zuknow learn together

新しい教材を作成

消化器系作用薬

カード 14枚 作成者: ハッシー (作成日: 2013/12/16)

  • H2ヒスタミン受容体拮抗薬は(①)症候群の治療薬であり、例としてシメチジンの他に(②)や(③)などがある。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    H2ヒスタミン受容体拮抗薬は(①)症候群の治療薬であり、例としてシメチジンの他に(②)や(③)などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①Zollinger-Ellison症候群②③ラニチジン、ファモチジン

    解説

  • 2

    アミノグリコシド系抗生物質である(①)は腸内のアンモニア産生菌のタンパク合成を阻害するため、(②)の治療に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①カナマイシン②肝性脳症(=肝性昏睡)

    解説

  • 3

    (①)は肝機能障害(慢性肝炎、アレルギー性疾患など)の治療薬であり、副作用は(②)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①グリチルリチン②低カリウム血症(∵アルドステロン様作用による)

    解説

  • 4

    (①)はコレステロール結石の治療薬(胆石融解薬)であり、副作用は(②)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ケノデオキシコール酸②肝障害

    解説

  • 5

    胃・十二指腸潰瘍の治療薬を5つ挙げよ。(ラニチジン、ファモチジンの他に)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①シメチジン②プロトンポンプ阻害薬③水酸化アルミニウム④セクレチン⑤メトクロプラミド

    解説

  • 6

    劇症肝炎の合併症としての肝性脳症(=肝性昏睡)の治療薬(法)を4つ挙げよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ラクツロース②カナマイシン③分岐鎖アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)④低蛋白食

    解説

  • 7

    プロトンポンプ阻害薬は(①)の治療薬である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①胃・十二指腸潰瘍

    解説

  • 8

    水酸化アルミニウムは(①)の治療薬である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①胃・十二指腸潰瘍

    解説

  • 9

    カルシウム拮抗薬は、(①)を拡張するため、(②)の治療薬として使用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①下部食道(括約筋)②食道アカラシア

    解説

  • 10

    Wilson病〈(①)〉の第一選択薬は(②)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①肝レンズ核変性症②D-ペニシラミン

    解説

  • 11

    分岐鎖アミノ酸は劇症肝炎の合併症としての(①)の治療薬である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①肝性脳症(=肝性昏睡)

    解説

  • 12

    低蛋白食は(①)の治療に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①肝性脳症(=肝性昏睡)

    解説

  • 13

    劇症肝炎の合併症としての脳浮腫の治療薬には(①)がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①副腎皮質ステロイド薬

    解説

  • 14

    胃・十二指腸の治療薬で、ヒスタミン受容体(H2受容体)遮断薬を挙げよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シメチジン

    解説

56804

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ