zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 23

カード 7枚 作成者: kazu (作成日: 2013/10/26)

  • Aは、Bにマンションの一室を賃貸するにあたり、管理を業としないCとの間で管理威徳契約を締結して、Cに賃料取立て等の代理権を与えた。この場合、Cは、Aとの間で特約があくても、Aに対して欧州の請求をすることができる

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

委任に関する○×問題!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    Aは、Bにマンションの一室を賃貸するにあたり、管理を業としないCとの間で管理威徳契約を締結して、Cに賃料取立て等の代理権を与えた。この場合、Cは、Aとの間で特約があくても、Aに対して欧州の請求をすることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × AC間の契約は、マンションの管理についての委任契約だ。委任はただ働きが原則だ(無償契約)。特約がない限り報酬は請求できない

    解説

  • 2

    Aは、その所有する土地について、第三者の立ち入り防止等の土地の管理を、当該管理を業としていないBに対して委託した。Bga無償で本件管理を受託している場合は、「善良なる管理者の注意」ではなく、「自己の財産におけると同一の注意」をもって事務を処理すれば足りる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 受任者Bはたとえただ働きとはいえ、人様から土地の管理を任された以上信頼にこたえなければいけない。だから、善良な管理者の注意を要求される

    解説

  • 3

    委任者が破産手続き開始決定を受けた場合、委任契約は終了する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    「受任者は、原則として委任者に対し定期的に委任事務処理の状況を報告しなければならない。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 受任者は、委任者の請求があるときはいつでも、委任事務処理の状況を報告しなければいけません。(委任者の利益のために必要ならば、委任者の請求がなくても報告すべきと解されています。)

    解説

  • 5

    「受任者は、報酬を受ける特約のないときは、自己の事務処理におけると同程度の注意義務で足り、善良な管理者としての注意義務までは負わない。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 受任者は、有償・無償契約を問わず、善良なる管理者の注意をもって委任義務を処理する義務を負っています。(民法644条)

    解説

  • 6

    「委任は、原則として各当事者がいつでもこれを解除することができる。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    「委任は、当事者の死亡または破産手続開始の決定による場合に限り当然に終了する。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 当事者(委任者・受任者)の死亡・破産手続開始の決定により委任契約は終了しますが、このほかに、受任者が後見開始の審判を受けることによっても終了します。このため、本設問では、「当事者の死亡または破産による場合に限り」となっているので、×になります。

    解説

56689

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ