zuknow learn together

新しい教材を作成

お天気用語②

カード 30枚 作成者: satoru (作成日: 2013/12/17)

  • ダイヤモンドダスト
    (だいやもんどだすと)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ダイヤモンドダスト (だいやもんどだすと)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大気中の水蒸気が凍り(昇華し)、キラキラとゆっくりと降下する細かい氷の結晶。細氷ともいう。

    解説

  • 2

    移流霧 (いりゅうぎり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 暖かく湿った空気が、温度の低い地面や海面に流入したとき、下から冷却されて生じる霧。

    解説

  • 3

    オゾンホール (おぞんほーる)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北極や南極の極地方でほぼ円形状にオゾン濃度が低い領域ができること。

    解説

  • 4

    風向風速計 (ふうこうふうそくけい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風向と風速を観測する測器のこと。風杯型風向風速計および風車型風向風速計が、主に用いられている。

    解説

  • 5

    あられ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雲から落下する直径5mm以下の氷の粒を「あられ」という。

    解説

  • 6

    高潮 (たかしお)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 潮位が通常よりいちじるしく高くなる現象。台風や発達した低気圧によって起こされる。

    解説

  • 7

    気団 (きだん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気温や湿度がほぼ一様な空気のかたまりのこと。

    解説

  • 8

    温度計 (おんどけい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 温度計には様々なタイプのものがあるが、水銀やアルコール(実際は赤い色をつけた灯油)などの液体温度計が最も一般的である。

    解説

  • 9

    日本海低気圧 (にほんかいていきあつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本海を東から北東に進む低気圧。 「春一番」や「メイストーム」をもたらすのはこのタイプの低気圧である。

    解説

  • 10

    数値予報 (すうちよほう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物理学の方程式に基づき、現在の大気の観測を基にして、将来の大気の状態をコンピューターで計算する技術。

    解説

  • 11

    ラニーニャ現象 (らにーにゃげんしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南東貿易風が強まり、西に向かう海流が強まるため、ペルー沖では深海からの冷水が湧き上がり、水温が低くなる現象。

    解説

  • 12

    暴風 (ぼうふう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 警報級の強い風のこと。警報の基準は地域によってことなるが、平均風速18m/sから25m/sくらいをこえる風をいう。

    解説

  • 13

    雹 (ひょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直径5mm以上の氷の粒。積乱雲から降る。

    解説

  • 14

    なたね梅雨 (なたねづゆ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なの花が咲く頃(3月中ごろから4月にかけて)の長雨。「春の長雨」ともいう。高気圧が北にかたより、南岸沿いに前線が停滞するため、関東地方より西の地方で雨が降り続く現象。

    解説

  • 15

    視程 (してい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水平方面で見通すことのできる距離。観測地点からの距離がわかった目標物があれば、それが見えるかどうかで視程を決めることができる。

    解説

  • 16

    降雪量 (こうせつりょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 降雪の深さ、積もった雪の深さのこと。cmであらわす。

    解説

  • 17

    対流雲 (たいりゅううん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 比較的大気が不安定なときにできる、モクモクともりあがった、かたまり状の雲。

    解説

  • 18

    霜 (しも)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 晴れて風のない夜は地面から熱がさかんに放射され、よく冷える。この冷え込みがきついと空気中の水蒸気が直接小さな氷の粒となって、地表近くの草や石の表面につくこと。

    解説

  • 19

    桜の開花予想 (さくらのかいかよそう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 桜(ソメイヨシノなど)の開花予想で、3月3日頃、3月20日頃、4月4日頃、4月10日頃、4月25日頃の計5回発表している。

    解説

  • 20

    夕立 (ゆうだち)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夕方、一時的に降る強い雨で雷をともなうことが多い。通り雨。にわか雨。積乱雲から降る。

    解説

  • 21

    Radar (れーだー)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RadarとはRadio detecting And Rangingの略語。気象レーダーでは降水粒子(雨滴や雪)を探知している。

    解説

  • 22

    爆弾低気圧 (ばくだんていきあつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 短時間の間に低気圧が急激に発達し、暴風をともなう温帯低気圧のこと。移動速度が大きく、台風のように海や山では大荒れとなる。

    解説

  • 23

    にわか雨、にわか雪 (にわかあめ、にわかゆき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天気がよいときに降る一時的な雨や雪。積乱雲などから降る。通り雨もこのタイプである。

    解説

  • 24

    寒の戻り (かんのもどり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3〜4月、一時的に冬型の気圧配置となり、再び寒くなること。

    解説

  • 25

    小笠原気団 (おがさわらきだん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夏の天候に影響をおよぼす暖かく湿った気団(海洋性熱帯気団)。

    解説

  • 26

    しゅう雨、しゅう雪 (しゅうう、しゅうせつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • にわか雨、にわか雪のこと。積乱雲などの対流性の雲から降る雨、雪。

    解説

  • 27

    だし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風が細長い峡谷を通って、谷の開口部から平野部や海上に向かってふき出す強い東よりの風。

    解説

  • 28

    豪雨 (ごうう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1時間または3時間のどちらか一方の大雨警報基準を超え、かつ24時間の警報基準を超える大雨。

    解説

  • 29

    初冠雪 (はつかんせつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夏が終わったあと、山ろくの気象台や測候所からみて山頂付近が始めて積雪などで白く見えること。

    解説

  • 30

    山背 (やませ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 春から夏にかけてふく冷たく湿った東よりの風。東北地方に凶作をもたらすといわれる。

    解説

56860

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ