zuknow learn together

新しい教材を作成

末梢神経作用薬

カード 119枚 作成者: ハッシー (作成日: 2013/12/16)

  • 気道分泌の抑制のために(①)を麻酔前投薬に使用する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    気道分泌の抑制のために(①)を麻酔前投薬に使用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アトロピン

    解説

  • 2

    有機リン酸中毒には、ムスカリン受容体遮断薬(抗コリン薬)である(①)と、コリンエステラーゼ再活性化する(②)を併用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アトロピン②プラリドキシム

    解説

  • 3

    房室ブロックには(①)を投与して(②)作用を抑制することが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "①アトロピン②迷走神経

    解説

  • 4

    ∵抗コリン作用による迷走神経作用の抑制により、相対的交感神経優位とする。"カーバメイト剤中毒には(①)の投与が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "①アトロピン有機リン農薬に類似。"

    解説

  • 5

    サクシニルコリンにより血清(①)値が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①カリウム

    解説

  • 6

    有機リン農薬やサリンは、(①)を(②可逆的 or 非可逆的)に阻害するため、コリン作動性シナプス障害をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "①コリンエステラーゼ②非可逆的"

    解説

  • 7

    非脱分極性筋弛緩薬の作用を増強させるものを3つ挙げよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "①ジアゼパム②腎不全③低カリウム血症"

    解説

  • 8

    (①)は偽性コリンエステラーゼによって急速に加水分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン)

    解説

  • 9

    悪性高熱には(①)は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン)

    解説

  • 10

    異型コリンエステラーゼ症には(①)は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン)

    解説

  • 11

    脱分極性筋弛緩薬である(①)は、副作用として作用開始時に(②)を認める。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "①スキサメトニウム(サクシニルコリン)②線維束性攣(れん)縮(fasciculation)"

    解説

  • 12

    筋弛緩薬である(①)は、受傷後1か月の広範囲熱傷患者の麻酔時に用いてはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "①スキサメトニウム(サクシニルコリン)スキサメトニウムの副作用は高カリウム血症。広範囲熱傷は血中カリウムが増加する病態のため、スキサメトニウムの使用は禁忌。"

    解説

  • 13

    悪性高熱の患者には(①)を用意しておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ダントロレン

    解説

  • 14

    (①)は非脱分極性筋弛緩薬の作用を減弱させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ネオスチグミン

    解説

  • 15

    サクシニルコリンの筋弛緩作用は(①)によって減弱する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ネオスチグミン

    解説

  • 16

    非脱分極性筋弛緩薬を2つ挙げよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "①パンクロニウム②ロクロニウム"

    解説

  • 17

    サクシニルコリンは肝臓や血漿中の(①)によって分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①偽性コリンエステラーゼ

    解説

  • 18

    サクシニルコリンは主に(①)で分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①血漿中

    解説

  • 19

    虹彩毛様体炎の治療には(①)目的で(②)を使う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "①散瞳②アトロピン"

    解説

  • 20

    抗コリンエステラーゼ薬のエドロホニウムは(①)症の(②)に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "①重症筋無力症②診断"

    解説

  • 21

    スキサメトニウム(サクシニルコリン)の副作用を挙げよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "①線維束性れん縮②眼圧上昇(緑内障)③悪性高熱④高カリウム血症"

    解説

  • 22

    サクシニルコリンは(①)性筋弛緩薬である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①脱分極性

    解説

  • 23

    (①)性筋弛緩薬である(②)は、副作用として眼圧を上昇させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "①脱分極性②スキサメトニウム(サクシニルコリン)"

    解説

  • 24

    サクシニルコリンは(①)により作用時間が延長する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①低体温

    解説

  • 25

    ジアゼパムは(①)性筋弛緩薬の作用を増強させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①非脱分極性

    解説

  • 26

    低カリウム血症は(①)性筋弛緩薬の作用を増強させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①非脱分極性

    解説

  • 27

    (①)性筋弛緩薬は、アミノグリコシド系抗生物質で作用が増強される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "①非脱分極性(アミノグリコシドは運動終末からのアセチルコリン遊離を抑制するので、パンクロニウムの作用を増強する。)"

    解説

  • 28

    腎不全は(①)性筋弛緩薬の作用を増強させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "①非脱分極性(禁忌)"

    解説

  • 29

    "虹彩毛様体炎の治療薬を1つ挙げよ。 また、禁忌薬を1つ挙げよ。"

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "治療薬:アトロピン(散瞳目的)

    解説

  • 30

    また、禁忌薬を1つ挙げよ。"

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "治療薬:アトロピン(散瞳目的) 禁忌薬:ネオスチグミン(抗コリンエステラーゼ薬)"

    解説

  • 31

    (①)は重症筋無力症の診断に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①エドロホニウム

    解説

  • 32

    気道分泌の抑制のために(①)を麻酔前投薬に使用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アトロピン

    解説

  • 33

    有機リン酸中毒には、ムスカリン受容体遮断薬(抗コリン薬)である(①)と、コリンエステラーゼ再活性化する(②)を併用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アトロピン②プラリドキシム

    解説

  • 34

    房室ブロックには(①)を投与して(②)作用を抑制することが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アトロピン②迷走神経∵抗コリン作用による迷走神経作用の抑制により、相対的交感神経優位とする。

    解説

  • 35

    カーバメイト剤中毒には(①)の投与が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アトロピン 有機リン農薬に類似。

    解説

  • 36

    サクシニルコリンにより血清(①)値が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①カリウム

    解説

  • 37

    有機リン農薬やサリンは、(①)を(②可逆的 or 非可逆的)に阻害するため、コリン作動性シナプス障害をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①コリンエステラーゼ②非可逆的

    解説

  • 38

    非脱分極性筋弛緩薬の作用を増強させるものを3つ挙げよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ジアゼパム②腎不全③低カリウム血症

    解説

  • 39

    (①)は偽性コリンエステラーゼによって急速に加水分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン)

    解説

  • 40

    悪性高熱には(①)は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン)

    解説

  • 41

    異型コリンエステラーゼ症には(①)は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン)

    解説

  • 42

    脱分極性筋弛緩薬である(①)は、副作用として作用開始時に(②)を認める。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン)②線維束性攣(れん)縮(fasciculation)

    解説

  • 43

    筋弛緩薬である(①)は、受傷後1か月の広範囲熱傷患者の麻酔時に用いてはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン)スキサメトニウムの副作用は高カリウム血症。広範囲熱傷は血中カリウムが増加する病態のため、スキサメトニウムの使用は禁忌。

    解説

  • 44

    悪性高熱の患者には(①)を用意しておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ダントロレン

    解説

  • 45

    (①)は非脱分極性筋弛緩薬の作用を減弱させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ネオスチグミン

    解説

  • 46

    サクシニルコリンの筋弛緩作用は(①)によって減弱する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ネオスチグミン

    解説

  • 47

    非脱分極性筋弛緩薬を2つ挙げよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①パンクロニウム②ロクロニウム

    解説

  • 48

    サクシニルコリンは肝臓や血漿中の(①)によって分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①偽性コリンエステラーゼ

    解説

  • 49

    サクシニルコリンは主に(①)で分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①血漿中

    解説

  • 50

    虹彩毛様体炎の治療には(①)目的で(②)を使う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①散瞳②アトロピン

    解説

  • 51

    抗コリンエステラーゼ薬のエドロホニウムは(①)症の(②)に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①重症筋無力症②診断

    解説

  • 52

    スキサメトニウム(サクシニルコリン)の副作用を挙げよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①線維束性れん縮②眼圧上昇(緑内障)③悪性高熱④高カリウム血症

    解説

  • 53

    サクシニルコリンは(①)性筋弛緩薬である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①脱分極性

    解説

  • 54

    (①)性筋弛緩薬である(②)は、副作用として眼圧を上昇させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①脱分極性②スキサメトニウム(サクシニルコリン)

    解説

  • 55

    サクシニルコリンは(①)により作用時間が延長する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①低体温

    解説

  • 56

    ジアゼパムは(①)性筋弛緩薬の作用を増強させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①非脱分極性

    解説

  • 57

    低カリウム血症は(①)性筋弛緩薬の作用を増強させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①非脱分極性

    解説

  • 58

    (①)性筋弛緩薬は、アミノグリコシド系抗生物質で作用が増強される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①非脱分極性(アミノグリコシドは運動終末からのアセチルコリン遊離を抑制するので、パンクロニウムの作用を増強する。)

    解説

  • 59

    腎不全は(①)性筋弛緩薬の作用を増強させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①非脱分極性(禁忌)

    解説

  • 60

    "虹彩毛様体炎の治療薬を1つ挙げよ。 また、禁忌薬を1つ挙げよ。"

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 治療薬:アトロピン(散瞳目的) 禁忌薬:ネオスチグミン(抗コリンエステラーゼ薬)

    解説

  • 61

    (①)は重症筋無力症の診断に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①エドロホニウム

    解説

  • 62

    気道分泌の抑制のために(①)を麻酔前投薬に使用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アトロピン

    解説

  • 63

    有機リン酸中毒には、ムスカリン受容体遮断薬(抗コリン薬)である(①)と、コリンエステラーゼ再活性化する(②)を併用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アトロピン②プラリドキシム

    解説

  • 64

    房室ブロックには(①)を投与して(②)作用を抑制することが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アトロピン②迷走神経 ∵抗コリン作用による迷走神経作用の抑制により、相対的交感神経優位とする。

    解説

  • 65

    カーバメイト剤中毒には(①)の投与が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アトロピン 有機リン農薬に類似。

    解説

  • 66

    サクシニルコリンにより血清(①)値が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①カリウム

    解説

  • 67

    有機リン農薬やサリンは、(①)を(②可逆的 or 非可逆的)に阻害するため、コリン作動性シナプス障害をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①コリンエステラーゼ②非可逆的

    解説

  • 68

    非脱分極性筋弛緩薬の作用を増強させるものを3つ挙げよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ジアゼパム②腎不全③低カリウム血症

    解説

  • 69

    (①)は偽性コリンエステラーゼによって急速に加水分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン)

    解説

  • 70

    悪性高熱には(①)は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン)

    解説

  • 71

    異型コリンエステラーゼ症には(①)は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン)

    解説

  • 72

    脱分極性筋弛緩薬である(①)は、副作用として作用開始時に(②)を認める。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "①スキサメトニウム(サクシニルコリン)②線維束性攣(れん)縮(fasciculation)"

    解説

  • 73

    筋弛緩薬である(①)は、受傷後1か月の広範囲熱傷患者の麻酔時に用いてはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン) スキサメトニウムの副作用は高カリウム血症。広範囲熱傷は血中カリウムが増加する病態のため、スキサメトニウムの使用は禁忌。

    解説

  • 74

    悪性高熱の患者には(①)を用意しておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ダントロレン

    解説

  • 75

    (①)は非脱分極性筋弛緩薬の作用を減弱させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ネオスチグミン

    解説

  • 76

    サクシニルコリンの筋弛緩作用は(①)によって減弱する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ネオスチグミン

    解説

  • 77

    非脱分極性筋弛緩薬を2つ挙げよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①パンクロニウム②ロクロニウム

    解説

  • 78

    サクシニルコリンは肝臓や血漿中の(①)によって分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①偽性コリンエステラーゼ

    解説

  • 79

    サクシニルコリンは主に(①)で分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①血漿中

    解説

  • 80

    虹彩毛様体炎の治療には(①)目的で(②)を使う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①散瞳②アトロピン

    解説

  • 81

    抗コリンエステラーゼ薬のエドロホニウムは(①)症の(②)に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①重症筋無力症②診断

    解説

  • 82

    スキサメトニウム(サクシニルコリン)の副作用を挙げよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①線維束性れん縮②眼圧上昇(緑内障)③悪性高熱④高カリウム血症

    解説

  • 83

    サクシニルコリンは(①)性筋弛緩薬である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①脱分極性

    解説

  • 84

    (①)性筋弛緩薬である(②)は、副作用として眼圧を上昇させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①脱分極性②スキサメトニウム(サクシニルコリン)

    解説

  • 85

    サクシニルコリンは(①)により作用時間が延長する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①低体温

    解説

  • 86

    ジアゼパムは(①)性筋弛緩薬の作用を増強させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①非脱分極性

    解説

  • 87

    低カリウム血症は(①)性筋弛緩薬の作用を増強させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①非脱分極性

    解説

  • 88

    (①)性筋弛緩薬は、アミノグリコシド系抗生物質で作用が増強される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①非脱分極性(アミノグリコシドは運動終末からのアセチルコリン遊離を抑制するので、パンクロニウムの作用を増強する。)

    解説

  • 89

    腎不全は(①)性筋弛緩薬の作用を増強させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①非脱分極性(禁忌)

    解説

  • 90

    "虹彩毛様体炎の治療薬を1つ挙げよ。 また、禁忌薬を1つ挙げよ。"

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 治療薬:アトロピン(散瞳目的)禁忌薬:ネオスチグミン(抗コリンエステラーゼ薬)

    解説

  • 91

    (①)は重症筋無力症の診断に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①エドロホニウム

    解説

  • 92

    気道分泌の抑制のために(①)を麻酔前投薬に使用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アトロピン

    解説

  • 93

    有機リン酸中毒には、ムスカリン受容体遮断薬(抗コリン薬)である(①)と、コリンエステラーゼ再活性化する(②)を併用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アトロピン②プラリドキシム

    解説

  • 94

    房室ブロックには(①)を投与して(②)作用を抑制することが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アトロピン②迷走神経∵抗コリン作用による迷走神経作用の抑制により、相対的交感神経優位とする。

    解説

  • 95

    カーバメイト剤中毒には(①)の投与が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アトロピン 有機リン農薬に類似。

    解説

  • 96

    サクシニルコリンにより血清(①)値が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①カリウム

    解説

  • 97

    有機リン農薬やサリンは、(①)を(②可逆的 or 非可逆的)に阻害するため、コリン作動性シナプス障害をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①コリンエステラーゼ②非可逆的

    解説

  • 98

    非脱分極性筋弛緩薬の作用を増強させるものを3つ挙げよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ジアゼパム②腎不全③低カリウム血症

    解説

  • 99

    (①)は偽性コリンエステラーゼによって急速に加水分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン)

    解説

  • 100

    悪性高熱には(①)は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン)

    解説

  • 101

    異型コリンエステラーゼ症には(①)は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン)

    解説

  • 102

    脱分極性筋弛緩薬である(①)は、副作用として作用開始時に(②)を認める。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン)②線維束性攣(れん)縮(fasciculation)

    解説

  • 103

    筋弛緩薬である(①)は、受傷後1か月の広範囲熱傷患者の麻酔時に用いてはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①スキサメトニウム(サクシニルコリン) スキサメトニウムの副作用は高カリウム血症。広範囲熱傷は血中カリウムが増加する病態のため、スキサメトニウムの使用は禁忌。

    解説

  • 104

    悪性高熱の患者には(①)を用意しておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ダントロレン

    解説

  • 105

    (①)は非脱分極性筋弛緩薬の作用を減弱させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ネオスチグミン

    解説

  • 106

    サクシニルコリンの筋弛緩作用は(①)によって減弱する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ネオスチグミン

    解説

  • 107

    非脱分極性筋弛緩薬を2つ挙げよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①パンクロニウム②ロクロニウム

    解説

  • 108

    サクシニルコリンは肝臓や血漿中の(①)によって分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①偽性コリンエステラーゼ

    解説

  • 109

    サクシニルコリンは主に(①)で分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①血漿中

    解説

  • 110

    虹彩毛様体炎の治療には(①)目的で(②)を使う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①散瞳②アトロピン

    解説

  • 111

    抗コリンエステラーゼ薬のエドロホニウムは(①)症の(②)に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①重症筋無力症②診断

    解説

  • 112

    スキサメトニウム(サクシニルコリン)の副作用を挙げよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①線維束性れん縮②眼圧上昇(緑内障)③悪性高熱④高カリウム血症

    解説

  • 113

    サクシニルコリンは(①)性筋弛緩薬である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①脱分極性

    解説

  • 114

    (①)性筋弛緩薬である(②)は、副作用として眼圧を上昇させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①脱分極性②スキサメトニウム(サクシニルコリン)

    解説

  • 115

    サクシニルコリンは(①)により作用時間が延長する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①低体温

    解説

  • 116

    ジアゼパムは(①)性筋弛緩薬の作用を増強させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①非脱分極性

    解説

  • 117

    低カリウム血症は(①)性筋弛緩薬の作用を増強させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①非脱分極性

    解説

  • 118

    (①)性筋弛緩薬は、アミノグリコシド系抗生物質で作用が増強される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①非脱分極性(アミノグリコシドは運動終末からのアセチルコリン遊離を抑制するので、パンクロニウムの作用を増強する。)

    解説

  • 119

    腎不全は(①)性筋弛緩薬の作用を増強させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①非脱分極性(禁忌)

    解説

56942

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ