zuknow learn together

新しい教材を作成

産業カウンセラー試験

カード 213枚 作成者: Junko (作成日: 2014/12/23)

  • 障害者雇用率
    (民間企業 50人以上)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    障害者雇用率 (民間企業 50人以上)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.0%

    解説

  • 2

    障害者雇用率 国、地方公共団体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.3%

    解説

  • 3

    有効求人倍率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハローワークへの申しこみが有効期間中、原則として申し込み月を含めて3ヶ月 労働市場、景気の動向と一致

    解説

  • 4

    新規求人倍率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 景気の先行きが推定される

    解説

  • 5

    毎月勤労統計統計調査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賃金、労働時間、雇用のうごきを毎月事業所ベースで調査する

    解説

  • 6

    家計調査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家計の収支状態、収入構造、消費支出を毎月調査 貯蓄、負債

    解説

  • 7

    消費性向

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可処分所得 (収入➖税金のこと) のうち消費の占める比率。 投資の大きさ、 景気に影響する

    解説

  • 8

    措置入院

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自傷他害の恐れ 2名以上の指定医の診察結果 一番強制力がある 警察官通報が多い

    解説

  • 9

    緊急措置入院

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 72時間を限度 指定医1名の診断結果

    解説

  • 10

    医療保護入院

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1名以上指定医の判断 本人の同意得られない 家族等の同意

    解説

  • 11

    応急入院

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 指定医が入院必要判断 本人の同意得られない 家族等も得られない 72時間以内に限って入院

    解説

  • 12

    任意入院

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本人同意

    解説

  • 13

    指定医

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神保健指定医 5年以上診断または治療 3年以上精神障害の診断または治療、厚生労働大臣により 一定の条件をみたす

    解説

  • 14

    ブロイエル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神分析療法 催眠浄化法カタルシス法 ヒステリーの研究 フロイトと共同研究オーアンナの症例、コップから水がのめないのは犬がなめていたから

    解説

  • 15

    トークンエコノミー法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 課題が遂行できたときに代用貨幣を与える。 一ヶ月ペットを世話できたらゲームを買ってあげると言う

    解説

  • 16

    系統的脱感作法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウォルピ 逆制止法(リラックスと不安をくりかえす)不安階層表を作成、コンビニまで、駅まで、会社まで段々行けるようになる(高所恐怖症、あがり症)

    解説

  • 17

    強化法 シェーピング法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オペラント条件づけを応用

    解説

  • 18

    主張訓練法 嫌悪療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レスポンデント条件づけを応用したもの

    解説

  • 19

    ウォルビ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アサーショントレーニングを行動療法に組み入れた

    解説

  • 20

    アイビイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マイクロカウンセリングの 創始者 カウンセリング学習方法 として技法の階層表、 系統的な学習を強調

    解説

  • 21

    論理療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エリス REBT法 認知行動療法にも影響 非論理的信念に論争挑み間違えた感情的結論を訂正する。 ( 別れてと言われた→死にたい)

    解説

  • 22

    現実療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グラッサー アドラーに似てる 行動療法に似てる 独自の7つの原理

    解説

  • 23

    グラッサー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非行少年向け コントロール理論、外的コントロールで人を操作しない、過去は問題にしない、 マイナスは焦点合わせない、 人間関係重視 選択理論

    解説

  • 24

    ナラティブセラピー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーストラリアのホワイト ニュージーランドエプストン 社会構成主義、問題の外在化 人生ストーリーを書き換える

    解説

  • 25

    短期療法 ブリーフセラピー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家族療法ドシェイザー、 キムバーグ 解決思考型短期療法

    解説

  • 26

    短期療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンプリメント(治療後の未来を想像)、例外探し(うまくいくところからやってみる)、ミラクルクエスチョン(解決したらどうしますか?)

    解説

  • 27

    アドラー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロイトの弟子、個人心理学 ユングは分析心理学

    解説

  • 28

    認知療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認知へのアプローチ 否定的自動思考の発見、修正

    解説

  • 29

    行動療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動習慣へのアプローチ モデリング法 ソーシャルスキルトレーニング

    解説

  • 30

    認知行動療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自動思考 モデリング法 社会的スキル訓練法

    解説

  • 31

    来談者中心療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己概念 現象学 実現傾向

    解説

  • 32

    集合的無意識

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユング心理学 無意識には個人的意識の他に家族や民族に共通で普遍的な集合的無意識がある

    解説

  • 33

    図と地の反転

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゲシュタルト療法 エンプティチェアもゲシュタルト

    解説

  • 34

    論理療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ABCDE理論、イラショナルビリーフ(非合理的な信念)をラショナルビリーフ(合理的な信念)に訂正

    解説

  • 35

    現実療法3つのR

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クライエントの行動に求めるキーワード、現実性(リアリティ)、責任性(レスポンスビリティ)、善悪(ライト&ロング)

    解説

  • 36

    交流分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストローク

    解説

  • 37

    相補的交流

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交流分析 人と人とのスムーズな交流パターンで対話は中断されずにすすむ

    解説

  • 38

    構造分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交流分析 自我状態を、エゴグラムなどで把握し他者とのバランスのとれた適応を目指す

    解説

  • 39

    キャリアガイダンスの6分野 (6つのステップ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己理解、職業理解、啓発的経験、カウンセリング、方策の実行、フォローアップ

    解説

  • 40

    キャリア理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 選択理論 構造理論 発達理論

    解説

  • 41

    選択理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マッチング理論パーソンズパターソン、ウィリアムソンの特性因子理論 ジェラット連続的意思決定モデル

    解説

  • 42

    構造理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心理学的構造理論(ホランドの人格理論) 社会学的構造理論(クランボルツのキャリア意思決定に関する社会的学習理論)

    解説

  • 43

    発達理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スーパーの職業的発達12の命題)、ハンセン(統合的な生涯設計)、シャインのキャリアアンカー 8タイプ

    解説

  • 44

    問題52 エンプロイアビリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その企業で雇用され続ける能力 (他社に再就職できる能力)

    解説

  • 45

    コンピテンシー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 成果をあげ続けることのできる行動特性(その企業の高業績者の行動特性から抽出された発揮能力)

    解説

  • 46

    問題53 ホランドの 構造理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人特性と環境特性の対比はマッチング理論と類似しているが、特性因子論ともマッチング理論とも基本的に異なる

    解説

  • 47

    問題53 構造理論 ふたつにわけると

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会学的構造理論 心理学的構造理論

    解説

  • 48

    社会学的構造理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家族の影響や遭遇機会の有無を重視 (環境) (ホランド)

    解説

  • 49

    心理学的構造理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人の精神力動や親の養育態度など個人の心理的影響を重視(個人)(ホランド)VPI職業興味検査やホランドの6角形

    解説

  • 50

    問題53 (キャリアカウンセリング)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職業選択は、職業に関する意志決定の連鎖的なプロセスである

    解説

  • 51

    問題53 キャリアカウンセリングは 単に感情的アプローチだけではなく

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認知的、行動的アプローチを重視する

    解説

  • 52

    問題53 職業発達理論を一言でいえば

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャリア発達のプロセスは、自己概念を発達させ、それを職業を通して実現していくことである

    解説

  • 53

    問題54 キャリアカウンセリングの 相談場面の設定(場面構成)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①環境づくり②リレーションづくり③それぞれの役割と協同④目標・範囲などについて両者の共通理解をはかる

    解説

  • 54

    問題55 特性因子理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パーソンズ マッチング

    解説

  • 55

    問題55 心理学的構造理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホランド VPI(職業興味検査)

    解説

  • 56

    問題55 意志決定理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジェラット 予測、価値、決定システム

    解説

  • 57

    問題55 職業発達理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スーパー ライフキャリアレインボー

    解説

  • 58

    問題55 社会学的構造理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バンデューラー 機会遭遇理論

    解説

  • 59

    問題55 ハー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会学的構造理論のひとり 職業選択やキャリア形成における家族の影響を研究

    解説

  • 60

    問題55 シャイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織内キャリア発達理論 キャリアアンカー

    解説

  • 61

    問題56 精神分析でいう 「解釈」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カウンセラーの準拠枠からの推測であり、傾聴では行わない

    解説

  • 62

    産業カウンセリングの3つの源流

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職業指導運動 教育測定運動 精神衛生運動

    解説

  • 63

    職業指導運動

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パーソンズ マッチング 丸い釘は丸い穴に

    解説

  • 64

    教育測定運動

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソーンダイク 全て存在するものは量的に存在する。量的に存在するものはこれを測定することができる

    解説

  • 65

    ビネー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 史上はじめての知能検査を開発

    解説

  • 66

    ターマン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知能検査を改訂、標準化、知能指数IQを導入

    解説

  • 67

    ピアーズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神衛生運動 我が魂にあうまで マイヤー、ジェームス、ウォルシュとコネチカット州精神衛生協会設立

    解説

  • 68

    ホーソン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハーバード大学のメイヨー、レスリスバーガーとシカゴエレクトリック社ホーソン工場で研究

    解説

  • 69

    アンダーソン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神科医 メーシーズ百貨店 態度不良、反抗的態度から カウンセリングを行ったらよくなり、経費節減、経済効果

    解説

  • 70

    オークリッジ工場

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原爆製造工場 カウンセラー配置 早期発見、治療で大きな効果

    解説

  • 71

    キャタピラー計画

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 離職欠勤事故から心理学者指導の元、心理テスト、カウンセリング、教育したら大きな効果

    解説

  • 72

    日本の相談のはじまり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1950年後半 NTT 人事相談室 専任相談員

    解説

  • 73

    1956

    補足(例文と訳など)

    答え

    • KDDI 松下電気、明電舎、国鉄、神戸製鋼所など9社が相談制度、1960年は40社

    解説

  • 74

    日本産業カウンセラー協会

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1960年11月設立

    解説

  • 75

    ADR

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判以外での紛争解決手続き 今では100以上の団体が認証されている

    解説

  • 76

    産業カウンセラー協会のADRセンターは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①個別労働関係紛争全般 ②男女間の維持調整に関する紛争 ※対話促進型調整を行う

    解説

  • 77

    EAP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アメリカでうまれた 1940年代、従業員のアルコール依存症による企業損失の対象としてはじめられた

    解説

  • 78

    THP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トータルプロモーションプラン 事業場における労働者の健康保持増進のための指針

    解説

  • 79

    THP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働安全衛生法 事業者は、労働者に対する健康教育及び健康相談その他労働者の健康の保持増進を図るため必要な措置を継続的かつ計画的に講ずるよう務めなければならない

    解説

  • 80

    THP6人衆

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①産業医 ②運動指導担当者 ③運動実践担当者 ④産業保健指導担当者 ⑤心理相談担当者 ⑥産業栄養指導担当者

    解説

  • 81

    1章3 産業カウンセラー協会が定める3つの活動

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①メンタルヘルス対策への援助 ②キャリア開発への援助 ③職場における人間関係開発への援助

    解説

  • 82

    パーソナリティの分類 二つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 類型論 特性論

    解説

  • 83

    特性論 アイゼンク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外向性 神経症傾向 精神病質傾向 の3特性

    解説

  • 84

    特性論 キャッテル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 躁うつ-分裂、情緒安定-不安定、積極的-消極的など12特性

    解説

  • 85

    特性論 ビック5理論 現在一般的

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コスタとマックレー 外向性、調和性、誠実性、神経症的傾向、経験への解放性

    解説

  • 86

    ウォルピ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動療法 古典的条件づけ(レスポンデント)逆制止法 アサーショントレーニングを行動療法の一部に組み入れた

    解説

  • 87

    バンデューラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会学的学習理論 第3の行動療法

    解説

  • 88

    行動療法みっつ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①古典的条件づけ(レスポンデント) ②オペラント条件づけ ③バンデューラの社会的学習理論

    解説

  • 89

    問題87 職場のストレス 要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心理的、社会的ストレッサーが大きなもの、他に物理的、化学的、生物学的がある

    解説

  • 90

    問題87 ストレス要因 物理的要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 温度、湿度、振動、 騒音、放射線

    解説

  • 91

    問題87 ストレス要因 科学的要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 臭気、粉じん、重金属、 ホルムアルデヒド

    解説

  • 92

    問題87 ストレス要因 生物学的要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細菌、ウイルスなどの感染、 花粉症などのアレルゲン

    解説

  • 93

    問題87 ストレス要因 社会的要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 戦争、不景気、 失業、仕事、 家族問題

    解説

  • 94

    問題87 ストレス要因 心理的要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不安、焦燥、怒り 抑うつ

    解説

  • 95

    問題87 ストレスマネジメント 2つのアプローチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ストレス要因除去もしくは軽減 ②ストレス耐性強化 を同時に行う

    解説

  • 96

    問題87 職場でのストレス対処

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①セルフケア(自分で守る) ②ラインによるケア(安全配慮義務の視点から)

    解説

  • 97

    問題87 ストレスコーピング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人のストレス対処行動 セルフコントロール 問題中心型コーピングと情動中心型コーピングがある

    解説

  • 98

    問題87 ストレスマネジメントの要素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業管理、作業環境管理を含み、快適職場環境づくりは おおきな要素

    解説

  • 99

    問題87 ストレス反応が表出されるところ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体症状 精神症状 行動反応

    解説

  • 100

    問題91 EAPのサービス内容

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①カウンセリング ②管理職.人事労務への研修③従業員に教育啓発④従業員へのリサーチと評価⑤治療機関への紹介.フォローアップ

    解説

  • 101

    THP6人衆

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 産業医、運動指導担当者、運動実践担当者、心理相談担当者、産業栄養指導担当者、産業保険指導担当者

    解説

  • 102

    問題91 EAPの要件 ひとつめ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①事業場にあったラインや産業保険スタッフへの継続的な支援

    解説

  • 103

    問題88 安全配慮義務の内容

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①危険の予知、予測義務 ②予知された危険の結果回避義務

    解説

  • 104

    問題89 「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」 管理監督者の役割2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①職場環境等の改善 ②労働者に対する相談対応

    解説

  • 105

    問題91 EAPの2つの種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①業務委託された外部EAP ②事業場内に専門家を置く内部EAP

    解説

  • 106

    問題91 EAP要件 ふたつめ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業場内資源と事業場外資源の橋渡しができる

    解説

  • 107

    問題91 EAP要件 みっつめ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 包括的でシステマチックなサービスができる

    解説

  • 108

    問題91 我が国のEAP 精神科医は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 常駐しているところは少ない。カウンセリングスタッフへのスーパービションは積極的に行われていない

    解説

  • 109

    問題92 精神障害の業務上、業務外の判断の基本的考え方

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神障害発病有無、発病有無時期と疾患名、①業務による心理的負荷②業務以外の心理的負荷③個体側要因(精神障害の既往歴)について評価、関連性を判断

    解説

  • 110

    転換障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葛藤、ストレス、不安が無意識のうちに身体症状に「転換」されて現れたものが転換性障害である 症状(転換症状)には、起立できない(失立)、歩行できない(失歩)、声が出ない(失

    解説

  • 111

    問題93 神経症 ICD10

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経症性障害、 ストレス関連障害および身体表現性障害

    解説

  • 112

    問題93 神経症 DSM4

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不安障害、 身体表現性障害、 解離性障害

    解説

  • 113

    問題93 神経症の定義は変化してきている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 以前は病因論や精神力動的な考え方から、記述的な視点で定義、分類する方向へ変わってきた

    解説

  • 114

    問題93 心身症とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体疾患のなかで、その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与する病態

    解説

  • 115

    問題93 心身症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ただし、神経症やうつ病などの精神障害に伴う身体症状は除外する

    解説

  • 116

    問題94 病識

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分が病気であると認識、自覚できること

    解説

  • 117

    問題94 病感

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なんとなく自分が病気であると感じられること

    解説

  • 118

    問題94 事例性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平均的な姿から乖離した状態をさす

    解説

  • 119

    問題97 気分障害 DSM4TR 3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①うつ病性障害 ②双極性障害 ③他の気分障害

    解説

  • 120

    問題97 気分障害 ①うつ病性障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大うつ病性障害 ②気分変調性障害

    解説

  • 121

    問題97 気分障害 ②双極性障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①双極Ⅰ型障害 ②双極Ⅱ型障害

    解説

  • 122

    問題97 気分障害 ③他の気分障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①一般身体疾患による気分障害 ②物質誘発性気分障害

    解説

  • 123

    問題98 アレキシサイミア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心身症になりやすい 自分自身の感情や葛藤の認識や表出の障害

    解説

  • 124

    問題98 過剰適応

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心身症になり易い 自らの欲求や個人的な感情、思考を抑圧し、周囲の者や職場環境へ同調している状態

    解説

  • 125

    問題98 心身症とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的な因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害が認められる病態

    解説

  • 126

    問題98 心身症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 緊張型頭痛 過敏性腸症候群

    解説

  • 127

    11章精神医学 治療アドヒアランス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自主的な通院や服薬の継続

    解説

  • 128

    YG性格検査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 12個のパーソナリティ特性を示す下位尺度のうち前半の6尺度は「情緒安定性」後半6尺度は「向性」を示す

    解説

  • 129

    YG性格検査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 質問形式の性格検査 下位尺度の得点によるプロフィールによって6つの性格類型を判断

    解説

  • 130

    問題75 MMPI

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 550個の項目 人格情報を提供する臨床尺度10項目の他、被験者の受検態度の情報の妥当性尺度を4個備えている質問紙法。精神状態がわかる

    解説

  • 131

    問題75 TAT

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロールシャッハと並んで最も多くの研究的、臨床的、社会的に利用されてる投影法の人格診断法

    解説

  • 132

    問題75 ロールシャッハテスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左右対称10枚図版 形態判断、連想の課題から被験者の言語的反応を多方面から分析検討、個人の人格像を描き出す

    解説

  • 133

    問題75 内田クレペリン精神検査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①意志緊張(集中持続)②興奮③慣れ④練習効果⑤疲労という因子が働き、被験者の精神状態に応じて作業量が独特の曲線をしめす

    解説

  • 134

    問題75 行動観察法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 質問紙や面接では捉えられないような面を行動や言語活動の情報を記録分析する

    解説

  • 135

    問題75 行動観察法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然観察法 実験観察法

    解説

  • 136

    問題76 内田クレペリン精神作業検査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 連続加算作業 仕事の処理能力、積極性、意欲、集中力など意志的能力を測定

    解説

  • 137

    問題76 EPPS.MMPI.YG

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 質問紙法

    解説

  • 138

    問題76 TAT

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絵画、主題統覚テスト 投影法 人物の絵をみて物語を作る 被験者の欲求、感情、コンプレックスを診断

    解説

  • 139

    問題76 PFスタディ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 漫画風の絵に対する反応から被験者の欲求不満傾向をさぐる

    解説

  • 140

    問題76 ロールシャッハテスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神力動の把握と、 精神医学における鑑別に用いられる

    解説

  • 141

    問題76 SCT

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文章完成法テスト 投影法 未完成の文章を完成させ、被験者の特性を知る

    解説

  • 142

    問題76 VPI

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職業興味検査 アメリカ職業心理学者 ホランド

    解説

  • 143

    問題77 MMPI

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心理診断的機能をもつ人格目録で、妥当性尺度4尺度と臨床的尺度10尺度からなる

    解説

  • 144

    問題77 SCT

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 未完成の文章 過去現在未来にわたる物語を作る。作られた物語を分析してパーソナリティを明らかにする

    解説

  • 145

    問題77 内田クレペリン精神作業検査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 被験者の精神状態に応じて作業量が独特の曲線 意志緊張(集中持続)、興奮、慣れ、練習効果、疲労の5因子

    解説

  • 146

    問題77 エゴグラム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交流分析に基づいてデュセイによって開発

    解説

  • 147

    問題77 エゴグラム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自我状態、心的エネルギーの割合と構成が図式化。今の自分の思考、感情、行動のパターンを知り改善に役立つ

    解説

  • 148

    問題78 EPPS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間の複雑な行動を欲求と環境の圧力との関係から理解しようとする。 15の特性の強さの程度を測定する

    解説

  • 149

    問題78 GHQ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 英国で開発、神経症や心身症の症状を把握するスクリーニングテスト。日本版は28項目版、30項目版など短縮版がある。実施と採点が簡便、精神的健康度指標がわかり適用範囲が広い

    解説

  • 150

    問題78 PFスタディ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日常で起こる24の欲求不満場面を見て、被験者の欲求不満反応から人格傾向を明らかにする

    解説

  • 151

    問題78 SDS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • うつ性自己評価尺度 20項目の質問に被験者が答えることでうつ状態の有無をチェックする

    解説

  • 152

    問題78 SDS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抑うつ、不眠、不安を訴える人のためのうつ状態のセルフチェックテスト。専門家の指導を受けながら使用

    解説

  • 153

    問題80 観察法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クライエントの表情、態度、行動を観察、記録、分析、クライエント理解のための情報をえる心理アセスメントの重要な方法のひとつ

    解説

  • 154

    8章 アセスメントとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「評価」「査定」という意味。その人を判断する時のてがかり①外見②動作、行動③語る内容

    解説

  • 155

    8章 アセスメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 観察法 面接法 心理検査法

    解説

  • 156

    8章 アセスメント 心理検査法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 質問紙法 投影法 作業検査法

    解説

  • 157

    8章 アセスメント 心理検査法 質問紙法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミネソタ多面性性格検査(MMPI) 谷田部ギルフォード(YG)、エゴグラム(TEG)、NEOPIR、MBTI

    解説

  • 158

    8章 アセスメント 心理検査法 投影法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロールシャッハ、絵画統覚検査(TAT.CAT)、絵画欲求不満検査(PFスタディ)、文章完成法(SCT)

    解説

  • 159

    8章 アセスメント 心理検査法 作業検査法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内田クレペリン

    解説

  • 160

    15章 キャリア理論 心理学的構造理論 ホランドの人格理論 (ホランドの六角形)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現実的、研究的、芸術的、社会的、企業的、慣習的 興味の形、また職業の形

    解説

  • 161

    大うつ病エピソード DSM-Ⅳ-TR 基準の症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 9つのうち5つ以上が2週間の間に存在、すくなくともひとつは①抑うつ気分②興味喜びの喪失 を含む

    解説

  • 162

    大うつ病エピソード DSM-Ⅳ-TR 基準の症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①抑うつ気分②興味喜びの著しい喪失③体重減少か増加④不眠か睡眠過多⑤精神運動性の焦燥、抑止⑥易疲労性、気力の減退⑦無価値感、不適切な罪悪感⑧思考力や集中力減退、決断困難⑨自殺念慮

    解説

  • 163

    問題9 メイヨー、レスリスバーガー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間関係論 職場の人間関係を改善し、人間の社会的欲求を満足させて動機づけ、生産性を高める

    解説

  • 164

    問題9 アージリス、マクレガー、リッカート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新人間関係学派 人間は本来持っている能力を最大限に発揮することを望んでおり、そのために組織の意思決定に参加できることが必要

    解説

  • 165

    問題9 コミュニティアプローチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人の問題をその背景事情を含めて捉えるという発想

    解説

  • 166

    問題9 コミュニティアプローチ 組織にコミットしていく介入のアプローチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①問題の気付き②介入計画の立案③介入の実行④結果の評価⑤理論化

    解説

  • 167

    問題9 アクションリサーチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 問題を科学的に解決するためのアプローチ。実験の為の実験でなく、実験には研究者、実務家、時にはクライエントにも参加してもらい、その協働により問題解決

    解説

  • 168

    問題10 テイラー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「人間は合理的に経済利益を追求する経済人」と考えた

    解説

  • 169

    問題10 テイラー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仕事への動機づけには「高賃金収入の獲得」。作業標準(課業)という出来高制度で労働者の作業意欲を刺激

    解説

  • 170

    問題10 マズロー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間は本来旺盛な労働意欲をもつ

    解説

  • 171

    問題10 ハーズバーグ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仕事の満足をもたらす要因と、不満足をもたらす要因を分析

    解説

  • 172

    問題10 ハーズバーグ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動機づけ要因(働く人を高い業績に動機づける)-衛生要因(仕事への不満を回避する働き)

    解説

  • 173

    問題10 ハーズバーグ 動機づけ要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 達成する、承認される、仕事の中身、責任がある、昇進する

    解説

  • 174

    問題10 ハーズバーグ 衛生要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会社の政策と管理、監督技術、給与、対人関係、作業条件

    解説

  • 175

    問題10 ハーズバーグ 仕事への適応を高めるには

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不満足の解消だけでなく満足の要因のための管理方法 (動機づけ要因を組み込んだ「職務充実」)

    解説

  • 176

    ハックマン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハーズバーグ動機づけ要因を発展させ5つの職務特性を提示 それに基づいて職務診断、再設計を行う

    解説

  • 177

    ハックマン 職務特性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多様性 完結性 有意義性 自律性(責任感うながす) フィードバック

    解説

  • 178

    CDP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャリア開発プログラム 企業が従業員のキャリア形成を組織的計画的継続的に支援する方策

    解説

  • 179

    問題10 メイヨー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織で働く人間は社会的で、行動は非公式集団の規範によって規制され、物理的、経済的条件以外に、感情的側面によって動機づけられる

    解説

  • 180

    問題10 マグレガー主張の内発的動機づけの例

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 提案制度、小集団活動、意思決定への参加

    解説

  • 181

    問題10 マグレガー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Y理論 自己実現の重要性

    解説

  • 182

    問題10 アージリス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公式組織にある阻害要因を取り除いて公式組織を変えることが重要

    解説

  • 183

    問題10 アージリス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従業員が依存従属でなく仕事への感心や帰属意識をもち生産性を高める、能力を活用の機会のため「職域拡大」を提案

    解説

  • 184

    問題11 ワークモチベーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経済的動機づけ 社会的動機づけ 自己実現的動機づけ

    解説

  • 185

    問題11 アルダーファ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ERG理論 特色のひとつは、生存欲求、関係欲求、成長欲求は重なり合わないとしたところ

    解説

  • 186

    問題11 マグレガー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X理論(人間はなまけもの)Y理論(人間は高い業績をあげたがっている)

    解説

  • 187

    問題11 マグレガー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マズローの人間は本来旺盛な労働意欲を持つという考え方に影響を受けている

    解説

  • 188

    問題11 マグレガー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マズローの欲求段階説をもとに、労働スタイルと人間モデルの相関を整理

    解説

  • 189

    問題12 人事労務管理 3つの領域

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経営活動の為に必要な「人」の管理。雇用管理、報酬管理、労使関係管理

    解説

  • 190

    問題12 人事労務管理 労使関係管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職場環境、仕事、報酬に関する労働者の不満や要望を吸い上げ、労働サービスが円滑に行われる条件を整備

    解説

  • 191

    問題12 人事労務管理 雇用管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者の採用、人的資源の外発、職場・業務の配置、労働の供給量調整

    解説

  • 192

    問題12 人事労務管理 報酬管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賃金など報酬システム開発、人事評価、昇進管理、総人件費管理、個別賃金の決定、福利厚生など付加給付

    解説

  • 193

    問題12 人事労務管理 近年では

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雇用管理や報酬管理の個別化や労使関係の中で個別的労使関係の比重が高くなっている

    解説

  • 194

    問題12 人事労務管理 雇用形態や働き方が

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多様化し、集団的、画一的に労働条件を決めようとする労働組合の組織率は低下している

    解説

  • 195

    11章3 全般性不安障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 漠然とした不安が中心となり6ヶ月以上継続

    解説

  • 196

    11章3 パニック障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パニック発作の出現と、発作の再出現を不安に感じる予期不安が特徴

    解説

  • 197

    11章3 社会(社交)恐怖

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従来の対人恐怖に相当

    解説

  • 198

    11章3 脅迫性障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脅迫観念に悩まされ、その考えを振り払おうと脅迫症状(確認行為)が出現

    解説

  • 199

    11章3 外傷性ストレス障害 (PTSD)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 極端な外傷的出来事の体験後4週間以内に生じ、4週間以上持続する。不安、解離が特徴

    解説

  • 200

    11章3 心気障害 (心気症)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 既知の医学的要因が見出されないにも関わらず重篤な病気にかかっているという恐怖とらわれを持つ

    解説

  • 201

    11章3 心身症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神的ストレスを基盤として発症する身体症状。ひとつの器官に固定し訴えが特定される。胃潰瘍、過敏性腸症候群、気管支喘息、円形脱毛症

    解説

  • 202

    11章 てんかん

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 突発性てんかん 症候性てんかん 急に怒り出す不機嫌発作もある

    解説

  • 203

    11章3 てんかん 突発性てんかん

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原因不明の脳の機能障害

    解説

  • 204

    11章3 てんかん 症候性てんかん

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳疾患、脳損傷(出産障害、頭部外傷、脳血管障害)が原因

    解説

  • 205

    問題9 リッカート リーダーシップ統制力の程度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムⅣ理論 ①専制的方式 ②参加的方式

    解説

  • 206

    問題9 リッカート システムⅣ理論 専制的方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①独善的専制的 ②温情的専制的

    解説

  • 207

    問題9 リッカート システムⅣ理論 参加的方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①集団参加的 ②協議的(相談的)

    解説

  • 208

    1章3 産業カウンセラーの業務

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①相談 ②「事業場産業保険スタッフ等」としての産業カウンセラー③企画、立案④提案⑤教育、広報⑥協働、連携⑦調整、統合⑧その他

    解説

  • 209

    1章3 産業カウンセラーの業務 その他

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①測定、評価、見たて②専門的コンサルテーション(情報提供)③プログラム開発(教育的目的のもの)④地域や他の専門機関との関係づくり⑤活動の評価及び研究

    解説

  • 210

    ユング 8つの性格タイプ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外向性内向性の2類型と 思考、感情、感覚、直感の4類型を組み合わせた

    解説

  • 211

    問題58 クレッチマー 類型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分裂気質、躁鬱気質、粘着気質

    解説

  • 212

    問題58 特性論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オールポート、キャッテル アイゼンク、ギルフォード

    解説

  • 213

    問題58 5因子論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外向性、調和性または協調性、誠実性、情緒安定型または神経症的傾向、経験への開放性

    解説

56802

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ