zuknow learn together

新しい教材を作成

医療関係用語6

カード 40枚 作成者: tomo (作成日: 2013/12/16)

  • AUC

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

医学に関する様々な用語

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    AUC

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血漿薬物濃度曲線下面積、吸収曲線下面積。AUCはX(吸収率)/Vd(分布容積)×Kel(消失速度)で表すことができる。

    解説

  • 2

    AUD

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定期間の抗菌薬使用量(g)/DDD×特定期間の入院延べ日数(bed days)×1,000(or 100)

    解説

  • 3

    FMLP刺激

    補足(例文と訳など)

    答え

    • f-MET-Leu-Phe。好中球の最も重要な機能は、異物、とくに細菌などの病原体の貪食処理で、生体防御にきわめて重要な役割を果たす。

    解説

  • 4

    ウィーニング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人工呼吸器まかせであった呼吸を、本来の自発呼吸に徐々に移行させていくこと。

    解説

  • 5

    全末梢(血管)抵抗

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左心室を出てから右心房に戻るまでの体循環系全体の全抵抗(左心室より駆出された血液が受ける抵抗)をいう。

    解説

  • 6

    血友病C

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最近PTA欠乏症からの、血友病類似疾患のこと。

    解説

  • 7

    タイトジャンクション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 密着(閉鎖)結合ともいい、細胞表面を帯状に囲んでおり、細胞間隙にはタイトジャンクションにより密閉された小区画が多数あり、内腔から細胞間隙を通して物質が通過するのを防いでいると考えられている。

    解説

  • 8

    Somogyi現象

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 就寝時の中間型インスリン量の過剰により、夜間低血糖を来し反発的に血糖値が上昇すること。

    解説

  • 9

    コレシストキニン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中枢神経系に広く分布し、鎮痛、鎮静、摂食行動、記憶などの様々な神経機能を修飾している物質であると考えられている。

    解説

  • 10

    フィッシャー比

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分岐鎖アミノ酸(BACC)と芳香族アミノ酸(AAA)のモル比

    解説

  • 11

    SMS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 症状重症度点数に薬物点数を加味したスコア。薬物治療効果の判定に用いる。

    解説

  • 12

    アダカラム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吸着型血液浄化器。末梢血中の顆粒球を中心とした白血球を吸着除去することを目的とした体外循環用カラム。

    解説

  • 13

    イオントフォレーシス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物理的促進方法の一つで、電流を発生させる装置を利用してイオン性薬剤を電気的な力で強制的に経皮吸収させる方法。

    解説

  • 14

    エントレインメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発達段階(乳児期)においての用語で、乳児期の母子相互の働きかけを指すもの

    解説

  • 15

    神経成長因子

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前脳基底部コリン作動性神経細胞の神経栄養因子であり、アルツハイマー型痴呆では同神経細胞の脱落がみられるところから、NGFの欠落とアルツハイマー型痴呆との関連性が注目されるようになった。

    解説

  • 16

    ピアレビュー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 専門家同士がお互いの研究・意見・主張などをお互いに評価し合うこと。

    解説

  • 17

    医薬分業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • この利点は第3者(利益が絡まない人物)によるチェックができることである。

    解説

  • 18

    バリデーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定条件下で実験系などが成立していることを、いくつかの基準のもとに証拠付ける操作

    解説

  • 19

    OPAT

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外来通院静注療法。小児呼吸器感染症での抗菌薬の使用法の1つ。

    解説

  • 20

    Phagocyte delivery

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬物自体が備えている食細胞を利用したドラック・デリバイー・システムのこと。

    解説

  • 21

    PA SME

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗菌剤が細菌と接触した後に持続してみられる増殖抑制効果のこと。

    解説

  • 22

    DPB

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エリスロマイシン(マクロライド系抗生物質)小量長期療法

    解説

  • 23

    ブドウ糖を多く含む飲料水

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベイスン錠服用中の患者の低血糖。

    解説

  • 24

    アミロイドーシス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「アミロイド」と呼ばれる蛋白が全身の臓器の細胞外に沈着する疾患。

    解説

  • 25

    パリアティブケア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パリアティブケアは緩和ケアを意味する。

    解説

  • 26

    MAH

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 悪性腫瘍と高カルシウム血症のこと。

    解説

  • 27

    PSA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前立腺がんを診断するだけでなく、治療経過観察中の再燃・再発を見つける上でとても有効な検査である。

    解説

  • 28

    MAB療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前立腺癌での併用療法は、作用の異なる2つの薬剤を組み合わせて用いることで、精巣と副腎の療法から分泌される男性ホルモンの影響を最大限に抑え、前立腺癌に対する治療効果を高めることを目的に行われている。

    解説

  • 29

    エンピリック治療

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原因微生物が決定される前に治療を行うことであり、通常感染症の初期治療は多くの場合エンピリック(過去の経験から判断)に行われる。

    解説

  • 30

    NHCAP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医療・介護関連肺炎。

    解説

  • 31

    ノセボ反応

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自らが病気にかかることを予測することが実際に病気を引き起こすことや、症状を誘発する暗示により、実際に症状が誘発されること。

    解説

  • 32

    アロマターゼ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エストロゲン合成酵素。生殖系のみならず、脂肪組織や筋肉、肝臓などに広く分布すると同時に、乳癌組織にも存在し、乳癌細胞へのエストロゲンの供給に重要な役割を果たしている。

    解説

  • 33

    インプラント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シリコンとチタンで出来ている、重症の聴覚障害者の聴力を改善するための器具。

    解説

  • 34

    ケトライド系抗菌薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細菌の蛋白合成を阻害することにより、殺菌効果を現す抗生物質のこと。

    解説

  • 35

    サイクリング療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いくつかの薬を1週間単位のローテーションで使うことで、特定の薬(抗菌剤)に対する菌の耐性化を防ごうという考え方。

    解説

  • 36

    抗菌薬ミキシング療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 院内感染菌の耐性化を抑制する新しい方法として、医療機関内において複数の抗菌薬を累計投与人数の割合(使用頻度)が均等になるように調整する。

    解説

  • 37

    PAMS方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一定期間(3ヶ月)ごとの抗菌薬使用状況により随時、推奨薬、制限薬などを決めていく方法。サイクリングとは異なりいくつかの推奨薬の中から治療薬を選択できる。

    解説

  • 38

    クオラムセンシング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一部の真正細菌に見られる、自分と同種の菌の生息密度を感知して、それに応じて物質の産生をコントロールする機構のこと。

    解説

  • 39

    サルファ剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スルホンアミド部位を持つ合成抗菌剤・化学療法薬の総称。

    解説

  • 40

    アセトアルデヒド症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルコールの分解が十分にできないためにからだの中にアルコールが残っていて、心臓がドキドキしたり(心悸亢進)、頭痛や吐き気、ひどいときには呼吸困難になったりする症状。

    解説

57055

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ