zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 43

カード 5枚 作成者: kazu (作成日: 2013/10/26)

  • 宅地建物取引業者が、マンション(区分所有建物)の賃借の媒介に際して行う重要事項説明に関して、私道に関する負担に関する事項を説明しなかった

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

区分所有建物に関する○×もんだい!!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    宅地建物取引業者が、マンション(区分所有建物)の賃借の媒介に際して行う重要事項説明に関して、私道に関する負担に関する事項を説明しなかった

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    マンションの分譲に際して、建物の計画的な維持修繕のための費用の積み立てを行う旨の規約の定めがある場合、宅地建物取引業者Aは、その内容を説明すれば足り、すでに積み立てられている額については説明する必要はない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 建物の維持修繕のための積立金については、積立金ついての規約内容と、既に積み立てられている金額を説明しなければならない

    解説

  • 3

    宅地建物取引業者が、マンションの1戸の賃貸借の媒介を行うに際し、重要事項説明に行った。この場合、建物の区分所有等に関する法律に規定する専有部分の用途その他の利用の制限に関する規約の定め(その案を含む)がなかったので、そのことについては説明しなかった

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    宅地建物取引業者Aが、マンションの分譲に際して行う重要事項説明に関して、当該マンションの建物またはその敷地の一部を特定の者にのみ使用を許す旨の規約の定めがある場合、Aは、その内容だけでなく、その使用者の氏名及び住所について説明しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 専用規約(建物または敷地の一部を特定のものにだけに使用させる規約のこと。たとえば1回の前庭など)は、その内容を説明すればOK.使用者の氏名と住所は説明する必要はない

    解説

  • 5

    宅地建物取引業者Aが、マンションの分譲に際して行う重要事項説明に関して、当該マンションの建物の計画的な維持修繕のための費用を特定の者にのみ減免する旨の規約の定めがある場合、Aは、買主が当該減免対象者であるか否かにかかわらず、その内容を説明しなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56665

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ