zuknow learn together

新しい教材を作成

【生物基礎】ヒトの血糖量の調節

カード 8枚 作成者: Nanami (作成日: 2014/12/13)

  • 血糖量の調節には、中枢神経系に属する( )とその調節下にある( )が重要な働きをしている。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

表: 穴埋め問題
裏: 答え

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    血糖量の調節には、中枢神経系に属する( )とその調節下にある( )が重要な働きをしている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視床下部/脳下垂体前葉

    解説

  • 2

    末梢の臓器では( )の( )や( )に加えて、副腎なども血糖量の調節に関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すい臓/ランゲルハンス島A細胞/ランゲルハンス島B細胞

    解説

  • 3

    血糖量が増加すると( )が刺激され、その興奮は( )を経て( )の( )に伝えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視床下部/副交感神経/すい臓/ランゲルハンス島B細胞

    解説

  • 4

    ( )には血糖量の増加を直接感知する機能もあり、血糖量の増加によりすい臓のランゲルハンス島B細胞に伝わった興奮と共に( )の分泌を促す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ランゲルハンス島B細胞/インスリン

    解説

  • 5

    ( )が分泌されると、血糖量が下がる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インスリン

    解説

  • 6

    血糖量が減少すると( )が刺激され、その興奮は( )を経て副腎を刺激し、( )が分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視床下部/交感神経/アドレナリン

    解説

  • 7

    ( )の興奮や血糖量の低下が刺激となって( )の( )からの( )の分泌が促される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交感神経/すい臓/ランゲルハンス島A細胞/グルカゴン

    解説

  • 8

    血糖量減少時のグルカゴンの分泌促進と同時に( )から( )に指令が出て( )の分泌が促され、このホルモンの働きにより副腎皮質から( )が分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視床下部/脳下垂体前葉/副腎皮質刺激ホルモン/糖質コルチコイド

    解説

56846

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ