zuknow learn together

新しい教材を作成

予防医学01

カード 156枚 作成者: k_ono (作成日: 2014/12/10)

  • 疾患Aと条件Bの関連の有無についての検定統計量χ2において、
    χ2 < (   )のとき、有意水準5%で帰無仮説H0は棄却できない。
    このとき、疾患Aと条件Bには、統計学的に有意な差は無い。
    結論「Aに罹患することとBを行うこととの間には、統計学的に有意な関連はない。」


    H0:Aに罹患することとBを行うこととの間に関連が無い。(オッズ比=1)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

MCQ,MEQ対策 

<参考文献> 
公衆衛生がみえる 


医学/医療/社会医学/CBT

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    疾患Aと条件Bの関連の有無についての検定統計量χ2において、 χ2 < (   )のとき、有意水準5%で帰無仮説H0は棄却できない。 このとき、疾患Aと条件Bには、統計学的に有意な差は無い。 結論「Aに罹患することとBを行うこととの間には、統計学的に有意な関連はない。」

    補足(例文と訳など)

    • H0:Aに罹患することとBを行うこととの間に関連が無い。(オッズ比=1)
    • 有意水準5%, 自由度1

    答え

    • 3.84

    解説

  • 2

    疾患Aと条件Bの関連の有無についての検定統計量χ2において、 χ2 < 3.84 (有意水準5%,自由度1)のとき、有意水準5%で帰無仮説H0は [棄却できる・棄却できない]。 このとき、疾患Aと条件Bには、統計学的に有意な差は無い。 結論「Aに罹患することとBを行うこととの間には、統計学的に有意な関連はない。」

    補足(例文と訳など)

    • H0:Aに罹患することとBを行うこととの間に関連が無い。(オッズ比=1)

    答え

    • 棄却できない

    解説

  • 3

    疾患Aと条件Bの関連の有無についての検定統計量χ2において、 χ2 < 3.84 (有意水準5%,自由度1)のとき、有意水準5%で(   )は棄却できない。 このとき、疾患Aと条件Bには、統計学的に有意な差は無い。 結論「Aに罹患することとBを行うこととの間には、統計学的に有意な関連はない。」

    補足(例文と訳など)

    • H0:Aに罹患することとBを行うこととの間に関連が無い。(オッズ比=1)

    答え

    • 帰無仮説H0

    解説

  • 4

    疾患Aと条件Bの関連の有無についての検定統計量χ2において、 χ2 < 3.84 (有意水準5%,自由度1)のとき、有意水準5%で帰無仮説H0は棄却できない。 このとき、疾患Aと条件Bには、(   )的に有意な差は無い。 結論「Aに罹患することとBを行うこととの間には、統計学的に有意な関連はない。」

    補足(例文と訳など)

    • H0:Aに罹患することとBを行うこととの間に関連が無い。(オッズ比=1)

    答え

    • 統計学

    解説

  • 5

    疾患Aと条件Bの関連の有無についての検定統計量χ2において、 χ2 < 3.84 (有意水準5%,自由度1)のとき、有意水準5%で帰無仮説H0は棄却できない。 このとき、疾患Aと条件Bには、統計学的に [有意な差がある・有意な差は無い] 。 結論「Aに罹患することとBを行うこととの間には、統計学的に有意な関連はない。」

    補足(例文と訳など)

    • H0:Aに罹患することとBを行うこととの間に関連が無い。(オッズ比=1)

    答え

    • 有意な差は無い

    解説

  • 6

    疾患Aと条件Bの関連の有無についての検定統計量χ^2^において、 χ^2^ [ >・< ] 3.84 (有意水準5%,自由度1)のとき、有意水準5%で帰無仮説H0は棄却できない。 このとき、疾患Aと条件Bには、統計学的に有意な差は無い。 結論「Aに罹患することとBを行うこととの間には、統計学的に有意な関連はない。」

    補足(例文と訳など)

    • H0:Aに罹患することとBを行うこととの間に関連が無い。(オッズ比=1)

    答え

    解説

  • 7

    メタボリックシンドロームの診断基準について、 必須項目の(   )と、選択項目の血糖高値,脂質異常症,血圧高値のうち2つ以上に該当することが条件となっている。

    補足(例文と訳など)

    • 腹囲:男性≧85cm, 女性≧90cm

    答え

    • 腹部肥満

    解説

  • 8

    メタボリックシンドロームの診断基準について、 必須項目の腹部肥満と、選択項目の(   )のうち2つ以上に該当することが条件となっている。

    補足(例文と訳など)

    • ①空腹時血糖≧110mg/dL ②中性脂肪≧150mg/dL and/or HDLコレステロール<40mg/dL ③収縮器血圧≧130mmHg and/or 拡張期血圧≧85mmHg

    答え

    • 血糖高値,脂質異常症,血圧高値

    解説

  • 9

    メタボリックシンドロームの診断基準について、 必須項目の腹部肥満と、選択項目の血糖高値,脂質異常症,血圧高値のうち(   )つ以上に該当することが条件となっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 10

    メタボリックシンドロームの診断基準のうち、腹部肥満は、腹囲が(   )で該当する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 男性≧85cm, 女性≧90cm

    解説

  • 11

    メタボリックシンドロームの診断基準のうち、血糖は、(   )で該当する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 空腹時血糖≧110mg/dL

    解説

  • 12

    メタボリックシンドロームの診断基準のうち、脂質は、(   )で該当する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中性脂肪≧150mg/dL かつ/または HDLコレステロール<40mg/dL

    解説

  • 13

    メタボリックシンドロームの診断基準のうち、血圧は、(   )で該当する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収縮期血圧≧130mmHg かつ/または 拡張期血圧≧85mmHg

    解説

  • 14

    日本人40~74歳の男性の(   )人に1人がメタボリックシンドロームの該当者あるいは予備軍である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 15

    日本人40~74歳の女性の(   )人に1人がメタボリックシンドロームの該当者あるいは予備軍である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 16

    2008年において、およそ(   )万人がメタボリックシンドロームの該当者および予備軍である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1,400

    解説

  • 17

    特定健康診査・特定保健指導とは、2008年から、増加する(   )とその医療費の抑制を目的として、メタボリックシンドロームに着目した健診制度であり、「高齢者医療確保法」に基づき、医療保険者が40~74歳の被保険者・被扶養者に対して実施することが義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生活習慣病

    解説

  • 18

    特定健康診査・特定保健指導とは、2008年から、増加する生活習慣病とその医療費の抑制を目的として、(   )に着目した健診制度であり、「高齢者医療確保法」に基づき、医療保険者が40~74歳の被保険者・被扶養者に対して実施することが義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メタボリックシンドローム

    解説

  • 19

    特定健康診査・特定保健指導とは、2008年から、増加する生活習慣病とその医療費の抑制を目的として、メタボリックシンドロームに着目した健診制度であり、「(   )」に基づき、医療保険者が40~74歳の被保険者・被扶養者に対して実施することが義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高齢者医療確保法

    解説

  • 20

    特定健康診査・特定保健指導とは、2008年から、増加する生活習慣病とその医療費の抑制を目的として、メタボリックシンドロームに着目した健診制度であり、「高齢者医療確保法」に基づき、医療保険者が(   )歳の被保険者・被扶養者に対して実施することが義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 40~74

    解説

  • 21

    (   )とは、2008年から、増加する生活習慣病とその医療費の抑制を目的として、メタボリックシンドロームに着目した健診制度であり、「高齢者医療確保法」に基づき、医療保険者が40~74歳の被保険者・被扶養者に対して実施することが義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定健康診査・特定保健指導

    解説

  • 22

    特定健康診査・特定保健指導では、(   )などに関する健康診査の結果から生活習慣の改善が特に必要な者を抽出して、医師、保健師、管理栄養士などが生活習慣改善のための指導を実施することにより、生活習慣病を予防することを目的としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血糖・脂質・血圧

    解説

  • 23

    特定健康診査・特定保健指導では、血糖・脂質・血圧などに関する健康診査の結果から生活習慣の改善が特に必要な者を抽出して、(   )などが生活習慣改善のための指導を実施することにより、生活習慣病を予防することを目的としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医師、保健師、管理栄養士

    解説

  • 24

    特定健康診査・特定保健指導では、血糖・脂質・血圧などに関する健康診査の結果から生活習慣の改善が特に必要な者を抽出して、医師、保健師、管理栄養士などが生活習慣改善のための指導を実施することにより、(   )を予防することを目的としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生活習慣病

    解説

  • 25

    メタボリックシンドロームとは、(   )型肥満を共通の要因として高血糖、脂質代謝異常、高血圧が引き起こされる状態をいい、これらの要素が重複すると、動脈硬化を引き起こし動脈硬化性疾患(特に虚血性心疾患)の発症リスクが急激に上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内臓脂肪

    解説

  • 26

    メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満を共通の要因として(   )が引き起こされる状態をいい、これらの要素が重複すると、動脈硬化を引き起こし動脈硬化性疾患(特に虚血性心疾患)の発症リスクが急激に上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高血糖、脂質代謝異常、高血圧

    解説

  • 27

    メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満を共通の要因として高血糖、脂質代謝異常、高血圧が引き起こされる状態をいい、これらの要素が重複すると、(   )を引き起こし(   )性疾患(特に虚血性心疾患)の発症リスクが急激に上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動脈硬化

    解説

  • 28

    BMIは、(   )が適正、18.5以下で痩せ、25以上で肥満と判定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 22

    解説

  • 29

    BMIは、22が適正、(   )以下で痩せ、25以上で肥満と判定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 18.5

    解説

  • 30

    BMIは、22が適正、18.5以下で痩せ、(   )以上で肥満と判定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 25

    解説

  • 31

    体脂肪率は、男性で(   )%以上、女性で30%以上で肥満とされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20

    解説

  • 32

    体脂肪率は、男性で20%以上、女性で(   )%以上で肥満とされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30

    解説

  • 33

    体脂肪率は、(   )などで測定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水中体重法、皮下脂肪厚法、インピーダンス法

    解説

  • 34

    脂肪1gは、およそ(   )kcalである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7

    解説

  • 35

    1ヶ月で脂肪を1kg減らすには、1日あたり(   )kcal出納バランスをマイナスにすればよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 233

    解説

  • 36

    メッツとは、(   )に着目した運動強度をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸素消費

    解説

  • 37

    メッツとは、酸素消費に着目した(   )をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動強度

    解説

  • 38

    安静座位のメッツは、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 39

    運動による正味のエネルギー消費量は、(   )で求められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (メッツ - 1) × 体重[kg] × 時間[h] × 1.05

    解説

  • 40

    運動負荷試験の目的は、(   )の評価を行い、最適な運動強度を設定することであり、器具には、自転車エルゴメーター,トレッドミル,ステップ台などが主に使用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最大酸素摂取量

    解説

  • 41

    運動負荷試験の目的は、最大酸素摂取量の評価を行い、(   )を設定することであり、器具には、自転車エルゴメーター,トレッドミル,ステップ台などが主に使用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最適な運動強度

    解説

  • 42

    運動負荷試験の目的は、最大酸素摂取量の評価を行い、最適な運動強度を設定することであり、器具には、(   )などが主に使用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自転車エルゴメーター,トレッドミル,ステップ台

    解説

  • 43

    運動負荷試験の方法として、疲労困憊までテストを続ける(   )と、危険性の少ないある一定の水準で中止される最大下テストがあり、心拍数,主観的運動強度,血中乳酸濃度,血圧,心電図などを測定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最大テスト

    解説

  • 44

    運動負荷試験の方法として、疲労困憊までテストを続ける最大テストと、危険性の少ないある一定の水準で中止される(   )があり、心拍数,主観的運動強度,血中乳酸濃度,血圧,心電図などを測定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最大下テスト

    解説

  • 45

    運動負荷試験の方法として、疲労困憊までテストを続ける最大テストと、危険性の少ないある一定の水準で中止される最大下テストがあり、心拍数,(   ),血圧,心電図などを測定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主観的運動強度,血中乳酸濃度

    解説

  • 46

    運動負荷試験の方法として、疲労困憊までテストを続ける最大テストと、危険性の少ないある一定の水準で中止される最大下テストがあり、主観的運動強度,血中乳酸濃度,(   )などを測定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心拍数,血圧,心電図

    解説

  • 47

    メタボリックシンドロームや生活習慣病の予防には、(   )で算出した最大酸素摂取量の50%程度がよいとされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動負荷試験

    解説

  • 48

    メタボリックシンドロームや生活習慣病の予防には、運動負荷試験で算出した(   )の50%程度がよいとされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最大酸素摂取量

    解説

  • 49

    メタボリックシンドロームや生活習慣病の予防には、運動負荷試験で算出した最大酸素摂取量の(   )%程度がよいとされている。

    補足(例文と訳など)

    • 主観的尺度:楽〜ややきつい

    答え

    • 50

    解説

  • 50

    行動変容とは、従来の生活パターンから自発的に行動パターンを変えることであり、「人々が(   )をコントロールする」ためのプロセスであり、無関心期,関心期,準備期,実行期,維持期の5つのステージに分けられ、行動変容を促すために、健康教育による情報共有や、期待感,自信,動機の強化による働きかけが重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自らの健康

    解説

  • 51

    行動変容とは、従来の生活パターンから自発的に行動パターンを変えることであり、「人々が自らの健康をコントロールする」ためのプロセスであり、(   ),実行期,維持期の5つのステージに分けられ、行動変容を促すために、健康教育による情報共有や、期待感,自信,動機の強化による働きかけが重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無関心期,関心期,準備期

    解説

  • 52

    行動変容とは、従来の生活パターンから自発的に行動パターンを変えることであり、「人々が自らの健康をコントロールする」ためのプロセスであり、無関心期,関心期,(   )の5つのステージに分けられ、行動変容を促すために、健康教育による情報共有や、期待感,自信,動機の強化による働きかけが重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 準備期,実行期,維持期

    解説

  • 53

    行動変容とは、従来の生活パターンから自発的に行動パターンを変えることであり、「人々が自らの健康をコントロールする」ためのプロセスであり、無関心期,関心期,準備期,実行期,維持期の5つのステージに分けられ、行動変容を促すために、(   )による情報共有や、期待感,自信,動機の強化による働きかけが重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健康教育

    解説

  • 54

    行動変容段階について、 無関心期(前熟考期)とは、(   )ヶ月以内に行動変容に向けた行動を起こす意思がない時期をいい、支援策として、知識・情報の提供、問題点の指摘を行い、利益感を膨らませ、不利益感を少しでも下げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 55

    行動変容段階について、 無関心期(前熟考期)とは、6ヶ月以内に行動変容に向けた行動を起こす意思がない時期をいい、支援策として、(   )の提供、問題点の指摘を行い、利益感を膨らませ、不利益感を少しでも下げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知識・情報

    解説

  • 56

    行動変容段階について、 関心期(熟考期)とは、(   )以内に行動変容に向け、具体的に行動する意思がある時期をいい、支援策として、動機付けを行い、本人に合った改善法を考え、目標を決める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6ヶ月

    解説

  • 57

    行動変容段階について、 関心期(熟考期)とは、6ヶ月以内に行動変容に向け、具体的に行動する意思がある時期をいい、支援策として、(   )を行い、本人に合った改善法を考え、目標を決める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動機付け

    解説

  • 58

    行動変容段階について、 準備期とは、(   )以内に行動変容に向け、具体的な行動を起こす意思がある時期をいい、支援策として、行動案,目標設定などの計画支援を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1ヶ月

    解説

  • 59

    行動変容段階について、 準備期とは、1ヶ月以内に行動変容に向け、具体的な行動を起こす意思がある時期をいい、支援策として、(   )などの計画支援を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動案,目標設定

    解説

  • 60

    行動変容段階について、 (   )期とは、実際に行動変容に取り組んでいる時期をいい、初めて6ヶ月以内であり、行動実践の意欲強化と報酬づけ、環境調整を行い、1週間の目標を決めて記録したり、体重・血圧などを記録したりする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実行

    解説

  • 61

    行動変容段階について、 実行期とは、実際に行動変容に取り組んでいる時期をいい、初めて(   )以内であり、行動実践の意欲強化と報酬づけ、環境調整を行い、1週間の目標を決めて記録したり、体重・血圧などを記録したりする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6ヶ月

    解説

  • 62

    行動変容段階について、 実行期とは、実際に行動変容に取り組んでいる時期をいい、初めて6ヶ月以内であり、(   )と報酬づけ、環境調整を行い、1週間の目標を決めて記録したり、体重・血圧などを記録したりする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動実践の意欲強化

    解説

  • 63

    行動変容段階について、 (   )期とは、行動変容を続けている時期をいい、6ヶ月以上経過しており、支援策として、実行のための障害について問題解決を行ったり、目標をさらに高く設定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 維持

    解説

  • 64

    行動変容段階について、 維持期とは、行動変容を続けている時期をいい、6ヶ月以上経過しており、支援策として、実行のための(   )について問題解決を行ったり、目標をさらに高く設定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 障害

    解説

  • 65

    運動と高血圧改善のメカニズムについて、 運動療法の早期には、(   )の活性化による体液量の減少がみられ、また、長期間運動療法を続けると、交感神経活動の低下による末梢血管抵抗の減弱と血液粘稠度の低下、カロリー消費による体重減少がみられ、これらの多因子の改善により血圧が下がる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利尿を促すホルモン

    解説

  • 66

    運動と高血圧改善のメカニズムについて、 運動療法の早期には、利尿を促すホルモンの活性化による(   )の減少がみられ、また、長期間運動療法を続けると、交感神経活動の低下による末梢血管抵抗の減弱と血液粘稠度の低下、カロリー消費による体重減少がみられ、これらの多因子の改善により血圧が下がる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体液量

    解説

  • 67

    運動と高血圧改善のメカニズムについて、 運動療法の早期には、利尿を促すホルモンの活性化による体液量の減少がみられ、また、長期間運動療法を続けると、交感神経活動の低下による(   )の減弱と血液粘稠度の低下、カロリー消費による体重減少がみられ、これらの多因子の改善により血圧が下がる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 末梢血管抵抗

    解説

  • 68

    運動と高血圧改善のメカニズムについて、 運動療法の早期には、利尿を促すホルモンの活性化による体液量の減少がみられ、また、長期間運動療法を続けると、交感神経活動の低下による末梢血管抵抗の減弱と(   )の低下、カロリー消費による体重減少がみられ、これらの多因子の改善により血圧が下がる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液粘稠度

    解説

  • 69

    食中毒について、 (   )は、発生件数,患者数ともに1位であり、冬季に発生する食中毒のほとんどがウイルス性で、(   )が99%を占める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノロウイルス

    解説

  • 70

    食中毒について、 ノロウイルスは、発生件数,患者数ともに1位であり、[夏季・冬季] に発生する食中毒のほとんどがウイルス性で、ノロウイルスが99%を占める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冬季

    解説

  • 71

    食中毒について、 ノロウイルスは、(   )が原因食品で、24~48時間の潜伏を経て、嘔吐や水様性下痢をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 牡蠣などの二枚貝

    解説

  • 72

    食中毒について、 ノロウイルスは、牡蠣などの二枚貝が原因食品で、24~48時間の潜伏を経て、(   )をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嘔吐、水様性下痢

    解説

  • 73

    食中毒について、 (   )は、発生件数,患者数がノロウイルスに次いで2位、細菌の中では1位であり、鶏肉や生乳などが原因食品で、潜伏期間2~7日で、腹痛,下痢,発熱などの症状をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カンピロバクター

    解説

  • 74

    食中毒について、 カンピロバクターは、発生件数,患者数がノロウイルスに次いで2位、細菌の中では1位であり、(   )などが原因食品で、潜伏期間2~7日で、腹痛,下痢,発熱などの症状をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鶏肉や生乳

    解説

  • 75

    食中毒について、 カンピロバクターは、発生件数,患者数がノロウイルスに次いで2位、細菌の中では1位であり、鶏肉や生乳などが原因食品で、潜伏期間2~7日で、(   )などの症状をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腹痛,下痢,発熱

    解説

  • 76

    食中毒について、 (   )は、産生毒素(エンテロトキシン)が原因となるため、潜伏期間が1~6時間と短く、弁当,にぎり飯,学校給食などが原因食品となることが多く、激しい嘔吐,急激な腹痛,下痢などがみられるが、発熱はみられない。

    補足(例文と訳など)

    • 発生件数,患者数4位

    答え

    • 黄色ブドウ球菌

    解説

  • 77

    食中毒について、 黄色ブドウ球菌は、産生毒素(エンテロトキシン)が原因となるため、潜伏期間が(   )時間と短く、弁当,にぎり飯,学校給食などが原因食品となることが多く、激しい嘔吐,急激な腹痛,下痢などがみられるが、発熱はみられない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1~6

    解説

  • 78

    食中毒について、 黄色ブドウ球菌は、産生毒素(エンテロトキシン)が原因となるため、潜伏期間が1~6時間と短く、弁当,にぎり飯,学校給食などが原因食品となることが多く、(   ),下痢などがみられるが、発熱はみられない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 激しい嘔吐,急激な腹痛

    解説

  • 79

    食中毒について、 黄色ブドウ球菌は、産生毒素(エンテロトキシン)が原因となるため、潜伏期間が1~6時間と短く、弁当,にぎり飯,学校給食などが原因食品となることが多く、激しい嘔吐,急激な腹痛,下痢などがみられるが、(   )はみられない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発熱

    解説

  • 80

    食中毒について、 自然毒は、(   )によるものが多く、貝毒,フグ毒などが挙げられ、発生件数は3位である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毒キノコ

    解説

  • 81

    食中毒について、 自然毒は、毒キノコによるものが多く、貝毒,フグ毒などが挙げられ、発生件数は(   )位である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 82

    食中毒について、 (   )は、感染型のグラム陽性桿菌,嫌気性の芽胞形成菌で、ガス壊疽の原因菌でもあるが、芽胞が加熱調理に耐えるため、大量調理され嫌気性条件下になりやすい食品(カレー,シチューなど)で発生しやすく、潜伏期間6~18時間で腹痛,下痢などをきたし、患者数でみると3位である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェルシュ菌

    解説

  • 83

    食中毒について、 ウェルシュ菌は、感染型のグラム陽性桿菌,嫌気性の(   )形成菌で、ガス壊疽の原因菌でもあるが、(   )が加熱調理に耐えるため、大量調理され嫌気性条件下になりやすい食品(カレー,シチューなど)で発生しやすく、潜伏期間6~18時間で腹痛,下痢などをきたし、患者数でみると3位である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 芽胞

    解説

  • 84

    食中毒について、 ウェルシュ菌は、感染型のグラム陽性桿菌,(   )性の芽胞形成菌で、ガス壊疽の原因菌でもあるが、芽胞が加熱調理に耐えるため、大量調理され(   )性条件下になりやすい食品(カレー,シチューなど)で発生しやすく、潜伏期間6~18時間で腹痛,下痢などをきたし、患者数でみると3位である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嫌気

    解説

  • 85

    食中毒について、 ウェルシュ菌は、感染型のグラム陽性桿菌,嫌気性の芽胞形成菌で、ガス壊疽の原因菌でもあるが、芽胞が加熱調理に耐えるため、大量調理され嫌気性条件下になりやすい食品(カレー,シチューなど)で発生しやすく、潜伏期間6~18時間で腹痛,下痢などをきたし、[発生件数・患者数]でみると3位である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 患者数

    解説

  • 86

    感染症は、(   )法により1~5類に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感染症

    解説

  • 87

    感染症は、感染症法により(   )類に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1~5

    解説

  • 88

    (   )類感染症は、診断後、医師がただちに保健所長を経由して都道府県知事へ届出を行わなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1~4

    解説

  • 89

    1~4類感染症は、診断後、医師がただちに保健所長を経由して(   )へ届出を行わなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都道府県知事

    解説

  • 90

    感染症の類型について、 (   )類感染症には、7疾患あり、エボラ出血熱,クリミア・コンゴ出血熱,痘瘡(天然痘),南米出血熱,ペスト,マールブルグ病,ラッサ熱のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    • 危険性(感染力,重篤性)が極めて高い感染症

    答え

    • 1

    解説

  • 91

    感染症の類型について、 1類感染症には、7疾患あり、(   ),ペスト,マールブルグ病,ラッサ熱のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エボラ出血熱,クリミア・コンゴ出血熱,痘瘡(天然痘),南米出血熱

    解説

  • 92

    感染症の類型について、 1類感染症には、7疾患あり、エボラ出血熱,クリミア・コンゴ出血熱,痘瘡(天然痘),南米出血熱,(   )のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペスト,マールブルグ病,ラッサ熱

    解説

  • 93

    感染症の類型について、 (   )類感染症には、5疾患あり、急性灰白質髄炎(ポリオ),結核,ジフテリア,重症急性呼吸器症候群(SARS),鳥インフルエンザ(H5N1 or H7N9)のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    • 危険性が高い感染症

    答え

    • 2

    解説

  • 94

    感染症の類型について、 2類感染症には、5疾患あり、(   ),重症急性呼吸器症候群(SARS),鳥インフルエンザ(H5N1 or H7N9)のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 急性灰白質髄炎(ポリオ),結核,ジフテリア

    解説

  • 95

    感染症の類型について、 2類感染症には、5疾患あり、急性灰白質髄炎(ポリオ),結核,ジフテリア,(   )のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重症急性呼吸器症候群(SARS),鳥インフルエンザ(H5N1 or H7N9)

    解説

  • 96

    感染症の類型について、 (   )類感染症には、5疾患あり、コレラ,細菌性赤痢,腸管出血性大腸菌感染症,腸チフス,パラチフスのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    • 特定の職業への就業によって集団発生を起こし得る感染症

    答え

    • 3

    解説

  • 97

    感染症の類型について、 3類感染症には、5疾患あり、(   ),腸管出血性大腸菌感染症,腸チフス,パラチフスのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コレラ,細菌性赤痢

    解説

  • 98

    感染症の類型について、 3類感染症には、5疾患あり、コレラ,細菌性赤痢,(   )のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腸管出血性大腸菌感染症,腸チフス,パラチフス

    解説

  • 99

    感染症の類型について、 (   )類感染症には、43疾患あり、A,E型肝炎,黄熱,Q熱,狂犬病,炭疽,鳥インフルエンザ(H5N1,H7N9以外),ボツリヌス症,マラリア,野兎病などのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    • 動物,飲食物などを介して人に感染し、健康に影響を与えるおそれのある感染症

    答え

    • 4

    解説

  • 100

    感染症の類型について、 4類感染症には、43疾患あり、(   )型肝炎,黄熱,Q熱,狂犬病,炭疽,鳥インフルエンザ(H5N1,H7N9以外),ボツリヌス症,マラリア,野兎病などのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A,E

    解説

  • 101

    感染症の類型について、 4類感染症には、(   )疾患あり、A,E型肝炎,黄熱,Q熱,狂犬病,炭疽,鳥インフルエンザ(H5N1,H7N9以外),ボツリヌス症,マラリア,野兎病などのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 43

    解説

  • 102

    感染症の類型について、 (   )類感染症(全数把握対象疾患)には、18疾患あり、アメーバ赤痢,急性脳炎,ウイルス肝炎(A,E型以外),クリプトスポリジウム症,後天性免疫不全症候群(AIDS),梅毒,麻疹,風疹,破傷風,クロイツフェルト・ヤコブ病などのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    • 発生・拡大を防止すべき感染症 感染症発生動向調査→情報提供・公開→発生・拡大防止

    答え

    • 5

    解説

  • 103

    感染症の類型について、 5類感染症(全数把握対象疾患)には、18疾患あり、(   ),クリプトスポリジウム症,後天性免疫不全症候群(AIDS),梅毒,麻疹,風疹,破傷風,クロイツフェルト・ヤコブ病などのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アメーバ赤痢,急性脳炎,ウイルス肝炎(A,E型以外)

    解説

  • 104

    感染症の類型について、 5類感染症(全数把握対象疾患)には、18疾患あり、アメーバ赤痢,急性脳炎,ウイルス肝炎(A,E型以外),(   ),梅毒,麻疹,風疹,破傷風,クロイツフェルト・ヤコブ病などのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クリプトスポリジウム症,後天性免疫不全症候群(AIDS)

    解説

  • 105

    感染症の類型について、 5類感染症(全数把握対象疾患)には、18疾患あり、アメーバ赤痢,急性脳炎,ウイルス肝炎(A,E型以外),クリプトスポリジウム症,後天性免疫不全症候群(AIDS),(   ),クロイツフェルト・ヤコブ病などのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 梅毒,麻疹,風疹,破傷風

    解説

  • 106

    感染症の類型について、 (   )類感染症(定点把握対象疾患)には、26疾患あり、インフルエンザ(鳥,新型以外),性器クラミジア感染症,メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症,急性出血性結膜炎,流行性耳下腺炎,マイコプラズマ肺炎などのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 107

    感染症の類型について、 5類感染症(定点把握対象疾患)には、26疾患あり、(   ),メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症,急性出血性結膜炎,流行性耳下腺炎,マイコプラズマ肺炎などのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インフルエンザ(鳥,新型以外),性器クラミジア感染症

    解説

  • 108

    感染症の類型について、 5類感染症(定点把握対象疾患)には、26疾患あり、インフルエンザ(鳥,新型以外),性器クラミジア感染症,(   ),流行性耳下腺炎,マイコプラズマ肺炎などのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症,急性出血性結膜炎

    解説

  • 109

    感染症の類型について、 5類感染症(定点把握対象疾患)には、26疾患あり、インフルエンザ(鳥,新型以外),性器クラミジア感染症,メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症,急性出血性結膜炎,(   )などのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 流行性耳下腺炎,マイコプラズマ肺炎

    解説

  • 110

    放射線防護の三原則とは、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時間、距離、遮蔽

    解説

  • 111

    予防接種について、 ワクチンには大きく分けて、(   )ワクチンと広義の不活化ワクチンがある。

    補足(例文と訳など)

    • 生ワクチン

    答え

    • 弱毒化

    解説

  • 112

    予防接種について、 ワクチンには大きく分けて、弱毒化ワクチン(生ワクチン)と広義の(   )ワクチンがある。

    補足(例文と訳など)

    • 不活化ワクチン,コンポーネントワクチン,遺伝子組み換えワクチン,トキソイドがある。

    答え

    • 不活化

    解説

  • 113

    予防接種について、 A類疾病には、(   ),麻疹,風疹,日本脳炎,結核,インフルエンザ菌b型(Hib)感染症,肺炎球菌感染症(小児),ヒトパピローマウイルス感染症,水痘がある。

    補足(例文と訳など)

    • DPT-IPV(四種混合ワクチン)

    答え

    • ジフテリア(D),百日咳(P),破傷風(T),急性灰白髄炎(ポリオ)

    解説

  • 114

    予防接種について、 A類疾病には、ジフテリア,百日咳,破傷風,急性灰白髄炎(ポリオ),(   ),日本脳炎,結核,インフルエンザ菌b型(Hib)感染症,肺炎球菌感染症(小児),ヒトパピローマウイルス感染症,水痘がある。

    補足(例文と訳など)

    • MR(麻疹・風疹混合ワクチン)

    答え

    • 麻疹,風疹

    解説

  • 115

    予防接種について、 A類疾病には、ジフテリア,百日咳,破傷風,急性灰白髄炎(ポリオ),麻疹,風疹,(   ),肺炎球菌感染症(小児),ヒトパピローマウイルス感染症,水痘がある。

    補足(例文と訳など)

    • 日本脳炎ワクチン,BCG,Hibワクチン

    答え

    • 日本脳炎,結核,Hib感染症

    解説

  • 116

    予防接種について、 A類疾病には、ジフテリア,百日咳,破傷風,急性灰白髄炎(ポリオ),麻疹,風疹,日本脳炎,結核,インフルエンザ菌b型(Hib)感染症,(   ),水痘がある。

    補足(例文と訳など)

    • 小児用肺炎球菌ワクチン,HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)

    答え

    • 肺炎球菌感染症,ヒトパピローマウイルス感染症

    解説

  • 117

    予防接種について、 A類疾病には、ジフテリア,百日咳,破傷風,急性灰白髄炎(ポリオ),麻疹,風疹,日本脳炎,結核,インフルエンザ菌b型(Hib)感染症,肺炎球菌感染症(小児),ヒトパピローマウイルス感染症,(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    • 平成26年10月〜

    答え

    • 水痘

    解説

  • 118

    予防接種について、 ジフテリア,百日咳,破傷風,ポリオのワクチンは、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    • 四種混合ワクチン

    答え

    • DPT-IPV

    解説

  • 119

    予防接種について、 麻疹,風疹のワクチンは、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MR

    解説

  • 120

    予防接種について、 結核のワクチンは、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • BCG

    解説

  • 121

    予防接種について、 平成26年10月から、A類疾病として(   )、B類疾病として肺炎球菌感染症(高齢者)が追加された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水痘

    解説

  • 122

    予防接種について、 平成26年10月から、A類疾病として水痘、B類疾病として(   )が追加された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺炎球菌感染症(高齢者)

    解説

  • 123

    予防接種について、 任意接種の疾病には、(   ),流行性耳下腺炎(ムンプス),インフルエンザ,レプトスピラ症,A型肝炎,コレラ,狂犬病,黄熱がある。

    補足(例文と訳など)

    • 遺伝子組み換えワクチン

    答え

    • B型肝炎

    解説

  • 124

    予防接種について、 任意接種の疾病には、B型肝炎,(   ),インフルエンザ,レプトスピラ症,A型肝炎,コレラ,狂犬病がある。

    補足(例文と訳など)

    • 弱毒化ワクチン

    答え

    • 流行性耳下腺炎,黄熱

    解説

  • 125

    予防接種について、 任意接種の疾病には、B型肝炎,流行性耳下腺炎(ムンプス),(   ),A型肝炎,コレラ,狂犬病,黄熱がある。

    補足(例文と訳など)

    • 不活化ワクチン

    答え

    • インフルエンザ,レプトスピラ症

    解説

  • 126

    予防接種について、 任意接種の疾病には、B型肝炎,流行性耳下腺炎(ムンプス),インフルエンザ,レプトスピラ症,(   ),黄熱がある。

    補足(例文と訳など)

    • 不活化ワクチン

    答え

    • A型肝炎,コレラ,狂犬病

    解説

  • 127

    予防接種について、 弱毒化ワクチン(生ワクチン)を用いる疾患には、(   ),ムンプス,黄熱,ロタウイルスがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 麻疹,風疹,結核,水痘

    解説

  • 128

    予防接種について、 弱毒化ワクチン(生ワクチン)を用いる疾患には、麻疹,風疹,結核,水痘,(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ムンプス,黄熱,ロタウイルス

    解説

  • 129

    予防接種について、 狭義の不活化ワクチンを用いる疾患には、(   ),インフルエンザ,レストスピラ症,A型肝炎,コレラ,狂犬病がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポリオ,日本脳炎,肺炎球菌感染症,HPV感染症

    解説

  • 130

    予防接種について、 狭義の不活化ワクチンを用いる疾患には、ポリオ,日本脳炎,肺炎球菌感染症,HPV感染症,(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インフルエンザ,レストスピラ症,A型肝炎,コレラ,狂犬病

    解説

  • 131

    予防接種について、 コンポーネントワクチン(成分ワクチン)を用いる疾患には、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 百日咳,Hib感染症

    解説

  • 132

    予防接種について、 (   )ワクチンを用いる疾患には、百日咳,Hib感染症がある。

    補足(例文と訳など)

    • 成分ワクチン

    答え

    • コンポーネント

    解説

  • 133

    予防接種について、 遺伝子組み換えワクチン(リコンビナントワクチン)を用いる疾患には、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • B型肝炎

    解説

  • 134

    予防接種について、 (   )ワクチンを用いる疾患には、B型肝炎がある。

    補足(例文と訳など)

    • 遺伝子組み換えワクチン

    答え

    • リコンビナント

    解説

  • 135

    予防接種について、 トキソイドを用いる疾患には、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    • トキソイド:産生毒素を無毒化したもの

    答え

    • ジフテリア,破傷風

    解説

  • 136

    予防接種について、 生ワクチンは、感染性を [なくした・弱めた] 病原体を接種するもので、自然免疫に近く強力な免疫を獲得できるが、保存が困難で、弱毒化されたウイルスによる感染症状を呈することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弱めた

    解説

  • 137

    予防接種について、 生ワクチンは、感染性を弱めた病原体を接種するもので、[自然・獲得] 免疫に近く強力な免疫を獲得できるが、保存が困難で、弱毒化されたウイルスによる感染症状を呈することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然

    解説

  • 138

    予防接種について、 生ワクチンは、感染性を弱めた病原体を接種するもので、自然免疫に近く強力な免疫を獲得できるが、保存が [容易・困難] で、弱毒化されたウイルスによる感染症状を呈することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 困難

    解説

  • 139

    予防接種について、 生ワクチンは、感染性を弱めた病原体を接種するもので、自然免疫に近く強力な免疫を獲得できるが、保存が困難で、(   )されたウイルスによる感染症状を呈することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弱毒化

    解説

  • 140

    予防接種について、 狭義の不活化ワクチンは、感染性を [なくした・弱めた] 病原体を接種するもので、免疫が弱いため追加接種が必要だが、保存が容易である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なくした

    解説

  • 141

    予防接種について、 コンポーネントワクチン(成分ワクチン)は、病原体のうち、(   )のみを接種するもので、免疫が弱いため追加接種が必要だが、保存が容易である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗原性のある部分(蛋白質)

    解説

  • 142

    予防接種について、 (   )ワクチンは、病原体のうち、抗原性のある部分(蛋白質)のみを接種するもので、免疫が弱いため追加接種が必要だが、保存が容易である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンポーネント(成分)

    解説

  • 143

    予防接種について、 遺伝子組み換えワクチン(リコンビナントワクチン)は、病原体の(   )の一部を大腸菌や酵母に組み込み、抗原性のある部分を産生させたものを接種するもので、免疫が弱いため追加接種が必要だが、保存が容易で、安価で生成が容易である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DNA

    解説

  • 144

    予防接種について、 遺伝子組み換えワクチン(リコンビナントワクチン)は、病原体のDNAの一部を(   )に組み込み、抗原性のある部分を産生させたものを接種するもので、免疫が弱いため追加接種が必要だが、保存が容易で、安価で生成が容易である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大腸菌,酵母

    解説

  • 145

    予防接種について、 トキソイドは、病原体の産生する毒素を精製し、(   )したものを接種するもので、免疫が弱いため追加接種が必要である。

    補足(例文と訳など)

    • トキソイド化

    答え

    • 無毒化

    解説

  • 146

    予防接種の不適当者について、 明らかな(   )を呈している者に予防接種を行ってはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発熱

    解説

  • 147

    予防接種の不適当者について、 (   )疾患に罹っていることが明らかな者に予防接種を行ってはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重篤な急性

    解説

  • 148

    予防接種の不適当者について、 当該疾病に係る予防接種の接種液の成分によって、(   )を呈したことが明らかな者に予防接種を行ってはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アナフィラキシー

    解説

  • 149

    予防接種の不適当者について、 ポリオ,麻疹,風疹に係る予防接種の対象者において、(   )していることが明らかな者にこれらの予防接種を行ってはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 妊娠

    解説

  • 150

    予防接種の不適当者について、 BCG接種の対象者において、結核その他の疾病の予防接種,外傷などによる(   )が認められる者に予防接種を行ってはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケロイド

    解説

  • 151

    予防接種の要注意者について、 (   )疾患,発育障害等の基礎疾患を有する者に予防接種を行う際は注意が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓血管系,腎臓,肝臓,血液

    解説

  • 152

    予防接種の要注意者について、 予防接種で接種後(   )日以内に発熱のみられた者、全身性発疹などのアレルギーを疑う症状を呈したことがある者に予防接種を行う際は注意が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 153

    予防接種の要注意者について、 接種しようとする接種液の成分に対して、(   )を起こすおそれのある者に予防接種を行う際は注意が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アレルギー

    解説

  • 154

    予防接種の要注意者について、 過去に(   )の既往のある者に予防接種を行う際は注意が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいれん

    解説

  • 155

    予防接種の要注意者について、 過去に(   )の診断がなされている者、近親者に先天性(   )症の者がいる者に予防接種を行う際は注意が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 免疫不全

    解説

  • 156

    予防接種の要注意者について、 BCGにおいては、過去に(   )患者との長期の接触がある者、その他の(   )感染の疑いのある者に予防接種を行う際は注意が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結核

    解説

56667

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ