zuknow learn together

新しい教材を作成

≪心理学用語辞典≫な行

カード 8枚 作成者: コバ (作成日: 2013/12/17)

  • 内因 endogenous origin

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    内因 endogenous origin

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  精神疾患の病因は内因、外因および心理的要因(心因)に大別される。 内因とは個人のもっている素因や脆弱性のこと。外因は身体や脳機能に作用する物質や脳・身体自身の器質的疾患過程のこと。心理的要因は環境要因や環境要因からくるストレスなどのこと。

    解説

  • 2

    日常いらだち事 daily hassless

    補足(例文と訳など)

    答え

    •   ライフイベントのような人生の中の大きな出来事ではなく、日常生活の中で頻繁に繰り返し経験される、ストレスとなるような出来事。

    解説

  • 3

    ネオテニー neoteny

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  いまだ幼形にある個体が生殖活動を行うこと。今日では近縁の複数の種間で、一方の種では幼形 である段階の形質が、他種では発達の完了段階であるにもかかわらず、なお保持されている場合の後者のことを意味することが多い。具体的に説明すると、 人間は成人しても新生児期の特徴を保っている。人間の新生児とチンパンジーの新生児は似た特徴を持つが、チンパンジーが成長するにつれて 毛が濃くなっていったり、アゴが発達したりするのに比べて、人間は体は大きくなるが新生児期の特徴を残して発達する。ネオテニー化することによって 臨界期を長く取り、多くのことを吸収できるようになったため、人間が他の動物に比べてすばらしい進歩を遂げたのではないかと言われている。

    解説

  • 4

    内言/外言 inner speech/outer speech

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  ヴィゴツキーは人間の発話レベルを内言と外言の2つに分けた。内言は音声を伴わない自分自身の思考の道具としての内的言語であり、一方、外言は他人に向かってもちいられる通常の音声を伴う音声言語であり、主として伝達の道具としての社会的言語である。 したがって外言は、文法的整合性や意味内容に関してつねに相手に伝えるための配慮がなされているのに対して、 内言では文章の圧縮・省略が多く、その内容を第三者が理解できないことが多い。

    解説

  • 5

    ’喉まで出かかる’現象 tip-of-the-tongue phenomenon;TOT phenomenon

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  思い出せそうで、なかなか思い出すことのできない、どうしても思い出せない現象。

    解説

  • 6

    内在化 internalization

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  社会的規範や価値など外界のものを、自分のなかに取りこんで、自分自身がそれに合った規範や価値を身につけるように変化していく過程。規範を内在化することを社会化ともいう。

    解説

  • 7

    ネオフォビア neophobia

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  新奇恐怖。慣れていない新奇な刺激に触れたとき、それを避けようとすること。

    解説

  • 8

    ナルコレプシー narcolepsy

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  睡眠異常に分類される睡眠障害の1種。 ジェノリー症候群とも呼ばれる。ナルコは”麻痺・脱力”、レプシーは”発作”の意味。昼間の激しい眠気、情動刺激によって誘発される急激な筋緊張の消失(カタプレキシー cataplexis)、入眠時の幻覚、金縛りのような睡眠麻痺が4主兆候。睡眠発作は、少なくとも3ケ月以上持続することが、鑑別の基準 となっている。発生率は1万人に3~6人ほどといわれるが、日本人の発症率は高いと言われ、1000人に1人とも言われる。。

    解説

56989

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ