zuknow learn together

新しい教材を作成

【生物基礎】体内環境の調節

カード 23枚 作成者: Nanami (作成日: 2014/12/13)

  • 脊椎動物の恒常性維持には、( )神経が関わっている。この神経は( )神経と( )神経からなる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

表: 穴埋め問題
裏: 答え

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    脊椎動物の恒常性維持には、( )神経が関わっている。この神経は( )神経と( )神経からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自律/交感/副交感

    解説

  • 2

    心臓の拍動を促進したり、腸の運動を抑制するのは( )神経の働きによるものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交感

    解説

  • 3

    交感神経と副交感神経は、器官に対して互いに反対の作用をする。この作用を( )作用と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拮抗

    解説

  • 4

    ( )は血液中に分泌され、特定の器官の働きを調節する。調節を受ける器官を( )器官と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホルモン/標的

    解説

  • 5

    分泌腺には、分泌物を体外に放出する( )分泌腺と血液中に分泌する( )分泌腺がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外/内

    解説

  • 6

    標的器官の細胞には、( )と呼ばれるホルモンを受け取るタンパク質がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受容体

    解説

  • 7

    ヒトの喉元には、( )という蝶のような形の内分泌腺がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 甲状腺

    解説

  • 8

    ( )とそれに繋がる( )は、ホルモンの分泌量を調節する中枢である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視床下部/脳下垂体

    解説

  • 9

    ホルモンを分泌する脳の神経細胞を( )と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経分泌細胞

    解説

  • 10

    視床下部からは、脳下垂体の( )に働きかけるホルモンが分泌されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前葉

    解説

  • 11

    脳下垂体前葉からは、( )刺激ホルモンや( )刺激ホルモンが分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 甲状腺/副腎皮質

    解説

  • 12

    脳下垂体後葉からは抗利尿ホルモンである( )が分泌されているが、このホルモンが作られているのは( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バソプレシン/視床下部

    解説

  • 13

    増えすぎた産物がその合成段階に働きかけ、合成を抑えるしくみを( )と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 負のフィードバック

    解説

  • 14

    チロキシンの濃度の低下を( )が感知すると、( )刺激ホルモン放出ホルモンが視床下部から分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視床下部/甲状腺

    解説

  • 15

    甲状腺に( )ホルモンが届かないとチロキシンは分泌されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 甲状腺刺激

    解説

  • 16

    血糖とは、血液中に含まれる( )のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グルコース

    解説

  • 17

    血糖濃度が低下すると、副腎髄質からは( )が、ランゲルハンス島の( )からは( )が分泌され、肝臓に蓄えられた( )がグルコースに分解されて血糖濃度が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドレナリン/A細胞/グルカゴン/グリコーゲン

    解説

  • 18

    副腎皮質から分泌される( )というホルモンにも血糖濃度を上げる働きがある。このホルモンは、タンパク質を糖に変える代謝経路を活性化する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖質コルチコイド

    解説

  • 19

    血糖濃度が高くなると、ランゲルハンス島の( )から( )が分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • B細胞/インスリン

    解説

  • 20

    ( )が不足したり、細胞に対して正常に作用しなくなると、( )と呼ばれる病気になることもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インスリン/糖尿病

    解説

  • 21

    血糖調節中枢も体温調節中枢も( )にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視床下部

    解説

  • 22

    アドレナリンや糖質コルチコイドには、体温を( )げる作用がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    皮膚の血管が( )すると、放熱によって体温が下がる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡張

    解説

56721

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ