zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 37

カード 5枚 作成者: kazu (作成日: 2013/10/26)

  • 宅地建物取引業者Aは、自ら売主となる建物(5000万円)の売買に際し、あらかじめ買主の承諾を得た上で、代金の30%に当たる1500万円の手付金を受領した。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

自ら売主の8つの制限ー手付の制限ーに関する○×問題!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    宅地建物取引業者Aは、自ら売主となる建物(5000万円)の売買に際し、あらかじめ買主の承諾を得た上で、代金の30%に当たる1500万円の手付金を受領した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 業者がシロートの買主から受け取れる手付の額は代金の20%(この場合1000万円)が限度。

    解説

  • 2

    「宅地建物取引業者が自ら売主となる宅地又は建物の売買契約の締結に際し、手附を受領したとき、その手附がいかなる性質のものであっても、当事者の一方が履行に着手するまでは、買主は、その手附を放棄して、当該宅地建物取引業者は、その倍額を償還すれば、当該契約の解除をすることができる。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    「宅地建物取引業者Aが、自ら売主となる宅地又は建物の売買契約に際して、宅地建物取引業者でないBから手附を受領したとき、Bが解除するには、Aに解除の意思を通知すれば足り、Aが解除するには、Bに解除の意思表示をするだけでは足りない。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    宅地建物取引業者Aが自ら売り売主としてマンション取引業者でない買主Bと締結した。このとき、手付けは、解約手付として3000万円とし、Aが契約の履行を完了するまでは、Bは、手付けを放棄して契約の解除をすることができることとした

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    宅地建物取引業者Aが、自ら売主となり、宅地建物取引業者でない買主Bとの間で、中古住宅及びその敷地である土地を代金3500万円で売買家焼くを締結しようとする場合、相手方が契約の履行に着手するまでゃ、Bは手付金のうち250万円を放棄して、また、Aは1000万円を償還して契約を解除することができる旨の定めをすることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56665

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ