zuknow learn together

新しい教材を作成

体温調節の生理学

カード 13枚 作成者: ミッチー (作成日: 2013/12/16)

  • 体温調節の意義は?

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    体温調節の意義は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生体で働く酵素には至適温度があるため、体温をその温度に留めることが重要

    解説

  • 2

    非ふるえ熱産生とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 褐色脂肪組織の燃焼による発熱。低温環境で交感神経が亢進すると、褐色脂肪組織が分解され熱に変換される。新生児で重要。

    解説

  • 3

    基礎代謝の維持に重要なホルモンは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 甲状腺ホルモン。甲状腺機能亢進症では体温も上昇する。

    解説

  • 4

    体温調節中枢とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視床下部に体温調節中枢があり、温度感受性ニューロンが存在する。セットポイントとなる温度から上下すると自律神経系、内分泌系、体性神経系を通じて熱産生機構を調節する。

    解説

  • 5

    熱射病とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重い熱中症のことである。高温環境による生理機能の障害を表し、発汗が阻害されると体温がどんどん上昇する。表面のみを冷却してしまうと皮膚の血管が収縮し、かえって熱放散が妨げられてしまう。体内から冷却することが重要である。

    解説

  • 6

    伝導とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 摂食する物体同士で、高温物質から低温物質へと熱が移動する現象。

    解説

  • 7

    輻射とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体表面から余剰の熱が赤外線として放射されること。安静時の熱放散の過半数を担う。

    解説

  • 8

    基礎代謝とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代謝などのエネルギー変換の際に副次的に産生する熱のこと。

    解説

  • 9

    エクリン腺とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 熱放散の機構であり、アセチルコリン作動性の交感神経線維の支配を受けている。

    解説

  • 10

    体温異常の種類は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発熱と高体温がある。前者はプロスタグランジンによるセットポイントの上昇で、後者は熱放散機構が最大に機能しても熱を逃がせない状態。解熱剤はプロスタグランジンの阻害薬なので前者にしか効果がない。

    解説

  • 11

    熱放散の調節機構とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皮膚の血管拡張により表面に運ばれる熱が増加し、輻射、伝導、対流が促進される。また、発汗による気化熱もある。

    解説

  • 12

    甲状腺機能亢進症/低下症の例は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 亢進症は甲状腺クリーゼ、低下症は粘液水腫昏睡。どちらも意識障害を伴い、体温が上下するのが特徴。

    解説

  • 13

    熱放散機構の種類は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 輻射、伝導、対流、蒸発

    解説

56793

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ