zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 20

カード 14枚 作成者: kazu (作成日: 2013/10/26)

  • 建物の賃貸借においては、その存続期間は、20年を超えることができる

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

借家に関する○×問題♪

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    建物の賃貸借においては、その存続期間は、20年を超えることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    Aは、その所有する建物をBに賃貸した。Bが建物を第三者に転貸する場合、Aの承諾を得る必要があるが、Aが承諾を与えないときは、Bは、Aの承諾に代わる許可の裁判を裁判所に対して申し立てることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 借地権の転貸の場合には、地主の承諾に代わる許可を裁判所に求めることができるが、建物の転貸の場合にはそういう制度はない

    解説

  • 3

    Aは、その所有する居住用建物をBに賃貸している。AB間で「賃貸借期間の3年が満了しても更新しない」旨の特約をするには、公正証書でなければ効力がない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 定期建物賃貸借は書面で契約する必要があるが、公正証書でなくてもOK.ただし、契約締め切り前に交付して説明しないと、特約は無効

    解説

  • 4

    Aが、B所有の建物を賃借している。Bの建物がCからの借地上にあり、Bの借地権の存続期間n満了をその1年前までに知らなかった場合に限り、Aは、裁判所に対し土地の明け渡しの猶予を請求することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    Aを賃貸人、Bを賃借人とするA所有の居住用建物の賃貸借に関して、AB間で「Bが自己の費用で造作することは自由であるが、賃貸借が終了する場合、Bはその造作の買取請求をすることはできない」と定める特約は有効である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    期間の定めのない建物賃貸借契約において、賃貸人が、解約の申し入れをしたときで、その通知に借地借家法第28条に定める正当事由がある場合は、解約の申し入れの日から3月を経過した日に、契約は終了する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 終了時期は、申し入れの日から「6ヶ月」経過したとき

    解説

  • 7

    借地人が定期借地権に基づき建てた家屋を賃貸する場合は、借地人との間で「賃貸借は、定期借地権の期間満了に伴い家屋を取り壊すこととなる時に終了し、更新はしない」とする契約を締結することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    AがBからBの所有する建物を賃借している場合、Aは、建物に造作を付加したときは、Bの同意を得ていたとしても、賃貸借終了の際、Bに対し時価でその造作を買い取るべきを請求することはできない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 建物賃借人は、賃貸人の同意を得て建物に付加した造作を、賃貸借終了時に、賃貸人に時価で買い取らせることができる

    解説

  • 9

    AがB所有の建物を賃借している場合、「Aが、建物に自ら居住せず、Bの承諾を得て第三者に転貸し、居住させているときは、Aは、Bからその建物を買い受けた者に対し、賃借権を対抗させることができない。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 転借人を通しての間接占有も賃借権の対抗要件『引渡し』になる

    解説

  • 10

     AがB所有の建物を賃借している場合、「Bの建物がDからの借地上にあり、Bの借地権の存続期間の満了によりAが土地を明渡すべきときは、Aが期間満了をその1年前までに知らなかった場合に限り、Aは、裁判所に対し、土地の明渡しの猶予を請求することができる。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    Aは、その所有する建物をBに賃貸した。この場合、Aが賃貸借期間満了の1年前から6ヶ月前までの間にBに対して更新拒絶の通知をしないときは、前の契約と同一の条件で契約更新したものとみなされる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    Aが、B所有の建物を賃借している。建物の転貸借がされている場合(転借人C)において、AB間の賃貸借が正当の事由があり期間の満了によって終了するときは、Bは、Cにその旨通知しないと、Aに対しても、契約の終了を主張することができない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × Cへの終了通知をしなくても、BはAには契約の終了を主張できる。Aにとっては、寝耳に水でもなんでもない

    解説

  • 13

    AがBに対し期間2年と定めて賃貸した建物を、BはCに対し期間を定めずに転貸し、Aはこれを承諾した。この場合、CがAの同意を得て建物に付加した造作は、期間の満了によって建物の賃貸借が終了するとき、CからAに対し買取を請求することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    家屋は賃貸人A家賃の増額請求について、増額を正当とする裁判が確定した場合で、賃借人Bが既に支払った額に不足があるとき、Bはその不足額に年1割の割合による支払期後の利息を付してこれをAに支払わなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56860

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ