪 (はろう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海域の風によって起こる波(風浪)といい、遠方で発生した風浪により伝わってくる波や風がやんだあとも海面に残っている波をうねりというが、波浪とはその2つを合わせた呼び方。

    解説

  • 11

    ヒートアイランド (ひーとあいらんど)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大都市において、都市の中心部が郊外より気温が高くなる現象。汚染物質がちりとなって浮遊して、熱が逃げにくくなったたり、冷暖房機器や交通機関などの多量の熱源でにより暖まってしまう現象。

    解説

  • 12

    オホーツク海気団 (おほーつくかいきだん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 初夏(梅雨期)および初秋にオホーツク海に発生する気団。

    解説

  • 13

    光化学大気汚染

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光化学オキシダントによる大気汚染。

    解説

  • 14

    しけ (しけ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強風のために海上が荒れること。

    解説

  • 15

    可視画像 (かしがぞう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気象衛星は可視光線および赤外光線に感度をもつセンサーを搭載しているが、このうち可視光線での観測をもとに作られる画像のこと。

    解説

  • 16

    流氷 (りゅうひょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海を流れてただよっている氷のこと。

    解説

  • 17

    着氷 (ちゃくひょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水滴が物に付いて凍る現象。海上では雨や霧が船に付着し、凍結する現象を船体着氷という。

    解説

  • 18

    予報円 (よほうえん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 台風や暴風域をともなう低気圧の中心が12、24、48および72時間後に到達すると予想される範囲を円で表したもの。台風や低気圧の中心が予報円に入る確率はおよそ70%である。

    解説

  • 19

    大しけ (おおしけ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 波高(波の高さ・有義波高)が6mをこえ9mまでの状態。

    解説

  • 20

    竜巻 (たつまき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 激しい空気のうずまきで、大きな積乱雲の底から漏斗(ろうと)状に雲が垂れ下がり、陸上では砂を巻上げ、海上では海水を巻上げる。竜巻は低気圧と同じように左巻きのものが多いが、まれに右巻きのものもみられる。

    解説

  • 21

    風力 (ふうりょく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風の強さを地上の樹木のようすや海上での波のようすなどをめやすにして表したもの。

    解説

  • 22

    雨台風 (あめたいふう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風による被害より、雨による被害のほうが大きい台風。

    解説

  • 23

    露点温度 (ろてんおんど)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水蒸気を含む空気を冷やしていくとき、空気中の水蒸気が飽和水蒸気量に達する気温のこと。露点ともいう。

    解説

  • 24

    気象衛星 (きしょうえいせい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気象要素を観測したり、気象観測資料などを中継する機能をもった人工衛星。

    解説

  • 25

    ドップラーレーダー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気象レーダーの一種。電波を利用して降水粒子などの移動する速度を測定し、これから風を求める気象レーダー。

    解説

  • 26

    大雨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大雨注意報基準値以上の雨。特定の時間内に大量に降る雨のこと。

    解説

  • 27

    熱雷 (ねつらい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山間部において夏の強い日射が原因で大気の状態が不安定になり、積乱雲が発達、狭い範囲に発生する雷。

    解説

  • 28

    霧 (きり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ちいさな水滴が空気中に浮遊していて視程が1km未満の状態。

    解説

  • 29

    メイストーム (めいすとーむ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4月後半から5月頃にかけて低気圧が日本海で台風並に発達する現象。低気圧に向かって南よりの強風が吹き,海上では波が高く大荒れになる。

    解説

  • 30

    北高型 (ほくこうがた)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高気圧が北にかたよって張り出した気圧配置。南岸に前線ができて長雨となることがある。

    解説

56609

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ