zuknow learn together

新しい教材を作成

高齢者に多い症状と、その原因となる薬剤

カード 7枚 作成者: tomo (作成日: 2013/12/16)

  • 錯乱状態

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    錯乱状態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 催眠薬、精神安定剤、抗うつ剤、抗精神病薬、抗コリン薬(中枢作動性)、NSAIDs、レボドパ、パーロデル、糖尿病治療薬(血糖降下剤)、副腎皮質ステロイド、ジギタリス性強心配糖体、抗痙攣薬、タガメット

    解説

  • 2

    うつ病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルドメット、レセルピン、β遮断剤、精神安定剤、レボドパ、副腎皮質ステロイド

    解説

  • 3

    転倒

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 催眠薬、精神安定剤、抗うつ薬、抗精神病薬、抗ヒスタミン薬、テグレトール、フェニトイン フェノバルビタール、ニトログリセリン、起立性低血圧を惹起しうる薬物

    解説

  • 4

    起立性低血圧

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すべての降圧薬、利尿薬、抗狭心症薬、β遮断剤、睡眠薬、精神安定剤、抗うつ薬、抗精神病薬 抗ヒスタミン薬、レボドパ、パーロデル

    解説

  • 5

    便秘

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コデイン(リンコデ)、麻薬性鎮痛薬、利尿薬、抗コリン薬、リスモダンR、ワソラン、アダラート、抗精神病薬、抗うつ薬

    解説

  • 6

    尿失禁

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利尿薬、催眠薬、精神安定薬、抗精神病薬、プラゾシン、ラベタロール、β遮断剤、リチウム(多尿による)

    解説

  • 7

    パーキンソン病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗精神病薬、アルドメット、レセルピン、プリンペラン、抗めまい薬

    解説

56916

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ