zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 25

カード 6枚 作成者: kazu (作成日: 2013/10/26)

  • Aがその過失によってB所有の建物を取り壊し、Bに対し不法行為による損害賠償債務を負担した。Aの損害賠償債務は、BからAへの履行の請求があったときから履行遅滞となり、Bは、そのとき以降の遅延損害金を請求することができる

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

不法行為に関する○×問題!!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    Aがその過失によってB所有の建物を取り壊し、Bに対し不法行為による損害賠償債務を負担した。Aの損害賠償債務は、BからAへの履行の請求があったときから履行遅滞となり、Bは、そのとき以降の遅延損害金を請求することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 損害が発生した瞬間から、Aは履行遅滞になる。Bの請求は不要。不法行為というケシカラン行為をしたのだから、普通の債務より責任が重くて当然

    解説

  • 2

    「不法行為の被害者は,損害賠償債権を自働債権として,加害者に対する金銭返還債務と相殺することができない。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 不法行為の加害者は(損害賠償に関しては債務者)側からは相殺できません(民法第509条)が、被害者(損害賠償に関しては債権者)側からであれば、相殺できます。

    解説

  • 3

    Aが故意または過失によりBの権利を侵害し、これによってBに損害が生じた場合、AがCに雇用されており、AがCの事業の執行につきBに加害行為を行ったときには、CがBに対する損害賠償責任を負うのであって、CはAに対して求償することもできない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × が賠償すべきなのに、Cが立て替えて払わせられたようなものだから、CはAに求償できる

    解説

  • 4

    「不法行為に基づく損害賠償債務は,被害者が催告をするまでもなく,その損害の発生のときから遅滞に陥る。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    加害者数人が、共同不法行為として民法第719条により各自連帯して損害賠償の責任を負う場合、その1人に対する履行の請求は、他の加害者に対してその効力を有しない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    Aは、宅地建物取引業者Bに媒介を依頼して、土地を買ったが、Bの社員Cの虚偽の説明によって、損害を受けた。 ①Aは、Cの虚偽の説明がBの私事によるものでないときは、Cに対して損害の賠償を求めることができるが、Bに対しては求められない ②Aは、Cの不法行為責任が成立しなければ、Bに対して損害の賠償を求められない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ① ×Bの責任は、使用者として、社員Cの選任・監督に不行き届きがあったことによる責任② ○

    解説

56717

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ