zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H26 基礎(1~40)

カード 200枚 作成者: AT KnowHow Master (作成日: 2014/12/30)

  • 姿勢とアライメントについて、胸椎は後弯している。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

2015年1月から開講する AT養成校 卒業生向け、AT試験対策グループ『AT KnowHow』 養成校卒業後、AT資格取得を目指す卒業生をサポートするグループ。 グループから受験生へプレゼント!

最新の過去問 基礎編(1〜40)

その他の問題を希望する受験生は、 facebookグループへの参加をお待ちしています。 https://www.facebook.com/groups/knowhow.at/

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    姿勢とアライメントについて、胸椎は後弯している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    姿勢とアライメントについて、肘は内反している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 3

    O 脚の程度は左右の足関節内果間距離で示される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 4

    下腿の縦軸と距骨の縦軸がなす角度を Leg-Heel alignment という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 5

    姿勢とアライメントについて、足部横アーチの保持には windlass mechanism が作用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    持久的能力を制限する因子について、酸素の取り込みと血中への輸送

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    持久的能力を制限する因子について、血中のエネルギー源濃度のコントロール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 8

    持久的能力を制限する因子について、ATP 分解の速度

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    持久的能力を制限する因子について、筋への血液の流入量と血流速度

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    持久的能力を制限する因子について、体内に貯蔵されたエネルギーの動員

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    手関節の疼痛部位と考えられる疾患の組み合わせについて、尺側部痛 - 三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    手関節の疼痛部位と考えられる疾患の組み合わせについて、中央部痛 - キーンベック病

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    手関節の疼痛部位と考えられる疾患の組み合わせについて、橈側部痛 - ドゥケルバン病

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    手関節の疼痛部位と考えられる疾患の組み合わせについて、尺側部痛 - ガングリオン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 15

    手関節の疼痛部位と考えられる疾患の組み合わせについて、中央部痛 - 遠位橈尺関節不安定症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 16

    泳動作のメカニズムについて、浮力の大きさは、水に浸っているからだの部分(浸透部分)と同じ容積の水の重さに等しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    泳動作のメカニズムについて、重力と浮力の作用線が一致しないと、回転運動が起きる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    泳動作のメカニズムについて、水の抵抗は、投射断面積および速度の二乗に比例して減少を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 19

    泳動作のメカニズムについて、水中移動では、迎え角が大きいほど水による揚力は大きくなり、抵抗は小さくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 20

    泳動作のメカニズムについて、推進力は、手部の前方への動きの速度が大きいほど大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 21

    成長期のスポーツ医学について、運動誘発性気管支喘息を起こしやすいスポーツとしては水泳が代表である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 22

    成長期のスポーツ医学について、骨化する前は骨や関節のスポーツ障害は発生しにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    成長期のスポーツ医学について、心疾患を持った学齢期の子どもの運動指導には「学校生活管理指導表」が用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    成長期のスポーツ医学について、小学校低学年のスポーツ指導では持久的体力づくりが重視される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 25

    成長期のスポーツ医学について、食物依存性運動誘発性アナフィラキシー発作は重症であるが再発することはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 26

    上腕骨外側・内側上顆炎について、成人では野球肘とも呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 27

    上腕骨外側・内側上顆炎について、外側上顆炎の診断に、Thomsen test や中指伸展テストが有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    上腕骨外側・内側上顆炎について、エックス線像や MRI の診断的価値はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 29

    上腕骨外側・内側上顆炎について、外側上顆炎に対して、手関節伸筋群のストレッチングは有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    上腕骨外側・内側上顆炎について、治療は手術を要する場合が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 31

    あがりについて、試合等で緊張や不安が強い場合に経験される競技遂行の困難性や成績の低下、競技場面への不適応等をともなったさまざまな心理的・生理的現象は「あがり」と呼ばれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    あがりには、自律神経系、特に交感神経系の緊張の因子、心的緊張力低下の因子、運動 技能の混乱の因子、不安感情の因子、劣等感情の因子がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    あがりの防止や対応には、不安や緊張を適切にコントロールすることが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 34

    あがりについて、身体的不安の低減や認知的不安の低減には、リラクセーションが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    あがりについて、スポーツ心理学では、ルーティーン、開き直り、無心、肯定的思考の停止、ポジティブシンキング、キューワードの使用が効果的だと言われている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 36

    ペルテス病 は股関節疾患である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    オスグッド(Osgood-Schlatter)病 は股関節疾患である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 38

    セーバー病 は股関節疾患である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 39

    ブロント病 は股関節疾患である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 40

    ドゥケルバン病 は股関節疾患である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 41

    筋活動のエネルギー供給について、筋収縮の直接的なエネルギー源は ATP である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    筋活動のエネルギー供給について、エネルギー供給速度は非乳酸性機構が速い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    筋活動のエネルギー供給について、乳酸性機構の代謝産物として生成された乳酸の一部は、有酸素的過程で利用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    筋活動のエネルギー供給について、有酸素性機構のエネルギー供給速度は乳酸性機構よりも遅い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    筋活動のエネルギー供給について、持続時間の長い持久的な運動ほど、筋の発揮パワーが大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 46

    摂食障害について、一般に神経性大食症のほうが神経性無食欲症より頻度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    摂食障害は単に痩せすぎということが問題となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 48

    摂食障害について、体重や体型が直接的に競技成績に影響を及ぼす種目では発症しにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 49

    真面目、よい子、従順などの特徴をもつ競技者は摂食障害を起こしにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 50

    摂食障害について、競技力に関連する問題なので、競技者とコーチで解決するのがよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 51

    エネルギー消費量について、1日の総エネルギー消費量は、基礎代謝量、食事誘発性熱産生である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 52

    エネルギー消費量について、アスリートは身体活動によるエネルギー消費量が運動習慣のない人より高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    エネルギー消費量について、アスリートにとってエネルギー消費量の推定は必要ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    エネルギー消費量について、アスリートのエネルギー消費量は実測しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 55

    エネルギー消費量について、身体活動レベル(Physical activity level:PAL)はアスリートを対象とした値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    筋収縮における神経系の働きについて、錘体外路系の源は大脳皮質の第4野である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    筋収縮における神経系の働きについて、腱紡錘からのインパルスによって筋はより強く収縮するようになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 58

    運動ニューロンの発火閾値は細胞体のサイズによって左右される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 59

    筋収縮における神経系の働きについて、遅筋(ST)線維と速筋(FT)線維から1つの運動単位が構成されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 60

    筋収縮における神経系の働きについて、筋収縮に参加する運動単位の数によって力は変化する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 61

    投球障害肩について、関節唇損傷が最初の疼痛の原因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 62

    投球障害肩について、肩甲帯や胸郭、股関節に機能的な問題があることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 63

    投球障害肩について、治療は理学療法が第一選択となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    投球障害肩について、進行すると関節唇損傷や腱板関節面断裂などの解剖学的破綻が起こってくる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    投球障害肩について、画像上で関節唇損傷や腱板関節面断裂があっても保存療法が奏功することも多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 66

    摂食障害の簡易なチェックリストとして EAT-26 がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 67

    栄養について、日本骨代謝学会の原発性骨粗鬆症の診断基準では、骨密度の基準として若年成人平均値に対して 60%未満で骨粗鬆症としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 68

    摂食障害は無月経や稀発月経を引き起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    栄養について、栄養素は多くとるほど効果が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 70

    栄養について、マグネシウムは、過剰摂取により下痢を引き起こすことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    ハムストリングスは、内側の半腱様筋と半膜様筋、外側の大腿二頭筋からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    ハムストリングス近位部は坐骨結節に付着している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    縫工筋の起始は下前腸骨棘である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 74

    股関節、大腿部の解剖について、恥骨部には、恥骨筋、長内転筋、薄筋などが付着している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    股関節後方の深層には股関節外旋筋群が存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    ローパワートレーニングにおけるトレーニング中止(ディ・トレーニング)の影響について、ミトコンドリアの酵素活性は変わらない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 77

    ローパワートレーニングにおけるトレーニング中止(ディ・トレーニング)の影響について、筋は肥大する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 78

    ローパワートレーニングにおけるトレーニング中止(ディ・トレーニング)の影響について、発揮筋力は低下しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 79

    ローパワートレーニングにおけるトレーニング中止(ディ・トレーニング)の影響について、最大酸素摂取量は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 80

    ローパワートレーニングにおけるトレーニング中止(ディ・トレーニング)の影響について、施行前のトレーニング効果は持続する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 81

    腰椎椎間板ヘルニアについて、好発年齢は、30〜40 歳である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 82

    腰椎椎間板ヘルニアについて、椎間板内圧は、立位より座位で高くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 83

    腰椎椎間板ヘルニアについて、下肢伸展拳上(SLR)テストは、被験者は腹臥位で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 84

    腰椎椎間板ヘルニアについて、第 4 腰椎と第 5 腰椎間の椎間板ヘルニアでは、アキレス腱反射の検査が有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 85

    腰椎椎間板ヘルニアについて、第 5 腰椎と第 1 仙椎間の椎間板ヘルニアでは、通常は第 5 腰髄(L5)神経根が障害される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 86

    紡錘状筋と羽状筋について、紡錘状筋では筋束がある一定の角度をもって斜めに配列している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 87

    羽状筋は紡錘状筋よりも筋長を長くすることができる構造である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 88

    紡錘状筋と羽状筋について、両者の形態は全く異なっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 89

    紡錘状筋と羽状筋について、筋長の短い方が、短縮速度が速い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 90

    紡錘状筋と羽状筋について、羽状角は筋の力発揮特性に影響を及ぼす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 91

    運動による心臓血管系への影響について、圧負荷がかかると求心性左室肥大を起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 92

    運動による心臓血管系への影響について、容量負荷では後負荷がかかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 93

    運動による心臓血管系への影響について、長期間持久性トレーニングを行うと遠心性左室肥大が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 94

    運動による心臓血管系への影響について、生理的左室肥大では心機能の低下を認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 95

    運動による心臓血管系への影響について、生理的左室肥大は不可逆性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 96

    前距腓靭帯は距骨下関節の安定靭帯である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 97

    踵腓靭帯は三角靭帯の一部である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 98

    骨間距踵靭帯はショパール関節の靭帯である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 99

    三角靭帯には浅層と深層の線維がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 100

    リスフラン靭帯は第 1(内側)楔状骨と第 2 中足骨間の靭帯である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 101

    筋収縮について、単一筋線維では、最大短縮速度はミオシンがクレアチンリン酸を分解する速さで決まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 102

    筋収縮について、「長さ−張力関係」において、張力は太いフィラメントと細いフィラメントのオーバーラップの量に比例する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 103

    筋収縮のスイッチをオン・オフするメッセンジャーは Ca2+である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 104

    筋収縮について、トロポミオシンはカルシウムイオン結合タンパクである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 105

    筋収縮では細いフィラメント上のクロスブリッジが太いフィラメントと結合・解離を繰り返す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 106

    手について、虫様筋は、第 2~5 指の指節間関節を屈曲させずに中手指節関節を屈曲させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 107

    手について、骨間筋の支配神経は正中神経である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 108

    手について、尺骨動脈は尺側手根屈筋の尺側に位置している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 109

    手について、橈骨神経の知覚性損傷では、下垂手が生じることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 110

    手について、尺骨神経は手の掌側でギオン管を通過する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 111

    低温によるトラブルについて、腋窩温が 35°C未満を低体温症という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 112

    低温によるトラブルについて、重症の低体温症では不整脈が出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 113

    低温によるトラブルについて、軟部組織は温度が低いほど伸長性が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 114

    低温によるトラブルについて、凍瘡は寒冷で皮膚が凍結したことによって発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 115

    低温によるトラブルについて、低温環境では発汗が減少するため水分摂取を制限する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 116

    貧血と鉄について、血液中のヘモグロビンの量は、男性で14g/dl 未満、女性で12 g/dl 未満が貧血の目安となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 117

    貧血と鉄について、鉄欠乏時には、骨格筋の酸化的エネルギー産生能力が著しく促進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 118

    貧血と鉄について、鉄の排泄量は、一般的には成人男性で10 mg/日程度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 119

    貧血と鉄について、鉄は、吸収が良いミネラルである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 120

    貧血と鉄について、非ヘム鉄は、ビタミン C の存在下で吸収率が低くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 121

    腰椎分離症の好発年齢は 13〜17 歳で、男子に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 122

    腰椎分離症のエックス線の画像所見で特徴的な「テリアの首輪」は、正面像でみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 123

    腰椎分離症の臨床症状として体幹の運動時痛があり、後屈より前屈で痛みを訴えることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 124

    筋・筋膜性腰痛症は、特異的な所見や器質的な病変を認めない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 125

    初診時、筋・筋膜性腰痛症と診断されても、治療の経過中には他の疾患が存在する可能性も考えておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 126

    無酸素性作業閾値(AT)について、運動強度の増加にともないエネルギー供給系が有酸素系から無酸素系へ移行するポイントにあたる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 127

    無酸素性作業閾値(AT)について、血中乳酸蓄積開始点(OBLA)は血中乳酸濃度が2mmol/L に達した点である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 128

    無酸素性作業閾値(AT)について、血中乳酸蓄積開始点(OBLA)は乳酸閾値(LT)より低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 129

    無酸素性作業閾値(AT)について、換気閾値(VT)と乳酸閾値(LT)はほぼ一致する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 130

    無酸素性作業閾値(AT)について、換気閾値(VT)は、一般人では最大酸素摂取量の約 80%に相当する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 131

    椎間板が垂直方向の力を受ける時、4 分の3 を髄核が、残り 4 分の1 を線維輪が受け持っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 132

    椎間関節は、上位椎体の上関節突起と下位椎体の下関節突起で構成されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 133

    腰椎の安定化に関与する靭帯には、前縦靭帯、後縦靭帯、棘間靭帯、棘下靭帯などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 134

    腰部の解剖について、第 12 胸椎から第 1 仙椎までを合わせた前後屈関節可動域のうち、第 4 腰椎・第 5 腰椎間と第 5 腰椎・第 1 仙椎の 2 椎間で約 40%を占める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 135

    腰部の解剖について、大腰筋は股関節の屈筋であるが、下肢が固定された場合は腰椎を屈曲する作用もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 136

    栄養教育について、栄養アセスメントは、栄養教育を実施する前に行う必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 137

    栄養教育について、終了後に栄養教育の内容について評価をし、今後に向けての問題点を明らかにしておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 138

    栄養教育について、目的に応じて集団やグループを対象としても行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 139

    栄養教育について、教育内容は、選手に加えて家族や調理担当者などと相談して決めることが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 140

    栄養教育について、栄養アセスメントの一部としては、食事調査を行うことはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 141

    肩腱板筋について、肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋の4つよりなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 142

    肩腱板筋について、上腕二頭筋長頭腱は棘上筋と棘下筋の間を通過して肩甲上腕関節内に入る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 143

    肩腱板筋について、肩甲上神経は棘下筋と小円筋を支配する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 144

    肩腱板筋について、腋窩神経は小円筋に枝を出したあと三角筋を支配する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 145

    肩腱板筋について、小円筋は上腕骨大結節に停止する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 146

    ファルトレクトレーニングの特徴について、リラクセーションが短期に会得できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 147

    ファルトレクトレーニングの特徴について、長く、速いストライドを習得することが可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 148

    ファルトレクトレーニングの特徴について、スピードと持久力のバランスのとれた発達が望める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 149

    ファルトレクトレーニングの特徴について、トレーニング中に退屈、飽和感を起こさない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 150

    ファルトレクトレーニングの特徴について、オーバーワークに陥り易い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 151

    手・指の外傷について、キーンベック病は、スポーツが誘因となる例が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 152

    手・指の外傷について、有鉤骨骨折は、保存療法で容易に骨癒合が得られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 153

    手・指の外傷について、深指屈筋腱裂離損傷は、環指に多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 154

    手・指の外傷について、ギオン管症候群は、尺骨神経の急性・慢性圧迫により発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 155

    手・指の外傷について、手根管症候群は、手関節の橈屈・尺屈を繰り返す競技に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 156

    イメージについて、残像、直観像、記憶心像、想像心像がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 157

    イメージについて、競技スポーツにおける活用範囲として、新しい技術や動作のパターンの習得、フォームの矯正や改善、競技遂行に先立つリハーサル、心理面の改善や対策がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 158

    イメージについて、イメージ技法を用いることで、自信ややる気を喚起し、望ましいセルフイメージが確立できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 159

    イメージについて、イメージの活用で、あがりやプレッシャーの克服、競技場面での心理面の改善だけでなく、思考習慣や生活習慣の改善も期待できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 160

    イメージについて、イメージトレーニングの準備段階として、リラクセーションだけでなくネガティブシンキングが重要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 161

    鼻骨骨折について、顔面神経麻痺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 162

    鼻骨骨折について、鼻根部の変形

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 163

    鼻骨骨折について、鼻出血

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 164

    鼻骨骨折について、複視

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 165

    鼻骨骨折について、開口障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 166

    血液感染症について、肝炎ウイルスのうち、A 型、B 型、C 型が血液、体液を通して感染が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 167

    血液感染症について、B 型肝炎ウイルスの感染力は C 型肝炎ウイルスの 1/10 以下である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 168

    血液感染症について、過去の C 型肝炎ウイルス感染を調べるには HCV 抗原をみるとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 169

    血液感染症について、エイズを発症させる HIV ウイルスは感染力が強く、汗の接触でも感染が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 170

    血液感染症について、アスレティックトレーナーは血液に触れることが考えられるため、事前のワクチン接種が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 171

    顔面外傷について、顔面骨は脳を衝撃から守るバンパーのような役割を持つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 172

    顔面外傷について、骨折、神経損傷、皮下組織損傷について確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 173

    顔面外傷について、骨折後は開口障害や中複視などが生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 174

    顔面外傷について、全身状態が変化することはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 175

    顔面外傷について、エックス線正面像のみでは骨折の有無はわからない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 176

    試合前の食事について、グリコーゲンローディングは、試合前の食事法のひとつである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 177

    試合前の食事について、グリコーゲンローディングをする場合、体重管理がさらに重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 178

    試合前の食事について、高糖質食を実行するため、脂質やたんぱく質の摂取を減らすようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 179

    試合前の食事について、下痢の場合、脱水症状を避けるために水分、グルコース、電解質が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 180

    試合前の食事について、試合前に便秘がちな場合は、水分と食物繊維を取るように心掛ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 181

    運動誘発性気管支攣縮について、代表的な発作時の症状は咳、呼吸困難、喘鳴、胸部圧迫感である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 182

    運動誘発性気管支攣縮について、発作時には吸入ステロイド薬が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 183

    運動誘発性気管支攣縮について、強度の低いウォームアップで発作を起きにくくすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 184

    運動誘発性気管支攣縮について、症状は、運動を開始して 3~8 分位で最も強くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 185

    運動誘発性気管支攣縮について、過換気症候群と間違えられることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 186

    膝関節の骨格について、膝蓋骨は種子骨である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 187

    膝関節の骨格について、大腿骨には内側顆と外側顆があり、大きさや形状が同様である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 188

    膝関節の骨格について、矢状面において脛骨関節面は脛骨長軸に対して後傾している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 189

    膝関節の骨格について、腓骨には膝関節に関与する靭帯は付着していない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 190

    膝関節の骨格について、大腿骨長軸と脛骨長軸のなす角度(FTA)は成人で180°である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 191

    栄養教育・指導の実際について、食事調査は、介入前に 1 度だけ行えばよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 192

    栄養教育・指導の実際について、教育の媒体は、個人向けと多人数向けにより選択する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 193

    栄養教育・指導の実際について、個別指導での目標や意志確認は、定期的に行う必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 194

    栄養教育・指導の実際について、献立作成や調理担当者に対しても、栄養教育、食事指導が行われるとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 195

    栄養教育・指導の実際について、実際の食事を教育媒体にした実習は、コストがかかるため実施すべきでない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 196

    情動について、緊張や不安はストレス反応として生起するが、ストレス反応を呈するまでには、環境の問題と個人の問題が大きく関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 197

    情動について、不安は、イライラ感、心配、懸念等によって特徴づけられ、身体の活性化もしくは覚醒と関連した正の情緒的状態として考えられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 198

    情動について、高い緊張、高い興奮、注意の集中といった、自分にとって最適の緊張レベルがある時、普段の実力が最も発揮できると考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 199

    情動について、緊張が強すぎる時には、サイキングアップが必要であり、緊張が弱い時には、リラクセーションが求められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 200

    情動について、選手は、刺激(ストレス)を受けることにより、生体の反応として、不安や恐れ、喜び、悲しみ等のさまざまな情動を経験することになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

57025

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ