zuknow learn together

新しい教材を作成

禁忌01

カード 10枚 作成者: k_ono (作成日: 2014/12/21)

  • 小児の(   )感染時に、アスピリンを投与するとReye症候群を引き起こすことがあるので禁忌である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

薬や検査,手技の禁忌

<参考文献>
2015 QB_CBT 
病気がみえる 

医学/医療/CBT

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    小児の(   )感染時に、アスピリンを投与するとReye症候群を引き起こすことがあるので禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インフルエンザ

    解説

  • 2

    小児のインフルエンザ感染時に、(   )を投与するとReye症候群を引き起こすことがあるので禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アスピリン

    解説

  • 3

    小児のインフルエンザ感染時に、アスピリンを投与すると(   )を引き起こすことがあるので禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Reye症候群

    解説

  • 4

    急性期の心筋梗塞では、(   )試験は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動負荷

    解説

  • 5

    急性期の(   )では、運動負荷試験は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心筋梗塞

    解説

  • 6

    冠攣縮性狭心症に(   )薬は、攣縮を誘発する危険性があるので禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • β遮断

    解説

  • 7

    (   )狭心症にβ遮断薬は、攣縮を誘発危する険性があるので禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冠攣縮性

    解説

  • 8

    不安定狭心症は、絶対安静が基本であり、(   )は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動負荷試験

    解説

  • 9

    (   )狭心症は、絶対安静が基本であり、運動負荷試験は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不安定

    解説

  • 10

    Eisenmenger症候群は予後不良であり、(   )に耐えられないため、原疾患(VSD,ASD,PDAなど)の(   )は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    • 特発性肺動脈性肺高血圧(IPAH)に対するプロスタサイクリン(PGI2)誘導体,PDE-5阻害薬,エンドセリン受容体拮抗薬などの内服薬の投与を行うことがある。

    答え

    • 手術

    解説

56806

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ