zuknow learn together

新しい教材を作成

西陣用語集⑪

カード 20枚 作成者: eri (作成日: 2013/12/16)

  • もんぐせ(紋癖)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    もんぐせ(紋癖)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紋織物の文様配列不適や紋図の作図不具合などで、織り上がり品に視覚的な錯誤を生じキズがあるごとく見える現象。

    解説

  • 2

    きんし(金糸)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 漆(うるし)や膠(にかわ)などで金箔を和紙に貼り付け糸状に切った平金糸と糸を芯に、金箔や平金糸を巻きつけた撚糸。

    解説

  • 3

    かりかま(仮釜、仮加間)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 帯地などの縫取織物の文様織り出しの一技法。二加間の綜絖にて一加間模様を織り出す方法で、二加間の一方を縫い取らず、紋紙一回転の後、今後は他の一方を縫い取らぬよう、さきと逆の操作をすれば表に出る模様はやや小柄ながら、二加間風の紋丈(もんたけ)長大な文様を得られるのである。

    解説

  • 4

    かけばつり(掛羽釣、掛把釣)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紋意匠図の作図技法の1つ。細い斜線を方眼紙上に描くのに、升目の辺に接して階段状に画く”はつり”法 ”すてばつり”よりもやや太い表現に用いる。

    解説

  • 5

    あみや(編屋)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 彫屋(紋彫業者)から依頼された紋紙を編む業者。

    解説

  • 6

    おもい(重い)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機織に際して開口経糸数が極めて多いこと。縫取織物の豪華な文様の形容。絵緯糸(えぬき)が多色でなくてもその総越(こし)数が極めて多いこと。

    解説

  • 7

    どうくち(同口)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前後の紋が同じ杼口に上がること。地と同口、胴が同口などという。

    解説

  • 8

    たてつぎ(経繁)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経糸を織り終えて新しい経を仕掛けたとき、新旧の経糸を一本づつ連結する作業。

    解説

  • 9

    りきしょっき(力織機)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経糸緯糸を電力により稼働する織機。

    解説

  • 10

    あわせ(合せ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糸を二本以上引き揃えること。糸を二本以上引き揃えわずかに撚りをかけたもの。

    解説

  • 11

    あぜおり(畦織)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 織物の三原組織の一つ。平織り。経糸を一筋ずつ上下して緯糸を打ち込む織物組織。

    解説

  • 12

    じねうち(地値打)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製織に要した資材と労力の点以上の評価した織物で見かけの価値。商品として流通するための価値とは別。

    解説

  • 13

    ばんさん

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴァンサンジー・ジャカードの略。

    解説

  • 14

    あがる(上る)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 千切に巻いた一定量の”たて”を織りかえる。

    解説

  • 15

    どうぬき(胴緯)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 縫取りの絵緯のこと。

    解説

  • 16

    あぜ(畦)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経糸(たて)配列順序を乱さぬため、一筋ずつ交互に上下させて組むこと。  経糸を1、2・1、2の順に組む組織。畦織り。

    解説

  • 17

    ぽちかす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紋紙からでるかす。豆かす。

    解説

  • 18

    くみかえ(組み替え)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紋紙の順番を変更する場合紋紙の組み替えをいう。

    解説

  • 19

    えびすこう(夷講)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10月20日を中心に、その前後数日間の特価売り出し。発祥は江戸の商家で毎年1月10日と10月20日に商売繁盛を祈願する恵比寿祭の費用にあてるため講を設けたのが始まり。その後商売繁盛祈願が鷲神社の酉の祭(11月酉の日)に移行し、売出しは誓文払と合体した。今日では地方により夷講と誓文払が同義に扱われ呼称も二様であるが、京都では夷講の呼称を踏襲している。

    解説

  • 20

    しずみ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経糸を組織的に出し色をしずめる。同色の荒い伏せで色の変化をさせる。(てりしずみ)

    解説

56701

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ