zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 24

カード 6枚 作成者: kazu (作成日: 2013/10/26)

  • Aが建設業者Bに請け負わせて木造住宅を建築した場合、Aは、住宅の引渡しを受けた場合において、その住宅に瑕疵があり、契約をした目的を達成することができないときは、引渡しを受けた後1年内であれば、その契約を解除することができる

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

請負に関する○×問題!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    Aが建設業者Bに請け負わせて木造住宅を建築した場合、Aは、住宅の引渡しを受けた場合において、その住宅に瑕疵があり、契約をした目的を達成することができないときは、引渡しを受けた後1年内であれば、その契約を解除することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 不動産の場合には、どんな致命的な瑕疵があっても、解除できないことになっている。Aとしては、瑕疵修補請求と損害賠償請求で画我慢するしかない

    解説

  • 2

    「請負人が仕事に着手した後では、注文者は、契約を解除することができない。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 注文者はその仕事が不要となっても契約をした以上は解除できないとすると、注文者は相当な不利益を被ることになります。民法では、注文者は、請負人が仕事を完成するまでは、請負人に損害賠償をしていつでも解除できることになっています。 (民法641条)

    解説

  • 3

    AがBに対して建物の建築工事を代金3000万円で注文し、Bがこれを完成させた。請負契約の目的物たる建物に瑕疵がある場合、瑕疵の修補が可能であれば、AはBに対して損害賠償請求を行う前に、瑕疵の修補を請求しなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 瑕疵の修補が可能でも、瑕疵修補請求せずに、損害賠償請求をしてもOK

    解説

  • 4

    「目的物に瑕疵がある場合、注文者は、その瑕疵の修補が可能であっても、修補を請求しないで、損害賠償を請求することができる。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    AがBに対して建物の建築工事を代金3000万円で注文し、Bがこれを完成させた。この場合、請負契約の目的物たる建物の瑕疵について、Bが瑕疵担保責任を負わない旨の特約をしたときは、Aは当該建物の瑕疵についてBの責任を一切追及することができなくなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 請負人が担保責任を負わないという特約も有効だ。ただし、請負人が瑕疵の存在を知っていたのに注文者に言わずに隠していた場合には、特約は無効となり、注文者は担保責任を追求できる

    解説

  • 6

    請負契約により注文者Aが請負人Bに建物(木造一戸建て)を増築させた場合、Aは、Bが建物を完了していない間にBに代えてCに請け負わせ当該建物を完成させることとするとき、損害を賠償してBとの請負契約を解除することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56869

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ