zuknow learn together

新しい教材を作成

末梢神経作用薬○×クイズ

カード 26枚 作成者: ハッシー (作成日: 2013/12/16)

  • アトロピンは洞性徐脈の治療薬である。(○or×)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    アトロピンは洞性徐脈の治療薬である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    副交感神経反射の予防はアトロピンを麻酔前投薬に使用する目的として正しい。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    アトロピンは記銘障害をきたす。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    パンクロニウムは重症筋無力症患者では筋弛緩作用が増強する。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    パンクロニウムは追加投与により蓄積作用を示す。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    サクシニルコリンは悪性高熱の要因となる。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    サクシニルコリンは低体温で作用が増強する。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    緑内障の患者にはスキサメトニウム(サクシニルコリン)は禁忌である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    サクシニルコリンは尿毒症患者に対しては禁忌である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    有機塩素剤中毒にはアトロピンの投与が有効である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 11

    重力筋無力症患者にはサクシニルコリンは禁忌である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 12

    パラコート中毒にはアトロピンの投与が有効である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × アセチルコリンとは無関係。

    解説

  • 13

    ピロカルピンは虹彩毛様体炎の治療に使う。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × アトロピンなどの散瞳薬を使う。

    解説

  • 14

    異型コリンエステラーゼ症にはロクロニウムは禁忌である。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ロクロニウムは非脱分極性筋弛緩薬。

    解説

  • 15

    パンクロニウムは眼圧を上昇させる。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 眼圧を上昇させるのは脱分極性筋弛緩薬。

    解説

  • 16

    非脱分極性筋弛緩薬には筋線維束性攣縮がみられる。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 脱分極性筋弛緩薬にみられる。

    解説

  • 17

    疼痛閾値の上昇はアトロピンを麻酔前投薬に使用する目的として正しい。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 無関係。

    解説

  • 18

    鎮静はアトロピンを麻酔前投薬に使用する目的として正しい。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 無関係。

    解説

  • 19

    基礎代謝の抑制はアトロピンを麻酔前投薬に使用する目的として正しい。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 無関係。

    解説

  • 20

    悪性高熱の患者には抗コリンエステラーゼ薬を用意しておく。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 無関係。

    解説

  • 21

    緑内障の治療薬には散瞳薬を用いる。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×禁忌

    解説

  • 22

    パンクロニウムは抗コリンエステラーゼ薬に拮抗する。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 〇 アセチルコリンが増加。

    解説

  • 23

    スキサメトニウムには筋線維束性攣縮が認められる。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 〇 サクシニルコリンのこと。

    解説

  • 24

    サクシニルコリンは筋線維束性攣縮を起こす。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 〇 スキサメトニウムのこと。

    解説

  • 25

    緑内障の治療薬には縮瞳薬を用いる。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 〇 抗コリンエステラーゼ薬、ムスカリン受容体アゴニストが縮瞳薬である。

    解説

  • 26

    サクシニルコリンは神経筋接合部に作用する。(○or×)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 〇 脱分極性筋弛緩薬である。

    解説

56653

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ