zuknow learn together

新しい教材を作成

薬剤による様々な症状

カード 7枚 作成者: tomo (作成日: 2013/12/16)

  • 反跳現象

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    反跳現象

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬剤によって抑制されていた症状が一過性に薬剤服用前より強くなる現象。薬剤服用前と症状の性質は変わらないが、その強さがより大きく現れる現象。反跳性不安、反跳性不眠など。

    解説

  • 2

    離脱現象

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬剤服用前には見られなかった症状もあらわれる。反跳現象とは異なり、服用前に比較して、症状の性質も変化している。出現頻度は高いが非特異的なもの:不眠、不安、気分不快、筋肉痛、振戦、頭痛等。

    解説

  • 3

    偽性離脱症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベンゾジアゼピン系薬剤を服用している患者は、もともと不安傾向が強いため、薬が減量されたと思うだけで、症状が悪化する現象。精神療法的なアプローチを行う必要がある。

    解説

  • 4

    症状再燃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 元々の疾患が再び悪くなることで、薬剤服用前と比べて、症状の性質も強さも基本的には変化しない。経過は、反跳現象や離脱現象とは異なり、薬剤中止後、徐々に出現する。

    解説

  • 5

    離脱症状が現れる要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1日の用量。服用期間が8ヶ月以上。急激な服用の中断。血中半減期の短い薬の服用。

    解説

  • 6

    ベンゾジアゼピン系による離脱症状(非特異的症状))

    補足(例文と訳など)

    答え

    • :睡眠障害、不安、不快、筋肉痛、筋攣縮、振戦(震え)、頭痛、嘔気(むかつき):食欲不振・体重減少

    解説

  • 7

    ベンゾジアゼピン系による離脱症状(近く変化(量的))

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感覚過敏(音、光、臭い、触覚)、感覚鈍麻(味、臭い)

    解説

56973

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ