zuknow learn together

新しい教材を作成

内分泌・代謝作用薬○×クイズ

カード 32枚 作成者: ハッシー (作成日: 2013/12/16)

  • 更年期障害はゴナドトロピン製剤の投与が適応となる。(○or×)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    更年期障害はゴナドトロピン製剤の投与が適応となる。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 血中ゴナドトロピンはすでに高値。

    解説

  • 2

    子宮内膜症の治療薬を3つ挙げよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ?¬ムᅠプロゲステロン②ダナゾール③LH-RHアナログ

    解説

  • 3

    プロゲステロンは陣痛誘発剤として適当である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 4

    プロラクチンの分泌は妊娠中に増加して産褥期にピークとなる。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 5

    プロラクチンは陣痛誘発薬として適当である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    頚管粘液量過少にはクロミフェンが適応となる。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 7

    クロミフェンは子宮内膜症の治療薬である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 8

    更年期障害の治療薬としてコルチゾンがある。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 9

    チロキシンは性管分化の誘導に最も関与する。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 10

    チロキシンは骨軟化症をきたす。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 11

    チロキシンは乳汁漏出をきたす。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 12

    チロキシンは無顆粒球症をきたす。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 13

    プロゲステロンは血清総コレステロール値を低下させる。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × エストロゲン、蛋白同化ステロイド、チロキシンの作用。

    解説

  • 14

    コルチゾールは血清総コレステロール値を低下させる。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × エストロゲン、蛋白同化ステロイド、チロキシンの作用。

    解説

  • 15

    グルカゴンは閉経後骨粗鬆症の治療薬である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × カルシトニンが用いられる。

    解説

  • 16

    ダナゾールは続発性無月経の治療薬である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ゴナドトロピン、プロゲステロン。

    解説

  • 17

    アンピシリンは子宮内膜症の治療薬である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ダナゾールを用いる。

    解説

  • 18

    チロキシンは閉経後骨粗鬆症の治療薬である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × チロキシンはT4製剤。

    解説

  • 19

    コルチゾールは性管分化の誘導に最も関与する。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × テストステロン。

    解説

  • 20

    エストリオールは続発性無月経の治療薬である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × プロゲステロン

    解説

  • 21

    蛋白同化ステロイドは肝細胞障害型の肝障害をきたす。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 胆汁うっ滞型。

    解説

  • 22

    インドメタシンは微弱陣痛の治療薬として適切である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 妊娠末期のNSAIDsは禁忌!

    解説

  • 23

    排卵障害はゴナドトロピン製剤の投与が適応となる。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    エストロゲンは血清総コレステロール値を低下させる。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    プロスタグランジンF2αは陣痛誘発作用がある。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    プロゲステロンは続発性無月経の治療薬である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    子宮内膜症はプロゲステロン投与の適応となる。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    ダナゾールは子宮内膜症の治療薬である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    蛋白同化ステロイドは血清総コレステロール値を低下に導く。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    チロキシンは血清総コレステロール値を低下に導く。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    蛋白同化ステロイドは肝機能障害をきたす。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    メチルテストステロンは胆汁うっ滞をきたす。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 〇 (エストロゲンの働きを抑制。エストロゲン依存性の女性がんに有効)

    解説

56641

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ