zuknow learn together

新しい教材を作成

◯◯症候群04

カード 32枚 作成者: k_ono (作成日: 2014/12/23)

  • (   )症候群とは、左→右シャント性の疾患(VSD,ASD,PDAなど)から続発性に肺高血圧をきたし、右→左シャントを生じることをいい、息切れ,チアノーゼ,バチ指などを呈する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

◯◯症候群,◯◯病など 

循環器ver. 

<参考文献>
病気がみえるvol.2 

医学/医療/CBT

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    (   )症候群とは、左→右シャント性の疾患(VSD,ASD,PDAなど)から続発性に肺高血圧をきたし、右→左シャントを生じることをいい、息切れ,チアノーゼ,バチ指などを呈する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Eisenmenger(アイゼンメンジャー)

    解説

  • 2

    (   )症候群とは、大動脈瘤や大動脈解離などの大血管疾患の手術後の合併症の1つで、脊髄の前2/3を灌流している前脊髄動脈が虚血したときに生じ、対麻痺,解離性知覚障害,膀胱直腸障害などがみられ、特に胸部大動脈部の術後、大前根動脈(Adamkiewiez動脈)の虚血が生じたときに起きやすい。

    補足(例文と訳など)

    • Adamkiewiez:アダムキーヴィッツ

    答え

    • 前脊髄動脈

    解説

  • 3

    (   )症候群(発作)とは、頻脈,徐脈を問わず、不整脈が原因で起こる脳虚血発作をいい、前駆症状として動悸,胸痛などを自覚する場合もあり、徐脈の場合、3秒以上の心停止でめまい,5秒以上で失神をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Adams-Stokes(アダムス・ストークス)

    解説

  • 4

    (   )症候群とは、結合組織の異常をきたす疾患で、皮膚の過弾力性,関節の過伸展性,血管脆弱性による出血傾向,大動脈解離,僧帽弁逸脱などが生じる常染色体優性遺伝性疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ehlers-Danlos(エーラス・ダンロス)

    解説

  • 5

    (   )症候群とは、旅行者血栓症のことで、飛行機に限らず、自動車,列車などで長時間同じ姿勢(座位)を続けたときに、下肢に静脈血栓を生じて、歩行開始に伴い肺血栓塞栓症(PTE)を発症することをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エコノミークラス(ロングフライト)

    解説

  • 6

    (   )奇形とは、三尖弁の異形成による閉鎖不全によって逆流が生じ、また、多くは卵円孔開存や心房中隔欠損の合併により右→左シャントが生じることで、右房負荷増大,右心拍出量低下(肺血流量低下)となり、新生児期にチアノーゼと心不全をきたす重症例から成人期まで無症状の例まで様々である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ebstein(エプスタイン)

    解説

  • 7

    (   )症候群とは、頭痛,意識障害,けいれんなどの神経症状を呈し、CT・MRIにて後頭葉皮質下白質に浮腫を認めるが、治療により臨床・画像所見が可逆的に正常化する疾患をいい、高血圧性脳症などで生じうる。

    補足(例文と訳など)

    • RPLS:reversible posterior leukoencephalopathy syndrome

    答え

    • 可逆性後白質脳症

    解説

  • 8

    (   )症候群とは、主に悪性腫瘍を原因とした下大静脈の狭窄,閉塞により、下半身の静脈血還流障害とそれに伴う臨床症状を呈する病態をいい、腹壁静脈の怒張(caput medusae),腹水,下腿浮腫・下肢静脈瘤,門脈圧亢進症状(食道静脈瘤,脾腫,貧血)などを生じる。

    補足(例文と訳など)

    • 肝部下大静脈閉塞例で肝腫大,腹水,門脈圧亢進症→Budd-Chiari症候群

    答え

    • 下大静脈

    解説

  • 9

    (   )症候群とは、肺・縦隔の悪性腫瘍,大動脈瘤などによる圧迫や血栓による閉塞のために静脈還流が障害され、頭頸部や上肢にうっ滞による眼瞼浮腫,眼球突出,頸静脈の怒張,上半身の静脈怒張を呈することをいい、症状の割に緊急性は低く、致命的になることは少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上大静脈

    解説

  • 10

    (   )症候群とは、動脈硬化により形成された不安定プラークが破綻し、そこに血栓ができることによって冠動脈内腔が急速に狭窄,閉塞した病態をいい、不安定狭心症(狭窄),急性心筋梗塞(閉塞)が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 急性冠

    解説

  • 11

    (   )症候群とは、解剖学的に狭い間隙である胸郭出口部を通過する神経や脈管(腕神経叢,鎖骨下動静脈など)の圧迫によって、上肢のしびれや疼痛を呈するものをいう。

    補足(例文と訳など)

    • thoracic outlet syndrome

    答え

    • 胸郭出口

    解説

  • 12

    (   )症候群とは、胸郭出口症候群のⅠ型で、腋窩静脈〜鎖骨下静脈への圧迫によって血管閉塞をきたしたものをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Paget-Schroetter(ページェット・シュレッター)

    解説

  • 13

    (   )病とは、前胸壁の表在性血栓性静脈炎のことで、固い針金様の索状物として触れることができ、特発性も多い、比較的まれな疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Mondor(モンドール)

    解説

  • 14

    (   )症候群とは、副腎過形成,副腎腫瘍,下垂体腺腫などにより、主にコルチゾールが過剰に分泌されて起こる疾患で、全高血圧の1%を占める内分泌性高血圧の1つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Cushing(クッシング)

    解説

  • 15

    (   )症候群とは、左室の低形成に、僧帽弁,大動脈弁の閉鎖,強い狭窄、上行大動脈〜大動脈弓の低形成を伴い、卵円孔開存(PFO)または心房中隔欠損(ASD)+動脈管開存(PDA)により循環を維持しており、新生児期にチアノーゼ,肺高血圧,肺うっ血を呈することをいう。

    補足(例文と訳など)

    • HLHS:hypoplastic left heart syndrome

    答え

    • 左心低形成

    解説

  • 16

    (   )とは、サルコイドーシスに心病変を有するもののことで、心不全や突然死を起こしやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心サルコイドーシス

    解説

  • 17

    (   )症候群とは、早期興奮症候群の1つで、心房と心室とを直接連結する副伝導路(Kent束)が存在し、心室の早期興奮が生じる病態をいい、房室回帰頻拍(AVRT)や心房細動(AF)を引き起こし、副伝導路の存在部位によりA,B,C型の3種類に分けられ、心電図にてΔ波,PQ間隔短縮,wide QRSを認める。

    補足(例文と訳など)

    • Wolf-Parkinson-White syndrome

    答え

    • WPW

    解説

  • 18

    (   )症候群とは、先天性QT延長症候群の原因の1つで、K+チャネルをコードする遺伝子異常を有し、先天性難聴を伴い、失神発作を繰り返す常染色体優性遺伝性疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Jervell and Lange-Nielsen(ジャーベル・ランゲ・ニールセン)

    解説

  • 19

    (   )症候群とは、先天性QT延長症候群の原因の1つで、K+やNa+チャネルをコードする遺伝子異常を有し、患者の両親いずれかに遺伝子異常を認めることが多い、失神発作を繰り返す常染色体優性遺伝性疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Romano-Ward(ロマノ・ワード)

    解説

  • 20

    (   )症候群とは、心筋活動電位の延長によりQT間隔が延長し、torsade de pointesという特殊な多形成心室頻拍をきたし、失神発作を繰り返すことをいい、先天性と二次性がある。

    補足(例文と訳など)

    • LQTS:long QT syndrome

    答え

    • QT延長

    解説

  • 21

    (   )症候群とは、洞結節あるいはその周囲の障害により、高度の洞徐脈,洞房ブロック,洞停止を生じ、Adams-Stokes発作(めまい,失神発作,易疲労感),心不全,易疲労性などを呈することをいい、Rubensteinの分類によりⅠ,Ⅱ,Ⅲ型に分けられ、原因として虚血性心疾患,サルコイドーシスのような浸潤性病変,心筋炎,心膜炎,心筋症,心臓手術などがある。

    補足(例文と訳など)

    • sick sinus syndrome Ⅰ型:洞徐脈  Ⅱ型:洞房ブロック,洞停止  Ⅲ型:徐脈頻脈症候群 

    答え

    • 洞不全(SSS)

    解説

  • 22

    (   )症候群とは、洞不全症候群Ⅲ型のことで、上室性頻脈性不整脈(PSVT,AFL,AF)の停止時に、洞房ブロックまたは洞停止による心停止が出現することをいい、心停止時間が長くなると失神をきたし、抗不整脈薬の投与は徐脈を悪化させるため、ペースメーカー植込みを行ったうえで頻脈の治療を行う。

    補足(例文と訳など)

    • PSVT(発作性上室頻拍):paroxysmal supraventricular tachycardia  AFL(心房粗動):atrial flutter  AF(心房細動):atrial fibrillation

    答え

    • 徐脈頻脈

    解説

  • 23

    (   )症候群とは、不整脈の1つで、心房と心室をつなぐ正常の伝導路とは別に興奮伝導路(副伝導路)が存在するために、心室の一部が正常よりも早期に興奮することをいい、PQ間隔の短縮やΔ波,頻拍発作などがみられ、WPW症候群やLGL症候群などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 早期興奮

    解説

  • 24

    (   )症候群とは、早期興奮症候群の1つで、心房とHis束をつなぐ副伝導路が存在するとされており、PQ間隔の短縮がみられるが、臨床的に問題となることは少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LGL

    解説

  • 25

    (   )症候群とは、女性型の染色体異常(XO)で、低身長,翼状頸,特異な顔貌などを呈し、先天性心疾患である単純型大動脈狭窄を合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Turner(ターナー)

    解説

  • 26

    (   )症候群とは、虚血性再灌流障害とも呼ばれ、急性動脈閉塞症などにより急性虚血の結果、筋細胞の壊死・融解が起こり、K,ミオグロビン,LDH,AST,CK,乳酸,スーパーオキシドなどが患肢に蓄積し、これらの代謝産物が血流再開によって全身に環流されることで代謝性アシドーシス,高カリウム血症,ミオグロビン尿症が出現することをいい、重症例では、循環不全,腎不全などに陥り、突然の心停止をきたすこともある。

    補足(例文と訳など)

    • MNMS:myonephropathic metabolic syndrome  急性動脈閉塞症の予後を決める合併t症

    答え

    • 代謝性筋腎

    解説

  • 27

    (   )症候群とは、大動脈終末部から両側総腸骨動脈に至る慢性閉塞により、間欠跛行やインポテンスを伴う病態をいい、今日では、閉塞性動脈硬化症(ASO)に起因する例が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Leriche(レリッシュ)

    解説

  • 28

    (   )症候群とは、高安動脈炎のことで、大動脈と主要分枝に好発する非特異的炎症とその瘢痕化による二次的狭窄・閉塞・拡張を生じる慢性血管炎のことをいい、大動脈弓およびその分枝以外にも下行大動脈から腹部大動脈にもみられ、狭窄部位により症状は様々で、狭窄部位の血管雑音(bruit),血圧の左右差・上下肢差,高血圧などを呈するが、多くは予後良好である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大動脈炎

    解説

  • 29

    (   )症候群とは、21番染色体が3個存在する染色体異常のことをいい、染色体異常の中で最多であり、母体が高齢であるほど発生頻度が高くなり、房室中隔欠損症,心内膜床欠損症を合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Down(ダウン)

    解説

  • 30

    (   )症候群とは、弾性線維の形成に関与するフィブリンⅠ遺伝子の異常により、結合組織が変性し、骨格系や眼症状,心血管疾患など多様な症状を呈することをいい、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Marfan(マルファン)

    解説

  • 31

    (   )症候群とは、左腸骨静脈が左腸骨静脈の腹側を走行している右腸骨動脈と仙骨に挟まれて圧迫され、血流が滞ってできた血栓により生じた腸骨静脈の閉塞に伴う深部静脈血栓症のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腸骨静脈圧迫

    解説

  • 32

    (   )症候群とは、肋軟骨部の非化膿性の炎症・腫脹による非循環器系胸痛を呈するものをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Tietze(ティーツェ)

    解説

56556

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ