zuknow learn together

新しい教材を作成

証券用語フラッシュカード2month6day

カード 20枚 作成者: saho (作成日: 2013/12/16)

  • 委任状闘争

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    委任状闘争

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会の議案について、会社提案を否決させるため、または株主が会社提案と異なる議案を提案し(株主提案)、株主提案を可決させるために、株主総会における賛成票獲得を目指して委任状の取得を会社の経営陣と争うことを委任状争奪戦という。

    解説

  • 2

    裁定取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 価格変動において、同一の性格を持つ2つの商品の間で、割安な方を買い、割高な方を売ることにより、理論上リスクなしに収益を確定させる取引のことをいう。

    解説

  • 3

    調整

    補足(例文と訳など)

    答え

    • それまでの相場の動きとは、逆方向に短期的に動くこと。

    解説

  • 4

    高値引け

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 終値がその日の高値をつけること。

    解説

  • 5

    全面安

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株式の市場用語で、相場が下落している状態のときに使われる。ほとんどの銘柄の株価が下落すること。

    解説

  • 6

    遺言

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 死後に達成したい事柄を言いのこすこと、あるいは言いのこした言葉・文章のこと。

    解説

  • 7

    GDPデフレーター

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物価動向を把握するための指数の一つ。GDP算出時に物価変動の影響を取り除くために用いられる。

    解説

  • 8

    信託

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 委託者が、受託者に金銭や土地などの財産を移転し、受託者が信託目的に従ってその信託財産の管理、運用などを行うこと。

    解説

  • 9

    三角持ち合い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相互に株式を保有することを株式持ち合いと呼ぶが、2社間で相互に保有し合う関係だけではなく、多数の会社がそれぞれ株式を持ち合っていることをさす。

    解説

  • 10

    山高ければ谷深し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相場は暴騰することもあるが、その後反転し、急落する危険をはらんでいる。「上げ幅が大きいときほど、下げ幅もきつい」ということをあらわしたもの。

    解説

  • 11

    上方修正

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業業績について、それまで予想されていた数値より、良い状況になってきたことを表す。

    解説

  • 12

    為替レート(360円からの円高の歩み)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 戦後、固定相場制がひかれ、まず1ドル=360円という水準からスタートした。長く続いた固定相場の時代から、円とドルの通貨の交換比率を示す外国為替レートは、その後、スミソニアンレート(1ドル=308円)という時代を経て、1973年2月より完全な変動相場制に移行した。

    解説

  • 13

    軟化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株価や、為替レート等が安く(弱く)なること。

    解説

  • 14

    不出来

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 売買注文を出したが、その注文が成立しないこと。

    解説

  • 15

    ADR

    補足(例文と訳など)

    答え

    • American Depositary Receiptの略称で和訳は米国預託証券。

    解説

  • 16

    消費関連株

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 流通・小売・サービス業など消費者向けの事業を展開している企業の株式のこと。

    解説

  • 17

    資本

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 広義においては、貸借対照表における資産と負債の差額として捉えられ、借入金など他人から調達した資金を返済した後の金額を指している。「純資産」、「自己資本」とも言う。

    解説

  • 18

    5%ルール(独占禁止法の)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金融機関(銀行または保険会社)が、国内の一般事業会社の総株主の議決権の(原則)5%、保険会社の場合は10%を超えて保有することを禁じている制度のこと。

    解説

  • 19

    非不胎化介入

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 政府、あるいは中央銀行による外国為替市場への介入のうち、外貨の売買に伴う金融市場の需給変動に対して、公開市場操作(オペ)による相殺措置を行わない介入手法のことをいう。

    解説

  • 20

    地政学的リスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある特定の地域が抱える政治的・軍事的な緊張の高まりが、地理的な位置関係により、その特定地域の経済、もしくは世界経済全体の先行きを不透明にするリスクのこと。

    解説

56875

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ