zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 21

カード 6枚 作成者: kazu (作成日: 2013/10/26)

  • 共に宅地建物取引業者であるAB間でA所有の土地について、平成25年9月1日に売買代金3000万円(うち、手付金200万円は同年9月1日に、残代金は同年10が31日に支払う)とする売買契約を締結した。この場合、本件売買契約に利害関係を有しないCは、同年10月3日を経過すれば、Bの意思に反しても残代金をAに対して支払うことができる

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

弁済に関する○×問題!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    共に宅地建物取引業者であるAB間でA所有の土地について、平成25年9月1日に売買代金3000万円(うち、手付金200万円は同年9月1日に、残代金は同年10が31日に支払う)とする売買契約を締結した。この場合、本件売買契約に利害関係を有しないCは、同年10月3日を経過すれば、Bの意思に反しても残代金をAに対して支払うことができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 利害関係のある第三者の場合は、債務者の意思に反しても弁済することができるが、利害関係のない第三者の場合は、債務者の意思に反して弁済することはできない

    解説

  • 2

    借地人が地代の支払を怠っている場合、借地上の建物の賃借人は、土地賃貸にの意思に反しても、地代について金銭以外のもので代物弁済することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 債権者の意思に反して、一方的に代物弁済を押し付けることはできない

    解説

  • 3

    Aは、Bに対する金銭債務を有している。Aが不動産の所有権をもって代物弁済の目的とする場合、Bへの所有権移転登記その他第三者に対する対抗要件を具備するため必要な行為を完了しなければ、弁済としての効力は生じない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    AはBに対し金銭債務を負っている。この場合,「Bの承認を受ければ,Aの意思に反する場合であっても,利害関係を有しない第三者Cはこの債務を弁済することができる。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × Cは、利害関係のない第三者であり、Bの意思に反して弁済をすることができないので、Cの弁済は効力をもちません。(民法474条2項)

    解説

  • 5

    AはBに対し金銭債務を負っている。この場合,「Bの代理人と称するEが受取証書を持ってきたので,AはEに対して弁済をした。EはBの代理人ではなく,当該証書は盗まれたものであるとしても,Aの弁済は有効となることがある。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    Aが、Bに対して不動産を売却し、所有権移転登記及び引渡しをした場合、Bが「AからCい対して代金債権を譲渡した」旨を記載された偽造の文書を持参した代金債権の準占有者Cに弁済した場合で、Bが善意無過失であるとき、Bは、代金債務を免れる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

57012

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ