zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 35

カード 4枚 作成者: kazu (作成日: 2013/10/26)

  • 宅地建物取引業者Aが自ら売主となって、B所有地について、Bの代替地取得を停止条件としてBと売買契約を締結して、自ら売主となって宅地建物取引業者でないCと売買契約を締結した

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

自ら売主の8つの制限ー自己の所有に属さない物件の売買の制限ーに関する○×問題!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    宅地建物取引業者Aが自ら売主となって、B所有地について、Bの代替地取得を停止条件としてBと売買契約を締結して、自ら売主となって宅地建物取引業者でないCと売買契約を締結した

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 業者Aは自ら売主となって他人Bの所有地をシロートの買主Cに売ることができるのはAがBの所有地を取得することが確実なときだけ

    解説

  • 2

    宅地建物取引業者AがBから土地を取得して,宅地に造成し,自ら売主となって,Cに分譲する場合において,AB間の売買契約において,開発許可を受けることを停止条件とする特約がある場合,Aは,その条件が成就するまでの間は,宅地建物取引業者であるCと,売買契約を締結してはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    宅地建物取引業者は,建物が未完成のため自己の所有に属していない場合であっても,建築確認等をすでに受けており,手付金等の保全措置を講じていれば,自ら売主として,宅地建物取引業者でない者との間で,その建物を売り渡す契約を締結することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    宅地建物取引業者Aが自ら売主として、B所有の甲宅地を、宅地建物取引業者でない買主Cに売却する場合、Aは、甲宅地の売買が宅地建物取引業法第41条第1項に規定する手付金等の保全措置が必要な売買に該当するとき、Cから受け取る手付金について当該保全措置を講じておけば、Cとの間で売買契約を締結することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

57039

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ