zuknow learn together

新しい教材を作成

【生物基礎】ゾウリムシ・魚類の体液濃度調節

カード 6枚 作成者: Nanami (作成日: 2014/12/23)

  • ナメクジに塩をかけると体内の水分が出て小さくなる。これは、濃度の異なる溶液が細胞膜を挟んで接する時、濃度の( )い方から( )い方へ水が移動するためである。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

表:穴埋め問題
裏:答え

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ナメクジに塩をかけると体内の水分が出て小さくなる。これは、濃度の異なる溶液が細胞膜を挟んで接する時、濃度の( )い方から( )い方へ水が移動するためである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低/高

    解説

  • 2

    淡水産のゾウリムシは、細胞内の方が外液より( )いので、細胞内に水が常に入ってくる。そのため、余分な水を( )と呼ばれる細胞小器官で排出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高/収縮胞

    解説

  • 3

    淡水産の硬骨魚類では、体液濃度が外液より高いため体内に( )が侵入してくる。腎臓では余分な( )を排出するため、体液に比べて( )濃度の尿を多量に排出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水/水/低

    解説

  • 4

    淡水産の硬骨魚類では、( )にある特殊な細胞で無機塩類を積極的に( )し、体液濃度を保っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • えら/吸収

    解説

  • 5

    一方、海産硬骨魚類の体液は海水よりも( )濃度で、体内の( )は体表から絶えず失われるので、腸では( )を多量に吸収し、余分な( )は( )から積極的に排出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低/水/水/無機塩類/えら/

    解説

  • 6

    海産硬骨魚類の腎臓では体液と比べて( )濃度の尿を少量排出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56568

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ