zuknow learn together

新しい教材を作成

神経生理学

カード 46枚 作成者: ミッチー (作成日: 2013/12/16)

  • 中枢神経系と末梢神経の髄鞘

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    中枢神経系と末梢神経の髄鞘

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前者はオリゴデンドログリア、後者はシュワン細胞

    解説

  • 2

    活動電位のおよその電位は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30mV

    解説

  • 3

    Guillan-Barre症候群とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Campylobacter jejuniにより腸炎が起こり、精製される抗体が末梢神経の髄鞘にあるガングリオシドを攻撃してしまうことで起こる。完治する。

    解説

  • 4

    ムスカリン型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Gタンパク質連結型のアセチルコリン受容体。

    解説

  • 5

    静止電位を実質決めているイオンは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Kイオンの平衡電位

    解説

  • 6

    活動電位を実質的に決めているイオンは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Naイオンノ活動電位

    解説

  • 7

    放出されたグルタミン酸の処理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アストロサイトに取り込まれる。

    解説

  • 8

    末梢神経で使われる神経伝達物質とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセチルコリンとノルエピネフリン。中枢は複雑だから他にもたくさん。

    解説

  • 9

    神経筋接合部のシナプスでは・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセチルコリンのみが使用されている。

    解説

  • 10

    NMDA型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イオンチャネル型グルタミン酸受容体。Mgのブロックが外れるとCaを透過させる。

    解説

  • 11

    AMPA型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イオンチャネル型グルタミン酸受容体。Na透過性が高く、活動電位を形成するのに働く主力。

    解説

  • 12

    ニコチン型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イオンチャンネル型のアセチルコリン受容体。

    解説

  • 13

    CAMKⅡとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルモジュリンキナーゼⅡのこと。シグナル伝達を起こし、AMPA型を増加させる。スパインを拡張させる。

    解説

  • 14

    放出されたアセチルコリンの処理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シナプス膜状のアセチルコリンエステラーゼで分解

    解説

  • 15

    変性疾患

    補足(例文と訳など)

    答え

    • とある神経細胞集団が原因不明に集中的に死滅すること。

    解説

  • 16

    電気的シナプス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニューロン同士の細胞質がギャップ結合で繋がって、イオン濃度の変動が直接伝わるもの。方向性が無いのが特徴で心筋に多い。

    解説

  • 17

    髄鞘と髄鞘の間の名称

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ランビエ絞輪

    解説

  • 18

    一つのニューロンが作れる神経伝達物質は・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一種類のみ

    解説

  • 19

    統合失調症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一部のドパミン作動性ニューロンの機能亢進がある。

    解説

  • 20

    うつ病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一部のノルアドレナリンやセロトニン作動性ニューロンの機能低下がある。

    解説

  • 21

    不応期

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活動電位が発生してからしばらくの間、閾値以上の刺激を与えても活動電位が発生しない時期を指す。

    解説

  • 22

    神経伝達物質の放出条件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活動電位が到達することと、ニューロンにCaイオンが流入すること。

    解説

  • 23

    全か無かの法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活動電位は発生しないか、又は一定の大きさで発生するかのいずれかであること。

    解説

  • 24

    遠心系

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 求心系からの情報をもとに効果器の作動を調整する系

    解説

  • 25

    EPSPとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 興奮性シナプス後電位のこと。需要側でNaイオンの透過性を増大させ、電位を引き上げる。伝達物質はアセチルコリン、ノルアド、グルタミン酸、ドパミン、セロトニンなど多数。

    解説

  • 26

    効果器とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋肉と腺

    解説

  • 27

    重症筋無力症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋肉のアセチルコリン受容体に対する抗体が産生されてしまう。

    解説

  • 28

    多発性硬化症とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己免疫性に中枢神経の髄鞘が攻撃されること。緯度の高い地域に多い。後遺症が残る

    解説

  • 29

    放出されたドパミン、セロトニン、ノルアドレナリンなどアミン類の処理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軸索に速やかに取り込まれる。

    解説

  • 30

    白質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軸索の通っている部分。

    解説

  • 31

    神経筋接合部の筋膜の名称

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 終板(終わるから?)

    解説

  • 32

    海馬の位置は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 側頭葉の最も内側の部域、脳幹に巻き付くような形状。

    解説

  • 33

    てんかんの原因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大脳一部に異常な活動電位が発生。これが伝播する。

    解説

  • 34

    大脳深部にある灰白質の名称

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大脳基底核

    解説

  • 35

    Alzheimer病とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大脳皮質のアセチルコリン作動性ニューロンが集中的に死滅する。

    解説

  • 36

    ミクログリアとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中枢神経系にいるマクロファージ

    解説

  • 37

    アストロサイトの働き

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中枢神経系の内部環境の維持

    解説

  • 38

    Parkinson病とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中脳黒質を中心に、ドパミン作動性ニューロンが集中的に死滅する。

    解説

  • 39

    LTPとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長期増強のこと。連続で刺激を加えるとEPSPが大きくなること。

    解説

  • 40

    求心系

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内外の環境に関する情報を受容器から中枢神経に送る系

    解説

  • 41

    灰白質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳の表面と深部、脊髄の内部にある神経細胞体の集団。

    解説

  • 42

    上衣細胞の働き

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳室壁を作っている

    解説

  • 43

    Huntington病とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尾状核のGABA作動性ニューロンが集中的に死滅する。

    解説

  • 44

    脱随疾患

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有髄繊維の髄鞘が崩壊することで伝導速度が遅延し、神経機能に障害を生じること。

    解説

  • 45

    IPSPとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抑制性シナプス後電位のこと。需要側のClイオン透過性を増大させ、電位を下げる。神経伝達物質としてはγーアミノ酪酸(GABA)、グリシンなど。

    解説

  • 46

    破傷風菌やボツリヌス菌の毒性とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経伝達物質のエキソサイトーシスを阻害。

    解説

56726

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ