zuknow learn together

新しい教材を作成

【経営学】企業財務論

カード 39枚 作成者: まっつん (作成日: 2013/12/17)

  • 経営者の株式保有により株主と利害が一致し、モラルハザードが抑制される効果

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    経営者の株式保有により株主と利害が一致し、モラルハザードが抑制される効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アラインメント効果

    解説

  • 2

    資本構成以外の条件がすべて同じ2企業の企業価値は等しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MM第1命題 (モジリアーニ&ミラー)

    解説

  • 3

    企業の自己資本コストは負債比率に比例して上昇する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MM第2命題 (モジリアーニ&ミラー)

    解説

  • 4

    総資本利益率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ROA

    解説

  • 5

    自己資本利益率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ROE

    解説

  • 6

    経営者の株式保有が経営者交代の圧力を弱め、経営努力へのインセンティブを低下させること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エントレンチメント効果

    解説

  • 7

    エージェンシー関係のもとで発生するコストの総称

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エージェンシーコスト

    解説

  • 8

    プリンシパルがエージェントに意思決定権を委譲する代行契約関係

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エージェンシー関係

    解説

  • 9

    エージェントのモラルハザードにより生じる問題

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エージェンシー問題

    解説

  • 10

    自社株買いが株価が過小評価されていることを市場に伝えるシグナルになるという効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シグナリング効果(自社株)

    解説

  • 11

    配当政策の変更が経営者の将来の業績見通しを市場に伝えるシグナルになるという効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シグナリング効果(配当)

    解説

  • 12

    既存の過剰債権が突出物となって新規投資の妨げとなること。過小投資問題のひとつ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デット・オーバーハング問題(効果) (スタルツ)

    解説

  • 13

    節税効果と倒産コストのトレードオフ関係で最適資本構成が決まるとするモデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トレードオフモデル

    解説

  • 14

    事業そのものの利益率の変動(営業利益ないしROAの変動)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビジネスリスク

    解説

  • 15

    NPVが正の全ての投資を実行後になお残る資金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フリーキャッシュフロー(FCF)

    解説

  • 16

    フリーキャッシュフローはエージェンシー問題の温床になるから配当すべきという理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フリーキャッシュフロー仮説 (ジェンセン)

    解説

  • 17

    企業の資金調達の優先順位を内部金融→負債→新株発行とした理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペッキングオーダー理論

    解説

  • 18

    エージェントが自身の行動の正当性を証明するためにかけるコスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボンディングコスト

    解説

  • 19

    配当政策は株主の富に影響を及ぼさないとする理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モジリアーニ・ミラーの配当無関連説

    解説

  • 20

    エージェントの行動を監視するためのコスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モニタリングコスト

    解説

  • 21

    情報の非対称性の下、エージェントによる自己利益追求がプリンシパルに不利益をもたらす現象

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モラルハザード

    解説

  • 22

    モニタリングやボンディングにもかかわらず、エージェンシー問題により生じる企業価値の低下分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レジデュアルロス

    解説

  • 23

    負債利用の増大に伴いROEの変動幅が大きくなる効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レバレッジ効果(レバリッジ効果)

    解説

  • 24

    株主の持分価値+配当(=株主総価値)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主の富

    解説

  • 25

    自社の配当政策を好ましく思う投資家を顧客(株主)とすることができるという効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧客効果

    解説

  • 26

    企業価値を最大化するような(WACCを最小化するような)資本構成

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最適資本構成

    解説

  • 27

    価格差や金利差を利用して確実に利益を上げることを狙う取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁定取引

    解説

  • 28

    負債利用に伴い株主が追加的に負担するリスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 財務リスク

    解説

  • 29

    NPVが正の投資機会の金額により内部留保額を決め、残額を配当するという政策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 残余配当政策

    解説

  • 30

    株主が自身の希望する配当水準を自ら作り出すこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自家製配当

    解説

  • 31

    企業が自社の発行済株式の一部を自らの資金で取得すること(=自社株買い)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己株式取得

    解説

  • 32

    節税効果の現在価値分、負債利用企業の企業価値が大きくなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 修正MM第1命題 (モジリアーニ&ミラー)

    解説

  • 33

    法人税を考慮した負債利用企業の自己資本コストの水準を示す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 修正MM第2命題 (モジリアーニ&ミラー)

    解説

  • 34

    各経済主体が保有する情報に格差が生じている状態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報の非対称性

    解説

  • 35

    金融費用が税法上損金算入されることで課税所得が減少し、法人税額が小さくなる効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 節税効果

    解説

  • 36

    企業が倒産した場合に発生する様々なコストの総称

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 倒産コスト

    解説

  • 37

    内部留保+減価償却

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内部金融

    解説

  • 38

    税引後利益に対する配当の割合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 配当性向

    解説

  • 39

    税引後利益を配当と内部留保にどのように配分するかについての決定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 配当政策

    解説

57055

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ