zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H26 基礎(51~100)

カード 250枚 作成者: AT KnowHow Master (作成日: 2014/12/30)

  • 肺の換気能力 は最大酸素摂取量の決定因子である

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

AT養成校 卒業生向け、AT試験対策グループ『AT KnowHow』 養成校卒業後、AT資格取得を目指す卒業生をサポートするグループ。 身近な先輩ATによるAT教本をベースとした「講義」と レベルアップを目指したAT関連の「文献抄読」、「実技練習」、ゲストによる特別講義など 1ヶ月2〜3回の勉強会とオンラインサービスを活用した学習で、一緒に学びAT取得を目指します。 こちらの問題集もオンラインサービスの一つです! 卒業校に関係なく、KnowHow「ノウハウ」の共有を目指します! 参加希望、情報提供希望の方は、 facebookグループへの参加をお待ちしています。 https://www.facebook.com/groups/knowhow.at/ グループマスター 佐藤哲史(JASA-AT) https://www.facebook.com/tetsushi.satou

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    肺の換気能力 は最大酸素摂取量の決定因子である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    血液から肺への拡散能力 は最大酸素摂取量の決定因子である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 3

    心臓血管系による循環能力 は最大酸素摂取量の決定因子である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    筋組織での拡散能力 は最大酸素摂取量の決定因子である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    筋組織での酸素消費能力 は最大酸素摂取量の決定因子である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    高齢者の運動器の特徴について、骨強度の低下は男女で同程度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 7

    高齢者の運動器の特徴について、腱は断裂しにくくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 8

    高齢者の運動器の特徴について、関節軟骨の摩耗・変性は股関節で最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 9

    高齢者の運動器の特徴について、椎間板の変性により脊柱の動きが大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 10

    高齢者の運動器の特徴について、神経系の機能低下が外傷リスクを高める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    運動負荷試験について、腎疾患の診断のために行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 12

    運動負荷試験について、健康維持・増進のための運動処方作成のために行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    運動負荷試験について、運動負荷の形式は漸減式で行うことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 14

    運動負荷試験について、自転車エルゴメータは負荷中の検査が比較的容易である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    運動負荷試験について、トレッドミルによる検査は負荷を十分にかけることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    外出血に対する止血法について、最も基本的な止血法は間接圧迫法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 17

    外出血に対する止血法について、四肢からの出血であれば心臓よりも高い位置に挙上する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    外出血に対する止血法について、感染防止のためゴム手袋がなければ直接圧迫法は行ってはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 19

    外出血に対する止血法について、止血帯法では、なるべく細い止血帯を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 20

    外出血に対する止血法について、止血帯法で30 分以上止血する場合は、30 分毎に 1~2 分止血帯を緩め、その間は直接圧 迫する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    クレアチン摂取は持久的運動パフォーマンスの向上に有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 22

    クレアチンは生体内では合成されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    クレアチン摂取による筋のクレアチン含量の増加に個人差はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 24

    ATP 濃度はクレアチン摂取により変化しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    クレアチンを摂取するだけでも筋は肥大する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 26

    大腿骨の疲労骨折について、ランニングでは起こりにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 27

    大腿骨の疲労骨折について、大腿部に突然激しい痛みが生じて発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 28

    大腿骨の疲労骨折について、骨シンチグラフィーや MRI は診断に有用ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 29

    大腿骨の疲労骨折について、発症後早期からエックス線検査で診断が可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 30

    大腿骨の疲労骨折について、一般的に保存療法で治癒することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    上気道炎、かぜ症候群とインフルエンザについて、健常成人や競技者がかぜ症候群に罹患する頻度は 1 年間に平均 2 回程度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 32

    上気道炎、かぜ症候群とインフルエンザについて、上気道炎症状として、くしゃみ、鼻汁、咽頭痛がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    上気道炎、かぜ症候群とインフルエンザについて、B 型インフルエンザは、世界的規模で大流行する可能性が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 34

    上気道炎、かぜ症候群とインフルエンザについて、ノイラミニダーゼ阻害薬はインフルエンザの症状出現後 48 時間以内に治療を開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    上気道炎、かぜ症候群とインフルエンザについて、インフルエンザワクチン接種の有効率はほぼ100%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 36

    目について、白目の部分は眼瞼結膜と呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 37

    目について、バスケットボールなどの大きなボールが目に当たっても眼球破裂を起こすことはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 38

    目について、眼窩骨折では、視力は変わらず、上下視や側方視で物が二重に見える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    目について、コンタクトレンズの使用では充血やごろごろ感を起こすことがあるが、感染症を起こすことはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 40

    目について、角膜損傷自体では痛みはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 41

    骨とトレーニングについて、筋力と骨密度との間には高い相関がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    骨とトレーニングについて、垂直跳び、立ち幅跳びなど瞬発的な体力と骨密度との相関は低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 43

    骨とトレーニングについて、エアロビックダンス実施者の骨密度は非運動実施者より低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 44

    骨とトレーニングについて、中高年におけるウォーキングは骨量維持に有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    骨とトレーニングについて、骨密度の増加に欠かせないものは柔軟性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 46

    三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷について、手関節橈側部に疼痛がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 47

    三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷について、前腕の回内・外では痛みが出現しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 48

    三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷について、徒手検査では、他動的に手関節を尺屈させて疼痛を誘発させる方法が簡便である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷について、単純エックス線像で診断が可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 50

    三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷について、関節円板の損傷でも症状が出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    スポーツに関連した突然死について、若年者の原因は呼吸不全が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 52

    スポーツに関連した突然死について、中高年者の原因は冠動脈硬化性心疾患が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    スポーツに関連した突然死について、カテコールアミンの分泌不足が関係する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    スポーツに関連した突然死について、すべての例で原因基礎疾患が判明するとは限らない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 55

    スポーツに関連した突然死について、家族歴はあまり重要ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    足部の疲労骨折について、足部疲労骨折は初期段階ではエックス線検査で診断できないことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    足部の疲労骨折について、足関節内果疲労骨折はサッカー選手には生じない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 58

    足部の疲労骨折について、舟状骨疲労骨折の治療では免荷が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 59

    足部の疲労骨折について、Jone's 骨折は第 5 中足骨遠位部の骨折である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 60

    足部の疲労骨折について、外反母趾変形は母趾基節骨の疲労骨折と関連しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 61

    グリコーゲン補給のための食事について、筋肉中のグリコーゲンの枯渇は血糖の低下を意味する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 62

    グリコーゲン補給のための食事について、糖質を十分に摂取するための目安は、総摂取エネルギー量の 40%程度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 63

    グリコーゲン補給のための食事について、減少したグリコーゲンの回復には、1 日あたり体重 1kg あたり 5g 程度の糖質が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 64

    グリコーゲン補給のための食事について、運動後に速やかに摂取すべき糖質の量は、体重 1kg あたり 1~1.5g が適当である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    グリコーゲン補給のための食事について、グリコーゲン貯蔵量は、運動時の体たんぱく質の分解には影響しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 66

    足関節外側靭帯損傷について、踵腓靭帯の単独損傷がもっとも多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 67

    足関節外側靭帯損傷について、典型的な受傷肢位は足内がえしの強制である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 68

    足関節外側靭帯損傷について、軟骨損傷を合併することはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 69

    足関節外側靭帯損傷について、新鮮損傷においては外固定の必要性はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 70

    足関節外側靭帯損傷について、適切な治療を怠ることにより、変形性足関節症を続発させることもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    やる気を高める方法について、達成可能なやればできそうだと感じられる目標を設定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    やる気を高める方法について、プレーした結果の知識や情報を的確に与える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    やる気を高める方法について、失敗をできるだけ多く経験させ修正させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 74

    やる気を高める方法について、失敗の原因は、本人の努力不足にあることを認識させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    やる気を高める方法について、自分たちが積極的に関与して、自身が主体であることの認識をもたせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    MRI は疲労骨折の早期診断に有用な検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    血管撮影 は疲労骨折の早期診断に有用な検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 78

    サーモグラフィー は疲労骨折の早期診断に有用な検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 79

    CT は疲労骨折の早期診断に有用な検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 80

    骨シンチグラフィー は疲労骨折の早期診断に有用な検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    女性のスポーツ医学について、下垂体からエストロゲンが分泌されて排卵が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 82

    女性のスポーツ医学について、女性競技者に多いスポーツ障害として摂食障害がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 83

    女性のスポーツ医学について、女性競技者の骨粗鬆症はカルシウムの摂取不足が原因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 84

    女性のスポーツ医学について、体脂肪率の低下は月経異常の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 85

    女性のスポーツ医学について、月経周期の調節は容易であり、とくに副作用を心配する必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 86

    膝前十字靭帯(ACL)損傷について、スポーツ活動中に膝屈筋腱が急激に収縮して損傷することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 87

    膝前十字靭帯(ACL)損傷について、半月板前節部の損傷を合併することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 88

    膝前十字靭帯(ACL)損傷について、陳旧例では、膝崩れを繰り返してしまう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    膝前十字靭帯(ACL)損傷について、新鮮単独損傷の場合には、通常、可及的早期に再建術を行うべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 90

    膝前十字靭帯(ACL)損傷について、ACL 不全のままスポーツ活動を行うと、将来、関節症変化を生じる可能性が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 91

    跳躍動作のバイオメカニクスについて、重心の上昇高は、足が地面から離れた瞬間の速度に関係しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 92

    跳躍動作のバイオメカニクスについて、垂直跳びの地面反力は常に重力とつり合っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 93

    跳躍動作のバイオメカニクスについて、垂直跳びで重心が最下点にきたときに、重心は下向きの速度を持っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 94

    跳躍動作のバイオメカニクスについて、ドロップジャンプの台の高さは着地後の跳躍高に影響を与えない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 95

    跳躍動作のバイオメカニクスについて、ホッピングでは下肢の筋腱複合体の伸張と短縮は繰り返されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 96

    心臓振とうについて、胸部をボールなどで強打することによって起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 97

    心臓振とうについて、欧米では報告例があるが日本での発生例はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 98

    心臓振とうについて、発症後の救命のためには電気的除細動が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 99

    心臓振とうについて、除細動が 10 分遅れるごとに救命率は 7~10%減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 100

    心臓振とうについて、自動体外式除細動器(AED)は医療関係者しか使用できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 101

    歩行動作の仕事と効率について、重心は両脚支持期の中間で最も高く、片脚支持期の中間で最も低くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 102

    歩行動作の仕事と効率について、重心の水平速度は両脚支持期の中間で最も速く、片脚支持期の中間で最も遅くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 103

    歩行動作の仕事と効率について、重心の鉛直方向の位置エネルギーと前方への運動エネルギーは同じ位相変化となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 104

    歩行動作の仕事と効率について、振り子のエネルギー変化のように、運動が効率的に行われている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 105

    歩行動作の仕事と効率について、エネルギー資源変換効率が最高で、外的仕事が最小になる歩行速度は、約 6.6km/時(110m/ 分)付近である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 106

    頚椎椎間板ヘルニアについて、頚椎椎間板内の髄核が前方に突出し神経を圧迫して発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 107

    頚椎椎間板ヘルニアについて、第 3 頚椎・第 4 頚椎間に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 108

    頚椎椎間板ヘルニアについて、脊髄が障害されると下肢の神経症状が出現することもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 109

    頚椎椎間板ヘルニアについて、神経根障害は、通常では手術加療が必要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 110

    頚椎椎間板ヘルニアについて、第 5 頚椎・第 6 頚椎間のヘルニアの場合、母指にしびれがでやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 111

    アスリートの骨作りについて、カルシウムとリンの摂取比率として 1 対 5~10 が勧められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 112

    アスリートの骨作りについて、骨の約 70%を占める無機成分の主体は、リン酸カルシウムである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 113

    アスリートの骨作りについて、骨のリモデリングにより 1 年間で 4%程度の組織が入れ替わる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 114

    アスリートの骨作りについて、骨の成長には、甲状腺ホルモンは影響しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 115

    アスリートの骨作りについて、骨の成長には、骨への機械的刺激が影響する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 116

    成長期にみられる骨の特徴について、活発な骨形成が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 117

    成長期にみられる骨の特徴について、骨端線は、力学的負荷に強い部位である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 118

    成長期にみられる骨の特徴について、骨端線では、主に骨を太くする成長が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 119

    成長期にみられる骨の特徴について、骨の成長により、筋は相対的に短縮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 120

    成長期にみられる骨の特徴について、繰り返す負荷により、骨端線に生じた損傷を骨端症とよぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 121

    皮膚疾患について、角層が均一に肥厚しているのが「たこ」、真皮に突出したのが「うおのめ」である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 122

    皮膚疾患について、陥入爪の予防法には、爪の角を斜めに深く切らないことと足指のテーピングがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 123

    皮膚疾患について、単純ヘルペスは、主に口や鼻の周囲に小さな水疱が数個できて、ピリピリと痛む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 124

    皮膚疾患について、爪下血腫で血液を排出する際には、受傷直後(1〜2 日)は避ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 125

    皮膚疾患について、水虫、タムシ、ケルズス禿瘡はすべて白癬菌により起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 126

    肘関節周辺の神経について、回外筋前縁の腱性部分は、橈骨神経深枝(後骨間神経)の入り口部で、フローセ(Frohse)の腱弓と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 127

    肘関節周辺の神経について、肘関節周辺には、正中神経および尺骨神経の 2 本が走行している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 128

    肘関節周辺の神経について、スポーツによる肘部管症候群では、変形性肘関節症と尺骨神経脱臼が代表的原因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 129

    肘関節周辺の神経について、Tinel 徴候とは、神経障害部位をたたくと、末梢に疼痛が走る現象である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 130

    肘関節周辺の神経について、神経障害により筋萎縮が生じると、回復が困難であるため早期の対処が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 131

    気管支喘息の病態的特徴として慢性的気道炎症と気道過敏性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 132

    気管支喘息における喘鳴、呼吸困難の症状は夜半から明け方に強い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 133

    運動誘発性気管支攣縮は運動を開始して 30〜60 分ぐらいに症状が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 134

    気管支喘息、運動誘発性気管支攣縮について、β2 作用薬吸入後に 1 秒量が 2%以上改善すれば気道可逆性陽性と判定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 135

    気管支喘息、運動誘発性気管支攣縮について、代表的な治療薬に吸入β2 作用薬と吸入ステロイド薬がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 136

    脊椎・脊髄損傷について、高所転落により骨盤から衝撃力が加わると、胸腰移行部に損傷が好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 137

    脊椎・脊髄損傷について、腰椎の圧迫骨折により脊髄損傷が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 138

    脊椎・脊髄損傷について、脊髄損傷の原因となるスポーツ活動で、頻度が最も高いのはラグビーである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 139

    脊椎・脊髄損傷について、再生医療で頚髄損傷は治癒できるようになった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 140

    脊椎・脊髄損傷について、頚部脊柱管狭窄を有する選手は頚髄損傷の危険性が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 141

    有酸素運動中の換気能力について、安静時に比べて最大運動時では、肺換気量の増加は心拍出量の増加より小さい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 142

    有酸素運動中の換気能力について、鍛錬者の高い最大毎分換気量は、換気予備能力をより多く動員した結果である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 143

    有酸素運動中の換気能力について、安静時に比べて最大運動時では、毎分換気量は 10 倍に達する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 144

    有酸素運動中の換気能力について、安静時に比べて最大運動時では、心拍出量は 20 倍に達する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 145

    有酸素運動中の換気能力について、最大運動時には換気能力に予備力は残っていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 146

    脛骨疲労骨折について、10 歳代後半で特に多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 147

    脛骨疲労骨折について、長距離選手にみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 148

    脛骨疲労骨折について、初期単純エックス線像にて明らかな陽性所見を呈する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 149

    脛骨疲労骨折について、疾走型疲労骨折は脛骨近位に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 150

    脛骨疲労骨折について、跳躍型疲労骨折は脛骨中央にみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 151

    ビタミンについて、ビタミン B1 は、炭水化物の摂取量に合わせて摂取する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 152

    ビタミンについて、ビタミン B2 の欠乏症は、脚気である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 153

    ビタミンについて、ナイアシンは、体内においてトリプトファンからも合成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 154

    ビタミンについて、ビタミン B6 の欠乏症は、悪性貧血である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 155

    ビタミンについて、葉酸は、アミノ酸の代謝と DNA 合成に関与するビタミンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 156

    肩について、第 2 肩関節は解剖学的な関節構造を持つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 157

    肩について、肩甲胸郭関節は解剖学的な関節構造を持つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 158

    肩について、胸鎖関節は体幹と上肢帯をつなぐ唯一の関節である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 159

    肩について、肩鎖関節の遠位関節面には半月板が介在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 160

    肩について、上腕二頭筋長頭腱は結節間溝から肩甲上腕関節内に入り鳥口突起に停止する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 161

    ホルモンと運動時の代謝調節について、カテコールアミンは血中遊離脂肪酸濃度を低下させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 162

    ホルモンと運動時の代謝調節について、運動強度が高いほど副腎髄質からのカテコールアミンの分泌量が増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 163

    ホルモンと運動時の代謝調節について、糖質コルチコイドは肝臓におけるグリコーゲン合成を低下させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 164

    ホルモンと運動時の代謝調節について、脾臓ホルモンであるインスリンとグルカゴンは同じ作用を持つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 165

    ホルモンと運動時の代謝調節について、成長ホルモンは脂肪細胞におけるトリグリセリドの分解を促進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 166

    全身関節弛緩性テスト(東大式)について、8 項目ある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 167

    全身関節弛緩性テスト(東大式)について、膝蓋骨の外方動揺性をみる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 168

    全身関節弛緩性テスト(東大式)について、体後屈をみる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 169

    全身関節弛緩性テスト(東大式)について、膝関節過伸展をみる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 170

    全身関節弛緩性テスト(東大式)について、足関節底屈をみる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 171

    内科的メディカルチェックについて、心エコー図検査は、血圧異常がある場合は必須である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 172

    内科的メディカルチェックについて、潜水反射試験は水泳やダイビングの実施者での重要性が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 173

    内科的メディカルチェックについて、競技者のメディカルチェックでは問診はあまり重要ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 174

    内科的メディカルチェックについて、陸上競技長距離選手では長時間心電図記録検査が必須項目である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 175

    内科的メディカルチェックについて、競技者のメディカルチェックでも安静時心電図検査は重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 176

    バーナー症候群について、下肢に電撃痛や灼熱感が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 177

    バーナー症候群について、損傷部位は脳と脊髄である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 178

    バーナー症候群について、burning pain が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 179

    バーナー症候群について、脊柱管狭窄が原因となる場合がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 180

    バーナー症候群について、症状は永続的であることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 181

    関節におけるモーメントアームの長さ は筋力に影響する因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 182

    生理学的筋断面積 は筋力に影響する因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 183

    筋収縮に参加する運動単位の数 は筋力に影響する因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 184

    運動単位へのインパルスの発射頻度 は筋力に影響する因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 185

    腱の太さ は筋力に影響する因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 186

    肘関節の解剖・運動について、上腕骨内側上顆は屈曲回内筋群の起始部である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 187

    肘関節の解剖・運動について、内側側副靭帯の前斜走線維は内反ストレスに対する最も強固な支持機構である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 188

    肘関節の解剖・運動について、競技種目により肘関節に必要な可動域は異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 189

    肘関節の解剖・運動について、上腕に対し前腕はやや外反している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 190

    肘関節の解剖・運動について、輪状靭帯は橈尺関節を連結する靭帯である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 191

    貧血について、男女比は 2:1 で男性に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 192

    貧血について、症状は浮腫に始まり、動悸、息切れが続き、進行するとめまい、立ちくらみを起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 193

    貧血について、スポーツ貧血のほとんどは鉄欠乏性貧血である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 194

    貧血について、ヘモグロビン正常値は男子 12〜16 g/dl、女子 14〜18 g/dl である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 195

    貧血について、ビタミン C は鉄吸収促進作用をもつので、鉄剤と併用することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 196

    試合当日の食事について、試合開始時刻に合わせて計画する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 197

    試合当日の食事について、朝・昼・夕の 3 食を必ずとる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 198

    試合当日の食事について、試合開始時刻の 3 時間前までに終わらせるとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 199

    試合当日の食事について、食物繊維を大量に食べるとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 200

    試合当日の食事について、高糖質食にし、消化の良い食べ物にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 201

    ショック・出血について、人間の血液量は体重の 4%、即ち体重 50kg の場合約 2l である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 202

    ショック・出血について、外傷後のショックのうち出血性ショックは 50%以下である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 203

    ショック・出血について、頚動脈で脈拍を触知できない場合、血圧は 60mmHg 以下である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 204

    ショック・出血について、出血性ショックを来たす内出血の部位は、頭蓋、胸腔、腹腔、後腹膜の 4 ヶ所である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 205

    ショック・出血について、出血量の類推に脈拍数は参考にならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 206

    アスリートのコンディショニングに関わる栄養について、水溶性ビタミンは、多量の発汗により多く失われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 207

    アスリートのコンディショニングに関わる栄養について、ビタミン B1 は、肉類に多く含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 208

    アスリートのコンディショニングに関わる栄養について、ビタミン C は、運動を含む各種ストレスにおいて必要量は一定である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 209

    アスリートのコンディショニングに関わる栄養について、食事由来の抗酸化物は、主に動物性の食品に多く含まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 210

    アスリートのコンディショニングに関わる栄養について、水溶性ビタミンは過剰に摂取した分は尿中に排泄されるため、毎食摂取が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 211

    膝後十字靭帯(PCL)損傷について、PCL は大腿骨顆間窩内側前方より脛骨プラトー後方に付着する靭帯である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 212

    膝後十字靭帯(PCL)損傷について、コンタクトスポーツで生じることは少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 213

    膝後十字靭帯(PCL)損傷について、単独損傷例では、再建術の適応となることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 214

    膝後十字靭帯(PCL)損傷について、膝 90°屈曲位での後方不安定性テストが診断に有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 215

    膝後十字靭帯(PCL)損傷について、再建術の移植腱として、膝屈筋腱を使用することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 216

    ドーピング防止について、1988 年ソウル以降の夏季オリンピックではドーピング違反件数の減少が続いている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 217

    ドーピング防止について、ドーピングによる副作用は自己責任の問題なので、ドーピングを禁止する理由にはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 218

    ドーピング防止について、国際的なドーピング防止活動は国際オリンピック委員会が統括している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 219

    ドーピング防止について、禁止物質や禁止方法を保有することはドーピングである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 220

    ドーピング防止について、WADA 規程(世界ドーピング防止規程)にはドーピングとして 8 項目が定義されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 221

    運動と力学について、すべての物体は、それに外力が作用しない限り、元の状態を続ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 222

    運動と力学について、運動の変化を起こす力は、質量と速度の積によって決定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 223

    運動と力学について、すべての作用には、常に同じ大きさの反作用が逆方向に生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 224

    運動と力学について、力はベクトル量ではなく、スカラー量である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 225

    運動と力学について、運動量の変化と力積は必ずしも一致しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 226

    歯が完全に抜け落ちて地面に落ちてしまった場合の対処について、直ちに拾う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 227

    歯が完全に抜け落ちて地面に落ちてしまった場合の対処について、歯の根元を持たない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 228

    歯が完全に抜け落ちて地面に落ちてしまった場合の対処について、流水で泥を洗い流す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 229

    歯が完全に抜け落ちて地面に落ちてしまった場合の対処について、乾燥を避ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 230

    歯が完全に抜け落ちて地面に落ちてしまった場合の対処について、元の位置に戻して固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 231

    ドーピングコントロールについて、漢方薬は自然の生薬なので、禁止物質を含んでいる心配がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 232

    ドーピングコントロールについて、禁止物質の中には、競技能力を強化する作用のない物質もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 233

    ドーピングコントロールについて、禁止物質がサプリメントに含まれていることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 234

    ドーピングコントロールについて、特定競技で禁止される物質もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 235

    ドーピングコントロールについて、治療目的使用の除外措置(TUE)は医師の診断書のみでも承認される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 236

    足部の骨について、楔状骨は 4 つある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 237

    足部の骨について、距骨にはアキレス腱が付着する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 238

    足部の骨について、載距突起は踵骨の一部である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 239

    足部の骨について、舟状骨はリスフラン関節を形成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 240

    足部の骨について、立方骨は距骨との関節を形成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 241

    アスリートにみられる病的現象について、若年から青年競技者における突然死の原因として多いのは、拡張型心筋症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 242

    アスリートにみられる病的現象について、マルファン症候群は、結合組織の代謝異常があり、高身長かつ四肢長が長いことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 243

    アスリートにみられる病的現象について、ST 延長症候群は不整脈を誘発し失神や突然死の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 244

    アスリートにみられる病的現象について、オーバートレーニング症候群の症状は急速回復が可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 245

    アスリートにみられる病的現象について、オーバートレーニング症候群の初期には原因不明の競技成績の低下を訴えやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 246

    分裂膝蓋骨、膝蓋軟骨障害で痛みを訴える部位は、それぞれ①、②である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 247

    大腿四頭筋炎、外側半月損傷で痛みを訴える部位は、それぞれ③、④である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 248

    膝蓋腱炎、鵞足炎で痛みを訴える部位は、それぞれ⑤、⑥である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 249

    膝蓋下脂肪体炎、オスグット病で痛みを訴える部位は、それぞれ⑦、⑧である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 250

    棚障害、腸脛靭帯炎で痛みを訴える部位は、それぞれ⑨、10である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

56611

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ