zuknow learn together

新しい教材を作成

感覚生理学

カード 70枚 作成者: ミッチー (作成日: 2013/12/16)

  • 光子による桿体の活性化とは

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    光子による桿体の活性化とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 11-シスーレチナールが光子によって全トランスレチナールに異性化し、それによってロドプシンが活性化され、三両隊Gタンパク質のトランスデューシンが活性化される。

    解説

  • 2

    ロドプシンとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オプシンという七回膜貫通型タンパク質に11-シスーレチナールを結合したもの。

    解説

  • 3

    耳小骨とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨の総称

    解説

  • 4

    受容器の脱分極の特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニューロンとは異なり、活動電位が刺激に比例して大きくなる。情報がアナログのまま伝わる。

    解説

  • 5

    夜盲症とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンAが不足するとレチナールが欠乏。桿体の光受容に障害が生じることで暗所でものが見えなくなる。

    解説

  • 6

    機械受容器とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 圧や変形を受容sる宇。Meissner受容器、Merkel細胞、Pacini小体、Ruffini終末など。また毛根の毛包受容器や感覚神経自由末端も該当。

    解説

  • 7

    桿体の興奮に必要な刺激

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一つの光子で充分である。

    解説

  • 8

    嗅物質受容体の特徴とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一つの受容体が複数の物質と結合でき、数百程度しかないと考えられている。

    解説

  • 9

    順応の遅い受容器二つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 温痛覚受容器、筋紡錘

    解説

  • 10

    温度受容器とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 温度受容に特化した感覚細胞は存在しない。感覚神経自由末端が温度受容器として機能している。

    解説

  • 11

    伝音のプロセスとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 音波を耳介で集める。外耳道を伝わり鼓膜が振動。内側の耳小骨三つが振動し、蝸牛卵円窓に伝わる。蝸牛管を伝播し、基底膜を動かす。有毛細胞の感覚毛が振動すると興奮し、聴神経ニューロンに対して神経伝達物質を放出し、活動電位が発生。これが中枢神経系に伝達し、視床の内側膝状体を中継して大脳皮質に送られる。聴覚野は側頭葉に存在する。

    解説

  • 12

    難聴の種類は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外耳〜中耳に異常がある伝音難聴と、その後の神経伝達が障害される感音難聴がある。

    解説

  • 13

    眼球へ光が入る経路は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 角膜、水晶体、硝子体を通過して網膜に到達する。

    解説

  • 14

    Fechnerの法則とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感覚の強さE=a logS(刺激の強さ) + b これはWeberの法則を微分方程式として解いた一般解である。

    解説

  • 15

    弁別閾とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感覚の強さが変化したとき、それを感知するのに必要な最小限の刺激強度差のこと。

    解説

  • 16

    適刺激とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感覚を受容するニューロンが受容できる固有の刺激のこと。

    解説

  • 17

    受容器の構造による4分類は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感覚線維の終末そのもの。感覚線維の終末が特殊構造を形成したもの

    解説

  • 18

    水晶体の機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眼球のレンズ機能を担う部分。毛様筋が収縮し、Zinn小帯が弛緩することでレンズが厚くなる。

    解説

  • 19

    網膜上の層分け

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眼球内側から神経節細胞、連絡神経細胞、視細胞

    解説

  • 20

    表在性受容器の分類は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機械受容器、温度受容器、侵害受容器の三つ。

    解説

  • 21

    適刺激の例外は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強い電流のような刺激でもたいていの受容器は興奮する。

    解説

  • 22

    内受容器の分類は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋肉腱関節迷路にある固有受容器と、血管内臓に存在する内蔵受容器に分かれる。内蔵受容器からの入力は自律神経系を通る。

    解説

  • 23

    深部受容器を三種

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋紡錘、Golgi腱器官、関節受容器

    解説

  • 24

    固有の受容細胞が存在するとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 固有の受容細胞が感覚線維とシナプスを形成。視細胞、味細胞、有毛細胞、皮膚のMerkel細胞など。

    解説

  • 25

    中耳とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鼓膜、耳小骨、蝸牛卵円窓までの部分を指す。耳管で咽頭と交通し、内圧を調整している。

    解説

  • 26

    体性感覚の共通経路は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最終的に視床で中継され、大脳皮質に送られる。

    解説

  • 27

    感覚線維の終末そのものが受容器となる、とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞体の両端から突起を出す双極ニューロンが多い。侵害・機械受容器。

    解説

  • 28

    順応の遅い受容器とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刺激が加わっている間は持続的に受容器電位を発生するもの。

    解説

  • 29

    外受容器の分類は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刺激との距離により接触性受容器と遠隔受容器に分かれる

    解説

  • 30

    順応の早い受容器とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刺激の時間変化に反応して受容器電位を発生するもの。聴覚とか。

    解説

  • 31

    複雑型細胞とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視覚野ニューロンのうち、特定方向の運動にのみ反応するニューロン。この性質は、物質の運動方向を捉えるのに用いられる。

    解説

  • 32

    単純型細胞とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視覚野ニューロンのうち、特定方向の光刺激にのみ反応するニューロン。この性質は、物質の方向性を捉えるのに用いられる。

    解説

  • 33

    子どもに中耳炎の多い理由は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 耳管が短いため。

    解説

  • 34

    Pacini小体とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 触覚の受容器で順応が早い。これは時間変化が重要

    解説

  • 35

    C線維とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 侵害受容器のうち、機械的侵害に加えて熱や化学的刺激も受容する侵害線維。無髄で伝導が遅い。

    解説

  • 36

    Aδ線維とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 侵害受容器のうち、機械的侵害のみを受容する神経線維は有髄で伝導も早いもの。

    解説

  • 37

    連絡神経細胞の種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水平細胞、双曲細胞、アマクリン細胞

    解説

  • 38

    温痛覚の伝導経路は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脊髄後根→対局の前・側索を上行

    解説

  • 39

    触覚、圧覚、振動覚、関節位置覚の伝導経路は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脊髄後根→同側の後索を上行→延髄で対側に交差。

    解説

  • 40

    侵害受容器とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織損傷を伴う刺激を受容。これも自由末端。さ

    解説

  • 41

    内臓感覚の分類二つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 臓器感覚(空腹感、口渇感、悪心、便意、尿意など)と、内臓痛覚(内臓に対する侵害刺激)

    解説

  • 42

    ポリモーダルとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多数の刺激や感覚の種類に対応する、という意味

    解説

  • 43

    視覚情報処理の三システムについて

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大脳皮質にて。物体の形態、物体の色、物体の動きや位置や空間配置。

    解説

  • 44

    有毛細胞とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 聴覚受容細胞で、基底膜の上に乗っている。感覚毛と呼ばれる微絨毛を持っており、その先端は蓋膜と呼ばれる膜に固定されている。更に聴神経のニューロンとシナプスを形成している。

    解説

  • 45

    体性感覚の分類五つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 痛覚、温度覚、触覚&圧覚、振動覚、関節位置覚。

    解説

  • 46

    視細胞の過分極について

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 通常は細胞膜Naチャネルは開いており、トランスデューシンが活性化されるとcGMP分解酵素の干す保持エステラーゼを活性化。cGMP濃度が下がるとチャネルが閉鎖し、過分極を起こす。その電位変化が情報として伝えられる。

    解説

  • 47

    耳石器とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭部の加速度を感知する。卵形嚢と球形嚢からなり、前者は前後左右、後者は上下の加速度を検出する。平行班という台形の高まりを形成し、有毛細胞が存在。これは耳石膜というゼラチン質の物質で覆われている。耳石膜には炭酸カルシウムの細かい結晶が埋まっており、これらを耳石と呼ぶ。頭部運動による耳石膜の歪みが加速度として検出される。

    解説

  • 48

    半規管とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭部の回転を感知する。ほぼ直行する三つからなり、その合流部を膨大部と呼ぶ。内部には内リンパが充満している。

    解説

  • 49

    内臓感覚とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内臓を支配する自律神経系に含まれる感覚線維による感覚。普段は意識に挙がらないが、異常な事態では感覚が大脳に到達し、意識に上がる。

    解説

  • 50

    視交叉とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内側網膜の神経線維が下垂体付近で交叉すること。

    解説

  • 51

    蝸牛管の構造とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内部は内リンパ液という細胞内液で充満していて、基底膜が全長に渡って張られている。

    解説

  • 52

    体性感覚とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皮膚、粘膜、筋、腱etcに存在する受容器が検出する感覚のこと。別の定義としては、感覚のうち視覚や聴覚のような特殊感覚と内臓感覚を除いたもの。

    解説

  • 53

    体性感覚の受容器の分類は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皮膚や粘膜、皮下にある表在性受容器と、筋や腱、関節に存在する深部受容器に分かれる。

    解説

  • 54

    後頭葉視覚野のニューロンとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数の神経節細胞からの入力を受けるニューロン。前段階より受容野が広い。

    解説

  • 55

    前庭器官とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平衡覚のことで、半規管と耳石器から成る。

    解説

  • 56

    半規管のメカニズムは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膨大部稜に有毛細胞が並び、クプラと呼ばれるゼラチン様物質に包まれている。頭部の回転に対し内リンパと管の動きのずれをクプラが感知し、有毛細胞の感覚毛が方向性により脱分極と過分極を引き起こす。

    解説

  • 57

    桿体の形態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 末端細胞質は外節という構造を作り、この内部に円盤状膜が積み重なっている。その膜を貫通するようにロドプシンが存在している。

    解説

  • 58

    感覚線維の終末が特殊構造を作った受容器とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無髄の神経終末が結合組織で囲まれる。Meissner小体、Pacini小体、Ruffini終末などの機械受容器が例。

    解説

  • 59

    on/off中心型細胞とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 網膜にある神経節細胞のうち、受容野の中心への光刺激で活動電位を発生し周囲への刺激で活動電位が抑制されるものがon中心型。off中心型はその逆。

    解説

  • 60

    桿体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 網膜全体に分布している。弱い光にも反応し夜間視に重要だが色は識別できない

    解説

  • 61

    錐体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 網膜中心部の黄斑に集中分布。強い光にしか反応しないが色が識別できる。

    解説

  • 62

    中心か(?)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 網膜中心部の黄斑中央。陥没している領域で、錐体が集中的に分布している。

    解説

  • 63

    虹彩とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目に入る光の量を調整するために収縮弛緩する筋肉。

    解説

  • 64

    Anton兆候とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 両側側頭葉の障害(皮質盲)の患者が、盲目であることを否定すること。

    解説

  • 65

    内臓痛覚とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 例えば消化管壁が高度に伸展あるいは収縮するときに感じる痛覚や、陣痛。局在のはっきりしない疼痛のこと。

    解説

  • 66

    感覚線維の細胞体が受容器になるとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嗅細胞が例。嗅細胞の細胞体は末端にあり、自身が嗅覚の受容器として働き出力を送る。

    解説

  • 67

    嗅細胞とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嗅物質受容体を持つ細胞で、自身がニューロンとなりニューロンとのシナプスを作っている。Gタンパクが活性化されてcAMPが産生されると、Naチャネルが開き活動電位が発生する。

    解説

  • 68

    光受容器(視細胞)の種類は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 桿体と錐体。

    解説

  • 69

    周波数ごとの感知は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蝸牛管の異なる部位で感知される。

    解説

  • 70

    受容野とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経節細胞は複数の視細胞から入力を受ける。受容野は一つの神経節細胞がカバーする視野範囲のこと

    解説

57045

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ