zuknow learn together

新しい教材を作成

【生物基礎】生態系とその保全

カード 16枚 作成者: Nanami (作成日: 2014/12/14)

  • 生態系の中で、非生物的環境が生物に与える影響を( )、生物の活動が非生物的環境に与える影響を( )という。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

表:穴埋め問題
裏:答え

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    生態系の中で、非生物的環境が生物に与える影響を( )、生物の活動が非生物的環境に与える影響を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作用/環境形成作用

    解説

  • 2

    光合成により無機物から有機物を作り出す生物を( )者、外から有機物を体に取り込むことで生命を維持する生物を( )者という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産/消費

    解説

  • 3

    植物は草食動物に食べられ、草食動物は肉食動物に食べられる。このような「食うー食われる」の一連の関係を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食物連鎖

    解説

  • 4

    生態系において、生産者と消費者、消費者と消費者が紡ぎ出す複雑な網の目のような関係を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食物網

    解説

  • 5

    物質は生態系を循環( )が、エネルギーは循環( )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • する/しない

    解説

  • 6

    大気中の窒素をアンモニウムイオンに変える働きを( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 窒素固定

    解説

  • 7

    アンモニウムイオンや硝酸イオンから有機窒素化合物を合成する働きを( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 窒素同化

    解説

  • 8

    硝酸イオンが窒素分子に変えられ、ガスとなって大気に放出されることを( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脱窒

    解説

  • 9

    生態系を構成する生物種の中で、個体数は少ないが、生態系のバランスそのものに大きな影響をもつ生物を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キーストーン種

    解説

  • 10

    汚染物質などの有機物が分解者によって無機物に変えられることを( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然浄化

    解説

  • 11

    水に含まれる栄養塩類が多くなる( )が起こると、池や湖ではシアノバクテリアが増殖し、( )が発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 富栄養化/水の華(アオコ)

    解説

  • 12

    海で赤い色素をもつプランクトンが大量発生すると、海面が赤くなる( )が発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤潮

    解説

  • 13

    地球の気温は、二酸化炭素やメタンなどの( )のせいで上昇している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 温室効果ガス

    解説

  • 14

    オゾン層には、有害な( )を吸収するはたらきがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紫外線

    解説

  • 15

    ある物質が生物体内で高濃度に蓄積される現象を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生物濃縮

    解説

  • 16

    人間の活動により、本来生息していた場所から別の場所に移され、その土地に住み着くようになった生物を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外来生物

    解説

56903

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ