zuknow learn together

新しい教材を作成

【生物基礎】体内環境と恒常性

カード 30枚 作成者: Nanami (作成日: 2014/12/13)

  • 体の内部の状態を一定に保とうとする性質を( )という。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

表: 穴埋め問題
裏: 答え

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    体の内部の状態を一定に保とうとする性質を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 恒常性(ホメオスタシス)

    解説

  • 2

    多細胞動物では、細胞は( )と呼ばれる液体に囲まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体液

    解説

  • 3

    脊椎動物の体液は、( )、( )、( )に分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液/リンパ液/組織液

    解説

  • 4

    血液の成分である( )は液体である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血しょう

    解説

  • 5

    赤血球には、( )を呼吸器官から組織に運搬する働きがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸素

    解説

  • 6

    赤血球には、酸素と結合する性質をもつ( )と呼ばれるタンパク質が含まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘモグロビン

    解説

  • 7

    酸素濃度が( )く、二酸化炭素濃度が( )い条件下では、ヘモグロビンは酸素と結合する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高/低

    解説

  • 8

    酸素濃度は肺では( )く、組織では( )い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高/低

    解説

  • 9

    ヘモグロビンの色は( )であるが、酸素ヘモグロビンの色は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 暗赤色/鮮紅色

    解説

  • 10

    動脈の血液の色は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鮮紅色

    解説

  • 11

    酸素濃度と酸素ヘモグロビンの割合の関係を示すグラフを( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸素解離曲線

    解説

  • 12

    白血球には、細菌などの異物を( )によって排除する働きがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食作用

    解説

  • 13

    血しょうには、血液のpHの変化を抑える働きがある。これを( )と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 緩衝作用

    解説

  • 14

    血小板は、血液の( )に関わる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凝固

    解説

  • 15

    ケガをすると、傷口に血小板が集まり、血しょう中には( )と呼ばれるタンパク質が作られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィブリン

    解説

  • 16

    血液を試験管の中に入れて静置した時にできる沈殿を( )といい、上澄みを( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血ぺい/血清

    解説

  • 17

    心臓から送り出される血液は、( )脈を通って全身の組織に運ばれ、( )脈を通って心臓に戻ってくる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動/静

    解説

  • 18

    ( )とは、動脈と静脈が毛細血管で繋がっていて、血液が血管の中を循環する血管系をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 閉鎖血管系

    解説

  • 19

    心臓の周期的な収縮を( )という。収縮のリズムは、特殊な心筋である( )が作り出している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拍動/洞房結節(ペースメーカー)

    解説

  • 20

    肺に送られた血液が再び心臓に戻るまでの流れを( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺循環

    解説

  • 21

    消化管から血液中へと吸収された物質は、( )脈から肝臓に入り、合成や分解などの処理を受ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝門

    解説

  • 22

    血液濃度が過剰になると、グルコースは( )に変えられ、肝細胞に貯蔵される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グリコーゲン

    解説

  • 23

    タンパク質の分解によって生じた( )は、肝臓で毒性の低い( )に変えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンモニア/尿素

    解説

  • 24

    肝臓は有害物質を無害な物質に変える。この働きを( )と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 解毒作用

    解説

  • 25

    胆汁は、肝細胞で作られて( )に蓄えられた後、十二指腸に分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胆のう

    解説

  • 26

    腎臓は、( )と呼ばれる構造が集合してできている。この構造は、腎小体と( )から成る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネフロン(腎単位)/細尿管(腎細管)

    解説

  • 27

    腎小体は、( )とそれを包む( )から成る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糸球体/ボーマンのう

    解説

  • 28

    腎動脈から腎臓に入った血液は、まず( )でろ過され、ボーマンのうに出る。ボーマンのうに出た液を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糸球体/原尿

    解説

  • 29

    細尿管に送られた原尿からは、( )やアミノ酸、無機塩類、水が再吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グルコース

    解説

  • 30

    尿は( )を通って( )に送られ、体外に排出される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎う/ぼうこう

    解説

56902

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ