zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 45

カード 11枚 作成者: kazu (作成日: 2013/10/26)

  • 国土交通大臣に宅地建物取引業を営む旨の届出をしている信託業法第3条の免許を受けた信託会社は、宅地建物取引業の業務に関し取引の関係者に損害を与えたときは、指示処分を受けることがある

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

監督処分と罰則に関する○×問題!!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    国土交通大臣に宅地建物取引業を営む旨の届出をしている信託業法第3条の免許を受けた信託会社は、宅地建物取引業の業務に関し取引の関係者に損害を与えたときは、指示処分を受けることがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    国土交通大臣は、宅地建物取引業者A(甲県知事免許)に対し宅地建物取引業の適正な運営を確保し、又は健全な発達を図るため必要な指導、助言及び勧告をすることはあっても、Aの免許を取り消すことはできない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    「国土交通大臣は、すべての取引主任者に対して、都道府県知事は、その登録を受けている取引主任者及び当該都道府県の区域内でその事務を行う取引主任者に対して、取引主任者の事務に関し必要があると認めるときは、その事務につき必要な報告を求めることができるが、当該取引主任者が求められた報告をせず、又は虚偽の報告をしたとき、50万円以下の罰金に処せられる。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    甲県知事の登録を受けて、宅地建物取引業者Aの事務所aで専任の取引主任者として従事しているBが違法行為をした。BがCにBの名義の使用を許し、CがBの名義をしようして取引主任者である旨の表示をした場合において、その情状が特に重いときは、甲県知事は、Bの登録を削除しなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    宅地建物取引業者Aが、宅地建物取引業の業務に関して、建築基準法の規定に違反して罰金に処せられた場合、これをもって業務停止処分を受けることはない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 宅建業に関し宅建業法以外の法律に違反し、業者として不適当と認められときは、業務停止処分を受けることがある

    解説

  • 6

    都道府県知事は、その登録を受けている取引主任者が他人に自己の名義の使用を許し、その他人がその名義をしようして取引主任者に対し、必要な指示をすることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    「国土交通大臣は、すべての宅地建物取引業者に対して、都道府県知事は、当該都道府県の区域内で宅地建物取引業を営む宅地建物取引業者に対して、宅地建物取引業の適正な運営を確保し、又は宅地建物取引業の健全な発達を図るため必要な指導、助言及び勧告をすることができる。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    宅地建物取引業者は、販売する宅地または建物の広告に著しく事実に相違する表示をした場合、監督処分の対象となるほか、6月以下の懲役又は100万円以下の罰金を処せられることがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    「国土交通大臣は、すべての宅地建物取引業者に対して、都道府県知事は、当該都道府県の区域内で宅地建物取引業を営む宅地建物取引業者に対して、宅地建物取引業の適正な運営を確保するため必要あると認めるときは、その業務について必要な報告を求め、又はその職員に事務所その他の業務場所に立ち入り、帳簿、書類その他業務に関係のある物件を検査させることができる。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    甲県知事の登録を受けて、宅地建物取引業者Aの事務所aで専任の取引主任者として従事しているBが、不正の手段により甲県地位の登録を受けたときは、宅地建物取引業法に違反し、罰金の刑に処せられることがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 不正手段で取引主任者登録を受けることは、確かに業法に違反する。しかし、その場合には、登録削除処分を受けるだけであり、懲役も罰金も過料もない。

    解説

  • 11

    法人である宅地建物取引業者A(甲県知事免許)が乙県内で行う建物の売買に関し、取引の関係者に損害を与えるおそれが大であるときは、Aは、甲県知事から指示処分を受けることはあるが、乙県知事から指示処分を受けることはない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 免許権者(甲県知事)を現地の知事(乙県知事)も指示処分をすることができる

    解説

57021

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ