zuknow learn together

新しい教材を作成

疾患の頻度別分類01

カード 51枚 作成者: k_ono (作成日: 2014/12/21)

  • 脳腫瘍の頻度と好発部位について、
    小児,成人の頭蓋咽頭腫は、 [松果体・視床下部−下垂体近傍・小脳半球] にできやすい。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

年齢,性,細菌,ウイルス,小児などに着目した頻度別疾患

<参考文献>
病気がみえる

医学/医療/CBT

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 小児,成人の頭蓋咽頭腫は、 [松果体・視床下部−下垂体近傍・小脳半球] にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視床下部−下垂体近傍

    解説

  • 2

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 小児,成人の [胚細胞腫・頭蓋咽頭腫・神経膠腫] は、視床下部−下垂体近傍にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭蓋咽頭腫

    解説

  • 3

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 小児,成人の髄膜腫は、(   )などにできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 傍矢状洞,大脳鎌

    解説

  • 4

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 小児,成人の [髄膜腫・髄芽種・神経鞘腫] は、傍矢状洞,大脳鎌などにできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 髄膜腫

    解説

  • 5

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 小児の胚細胞腫は、[小脳虫部・松果体・小脳半球] にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 松果体

    解説

  • 6

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 小児の[髄芽腫・胚細胞腫・神経膠腫] は、松果体にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胚細胞腫

    解説

  • 7

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 小児の髄芽種は、[小脳虫部・松果体・小脳半球] にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小脳虫部

    解説

  • 8

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 小児の [髄芽腫・胚細胞腫・神経膠腫] は、小脳虫部にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 髄芽腫

    解説

  • 9

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 小児の神経膠腫は、 [小脳半球・大脳半球・小脳虫部] にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小脳半球

    解説

  • 10

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 小児の[神経膠腫・神経鞘腫・髄芽腫]は、小脳半球にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    • 毛様細胞性星細胞腫

    答え

    • 神経膠腫

    解説

  • 11

    小児の脳腫瘍では、(   )が最も多く、45%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • 好発部位:小脳半球

    答え

    • 神経膠腫

    解説

  • 12

    小児の脳腫瘍では、(   )が2番目に多く、15%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • 好発部位:松果体

    答え

    • 胚細胞腫

    解説

  • 13

    小児の脳腫瘍では、(   )が3番目に多く、12%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • 好発部位:小脳虫部

    答え

    • 髄芽種

    解説

  • 14

    小児の脳腫瘍では、(   )が4番目に多く、9%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • 好発部位:視床下部−下垂体近傍

    答え

    • 頭蓋咽頭腫

    解説

  • 15

    小児の脳腫瘍では、(   )が5番目に多く、2%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • 好発部位:傍矢状洞,大脳鎌など

    答え

    • 髄膜腫

    解説

  • 16

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 成人の神経膠腫は、[大脳半球・小脳半球・下垂体] にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    • 特に前頭葉 びまん性星細胞腫,過形成星細胞腫,膠芽腫

    答え

    • 大脳半球

    解説

  • 17

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 成人の[神経膠腫・頭蓋咽頭腫・下垂体腺腫] は、大脳半球にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経膠腫

    解説

  • 18

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 成人の下垂体腺腫は、(   )にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下垂体

    解説

  • 19

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 成人の(   )は、下垂体にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下垂体腺腫

    解説

  • 20

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 成人の神経鞘腫は、[小脳半球・大脳鎌・小脳橋角部] にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小脳橋角部

    解説

  • 21

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 成人の[血管芽種・髄膜腫・神経鞘腫] は、小脳橋角部にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経鞘腫

    解説

  • 22

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 成人の血管芽腫は、[小脳半球・小脳橋角部・大脳半球] にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小脳半球

    解説

  • 23

    脳腫瘍の頻度と好発部位について、 成人の [血管芽腫・神経鞘腫・神経膠腫] は、小脳半球にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管芽腫

    解説

  • 24

    成人の脳腫瘍では、(   )最も多く、28%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • 好発部位:傍矢状洞,大脳鎌

    答え

    • 髄膜腫

    解説

  • 25

    成人の脳腫瘍では、(   )が2番目に多く、24%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • 好発部位:大脳半球(特に前頭葉)

    答え

    • 神経膠腫

    解説

  • 26

    成人の脳腫瘍では、(   )が3番目に多く、15%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • 好発部位:下垂体

    答え

    • 下垂体腺腫

    解説

  • 27

    成人の脳腫瘍では、(   )が4番目に多く、11%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • 好発部位:小脳橋角部

    答え

    • 神経鞘腫

    解説

  • 28

    成人の脳腫瘍では、(   )が5番目に多く、3%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • 好発部位:視床下部−下垂体近傍

    答え

    • 頭蓋咽頭腫

    解説

  • 29

    成人の脳腫瘍では、(   )が6番目に多く、2%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • 小脳半球

    答え

    • 血管芽腫

    解説

  • 30

    細菌性髄膜炎の起因菌について、 新生児(~4ヶ月)では、(   )が最も多く、次いで大腸菌,インフルエンザ菌の順に多い。

    補足(例文と訳など)

    • グラム陽性球菌

    答え

    • B群レンサ球菌

    解説

  • 31

    細菌性髄膜炎の起因菌について、 新生児(~4ヶ月)では、B群レンサ球菌が最も多く、次いで(   )の順に多い。

    補足(例文と訳など)

    • グラム陰性桿菌

    答え

    • 大腸菌,インフルエンザ菌

    解説

  • 32

    細菌性髄膜炎の起因菌について、 乳幼児(4ヶ月~6歳)では、(   )が最も多く、次いで肺炎球菌,髄膜炎菌の順に多い。

    補足(例文と訳など)

    • グラム陰性桿菌

    答え

    • インフルエンザ菌

    解説

  • 33

    細菌性髄膜炎の起因菌について、 乳幼児(4ヶ月~6歳)では、インフルエンザ菌が最も多く、次いで(   )の順に多い。

    補足(例文と訳など)

    • 肺炎球菌:グラム陽性球菌 髄膜炎菌:グラム陰性球菌

    答え

    • 肺炎球菌,髄膜炎菌

    解説

  • 34

    細菌性髄膜炎の起因菌について、 小児~成人(6~50歳)では、(   )が最も多く、次いでインフルエンザ菌,髄膜炎菌の順に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺炎球菌

    解説

  • 35

    細菌性髄膜炎の起因菌について、 小児~成人(6~50歳)では、肺炎球菌が最も多く、次いで(   )の順に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インフルエンザ菌,髄膜炎菌

    解説

  • 36

    細菌性髄膜炎の起因菌について、 壮年~老年(50歳~)では、(   )が最も多く、次いで黄色ブドウ球菌,大腸菌の順に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺炎球菌

    解説

  • 37

    細菌性髄膜炎の起因菌について、 壮年~老年(50歳~)では、肺炎球菌が最も多く、次いで(   )の順に多い。

    補足(例文と訳など)

    • 黄色ブドウ球菌:グラム陽性球菌

    答え

    • 黄色ブドウ球菌,大腸菌

    解説

  • 38

    真菌性髄膜炎の起因菌について、 (   )が最も多く、その他にカンジダ,アスペルギルス,ムーコルなどがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クリプトコックス

    解説

  • 39

    真菌性髄膜炎の起因菌について、 クリプトコックスが最も多く、その他に(   )などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カンジダ,アスペルギルス,ムーコル

    解説

  • 40

    無菌性髄膜炎の大半がウイルス性であり、原因ウイルスは、(   )が最も多く(約80%)、次いでムンプスウイルス(10%),単純ヘルペスウイルス1,2型の順に多い。

    補足(例文と訳など)

    • コクサッキーウイルスA・B群,エコーウイルス,エンテロウイルス70,71  随伴症状:胃腸症状,発疹

    答え

    • エンテロウイルス属

    解説

  • 41

    無菌性髄膜炎の大半がウイルス性であり、原因ウイルスは、エンテロウイルス属が最も多く(約80%)、次いで(   )の順に多い。

    補足(例文と訳など)

    • ムンプスウイルス:耳下腺腫脹,10%  単純ペルペスウイルス:発疹,再発繰り返す

    答え

    • ムンプスウイルス,単純ヘルペスウイルス1,2型

    解説

  • 42

    透析導入の原因疾患では、(   )が最も多く、43.5%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • 1998年以降最多。

    答え

    • 糖尿病性腎症

    解説

  • 43

    透析導入の原因疾患では、(   )が2番目に多く、21.2%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • 1997年以前は最多。 維持透析患者数は、未だに1位(37.6%)

    答え

    • 慢性糸球体腎炎

    解説

  • 44

    透析導入の原因疾患では、(   )が3番目に多く、11.6%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • 高齢化に伴い近年増加傾向。

    答え

    • 腎硬化症(高血圧性腎症)

    解説

  • 45

    ネフローゼ症候群のうち、(   )は、小児の約80%、成人の約1/4を占める。

    補足(例文と訳など)

    • minimal change nephrotic syndrome

    答え

    • 微小変化型ネフローゼ症候群(MCNS)

    解説

  • 46

    (   )は、成人の一次性ネフローゼ症候群の約30%を占めるが、小児のネフローゼ症候群では少ない。

    補足(例文と訳など)

    • membranous nephropathy

    答え

    • 膜性腎症(MN)

    解説

  • 47

    一次性ネフローゼ症候群のうち、(   )が最多で、38.7%を占める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 微小変化型ネフローゼ症候群

    解説

  • 48

    一次性ネフローゼ症候群のうち、(   )が2番目に多く、37.8%を占める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膜性腎症

    解説

  • 49

    一次性ネフローゼ症候群のうち、(   )が3番目に多く、11.1%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • focal segmental glomerulosclerosis

    答え

    • 巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)

    解説

  • 50

    一次性ネフローゼ症候群のうち、(   )が4番目に多く、6.6%を占める。

    補足(例文と訳など)

    • membranoproliferative glomerulonephritis

    答え

    • 膜性増殖性糸球体腎炎(MPGN)

    解説

  • 51

    胎児期の水腎症(先天性水腎症)の原因では、(   )の狭窄が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎盂尿管移行部

    解説

56610

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ