zuknow learn together

新しい教材を作成

証券用語フラッシュカード2month4day

カード 20枚 作成者: saho (作成日: 2013/12/16)

  • 普通取引

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    普通取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 証券取引所内でおこなわれる株式の売買の種類で、決済日の違いによって区分されるものの一つ。

    解説

  • 2

    東アジア地域包括的経済連携

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東南アジア諸国連合(ASEAN)の加盟10カ国にオーストラリア、中国、インド、日本、韓国、ニュージーランドを加えた合計16カ国の地域において貿易や投資を自由化するという構想。

    解説

  • 3

    オールインコスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利率、各種手数料など債券を発行する際の費用総額。

    解説

  • 4

    プライベートエクイティファンド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 未公開株式を取得し、株式公開や第三者に売却をすることで、キャピタルゲインを獲得することを目的としたファンドのこと。

    解説

  • 5

    デッドハンド型防衛策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 買収対象となった対象会社の取締役会構成員の過半数を交替させても、なお防衛策の廃止または発動を阻止できない買収防衛策の類型をデッドハンド型防衛策という。

    解説

  • 6

    青天井

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マーケットで使われる用語で、相場が上昇している状態のときに使われる。相場の上げ基調が続き、どこまでも上がりそうな状態をさす。

    解説

  • 7

    リスクフリー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リスクの無いこと。一般的には国債をさす。

    解説

  • 8

    ウィンブルドン現象

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外資系企業に国内市場を占有されながらも市場活性化が進むこと。

    解説

  • 9

    日計り商い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同一の取引者が一日のうちに同一銘柄を売買してしまうこと。

    解説

  • 10

    ファンダメンタルズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経済活動の状況を示す基礎的な要因のことで、経済の基礎的条件と訳されている。

    解説

  • 11

    物価

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個々の財・サービスに付けられた値段や料金のことを「価格(個別価格)」といい、財・サービスの価格を総合したものを「物価(一般物価)」という。

    解説

  • 12

    酒田五法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酒田ケイ線とも呼ばれ、出羽国庄内/相場師本間宗久が江戸時代に考案したテクニカル分析のひとつ。ローソク足の組み合わせによって売り場、買い場を読む五つの法則(三山、三川、三空、三兵、三法)のこと。

    解説

  • 13

    期先限月

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株価指数、金利、商品などの先物・オプション取引の限月取引において、異なる2つ以上の限月取引のうち、取引最終日が相対的に遅く到来する限月、あるいは限月取引のことをいう。

    解説

  • 14

    有限責任事業組合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出資者が出資額までしか責任を負わず、事業で獲得した利益の配分や権限が出資金額の比率に拘束されない事業体のこと。

    解説

  • 15

    マネーフロー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資金循環ともいう。国民経済において、企業・家計や金融機関などの間で取引される貨幣、資金の流通の総称。

    解説

  • 16

    先導株比率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東証全体の売買高(出来高)上位10銘柄が占める割合を示す統計指標のこと。物色の集中度を示す。

    解説

  • 17

    定時償還(投資信託)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単位型投資信託は信託期間があらかじめ決められており、その期間が経過すると償還を迎える。このことを定時償還と呼ぶ。

    解説

  • 18

    信用危機

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不良債権処理などに伴い、金融機関の経営が悪化することにより金融市場での資金供給が縮小し、資金の流動性が逼迫している状況のこと。

    解説

  • 19

    個別元本

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国内籍の公募追加型株式投資信託において、個々の投資家がそれを購入した時の基準価額のこと。投資信託(投信)を換金した時の税金計算の基準にする購入元本として、投信の購入時期による税制上の不公平が発生しないよう、2000年4月から制度導入された。

    解説

  • 20

    自然成長率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然成長率(供給の伸び率)は、一国の経済成長率の実力を示しており、労働力人口の伸び率に、労働生産性上昇率を加えたものである。短期的にみると一定の速度で拡大するものと考えられている。

    解説

57039

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ