zuknow learn together

新しい教材を作成

教育原理:教授法学習理論

カード 24枚 作成者: shihiro iwami (作成日: 2014/12/05)

  • プロジェクトメソッドを定義付けた人は?


    アメリカの教育学者

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

教授法学習理論について

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    プロジェクトメソッドを定義付けた人は?

    補足(例文と訳など)

    • アメリカの教育学者
    • "プロジェクトメソッド(構案法)とは生徒に自発的にな計画を立てさせ自主的な活動を通して学習を展開させる単元学習の一理論として普及"

    答え

    • キルパトリック

    解説

  • 2

    発見学習を提案した人

    補足(例文と訳など)

    • 『教育の過程』
    • "学習者自身が結論を導く過程に参加することでものの考え方や問題解決の方法等を発見していくのでこのような名称となった"

    答え

    • ブルーナー

    解説

  • 3

    オーズベルが提唱した学習法は?

    補足(例文と訳など)

    • "アメリカの心理学者
    • 暗記などのインプット型学習に対抗して理論化 学習者の中に前もって形成されている枠組み、レディネスを重要視

    答え

    • 有意味受容学習

    解説

  • 4

    有意味受容学習における「枠組み」のことを何と言うか?

    補足(例文と訳など)

    • オーズベルの言う「有意味」のこと
    • 先行オーガナイザーには、説明オーガナイザーと比較オーガナイザーの二種類がある

    答え

    • 先行オーガナイザー

    解説

  • 5

    ブルームの取り組みにより有名になった学習理論とは?

    補足(例文と訳など)

    • キャロルの研究に由来
    • "学習者の9割は時間差はあれど同一の学習程度に到達できるとする理論 診断的評価、形成的評価、総括的評価に基づき適切な指導を実施することを重要視"

    答え

    • 完全習得学習

    解説

  • 6

    パーカーストが創案した教育法とは?

    補足(例文と訳など)

    • 個別学習指導により、生徒の能力に応じた学習計画を形成し、生徒は自習するのが基本的な学習スタイル

    答え

    • ドルトン・プラン

    解説

  • 7

    ウィネトカ・プランを創案した人は?

    補足(例文と訳など)

    • デューイのアメリカ新教育運動による影響
    • "共通必修教科(3Rs)では個々の能力に応じて学習速度を設定し、一方で「集団的・創造的活動」は集団活動を中心に進めるのが特徴"

    答え

    • ウォッシュバーン

    解説

  • 8

    ペーターゼンによって開発された学習指導法は?

    補足(例文と訳など)

    • ペーターゼン
    • "児童相互の教え合いを取り入れた。 「学校は生活共同体(ゲマインシャフト)の縮図であるべし」"

    答え

    • イエナ・プラン

    解説

  • 9

    ハインペルとワーゲンシャインらによるい提唱された教育法は?

    補足(例文と訳など)

    • 1951年西ドイツ、チュービンゲン決議
    • 教材を精選、範例とは典型的、基礎的事例を指す。範例の学習により教材の本質的理解を目指した。

    答え

    • 範例学習

    解説

  • 10

    仮説実験授業を提唱した人は?

    補足(例文と訳など)

    • "科学上の最も基礎的な概念と原理的な法則を教えることを目標 問題→予想→討論→実験(0からの発見ではない)"

    答え

    • 板倉聖宣(きよのぶ)

    解説

  • 11

    水道方式を提唱した人は?

    補足(例文と訳など)

    • 小学校の算数教育の理論
    • 計算を最も単純化したプロセスに分解、一般概念から特殊概念・法則につなげて理解

    答え

    • 遠山啓(ひらく)

    解説

  • 12

    授業時間を固定せず時間割編成の柔軟化が可能な教育方式とは?

    補足(例文と訳など)

    • 香川大学付属中により開始
    • 最小単位時間(モジュール)の組み合わせ…1モジュール=15分から20分

    答え

    • モジュール学習

    解説

  • 13

    優秀な年長児を助教(モニター)とし教師の監督のもとに他生徒を指導させる教育法は?

    補足(例文と訳など)

    • イギリスにおいて実施
    • 教師不足対策にも一役買ったが、助教の素質によるレベル格差が問題

    答え

    • 助教法(モニトリアル・システム、ベル・ランカスター法)

    解説

  • 14

    モリソンによって提唱された教授理論とは?

    補足(例文と訳など)

    • 1920年代アメリカ
    • 教科を科学型・鑑賞型・言語型・実科型・純粋型・練習型の5つに分類、モリソンプランは主に科学型に適応

    答え

    • モリソン・プラン

    解説

  • 15

    ヴァージニア州教育委員会がカズウェルを中心に策定した教育方針は?

    補足(例文と訳など)

    • 社会的問題を中心とする学習を、中心過程と各教科に相当する周辺過程から構成している典型的なコアカリキュラム

    答え

    • ヴァージニア・プラン(スコープ・シークエンス法)

    解説

  • 16

    スキナーが開発した個別学習法とは?

    補足(例文と訳など)

    • アメリカの心理学者
    • コンピュータ(ティーチングマシーン)を相手にに学習を進める、自動教授、孤立学習とも呼ばれる

    答え

    • プログラム学習

    解説

  • 17

    個別学習を取り入れた具体的な教授法を3つ述べよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドルトンプラン・ウィネトカプラン・モリソンプラン

    解説

  • 18

    グループ学習の利点とは?

    補足(例文と訳など)

    • 問題点は、モチベーション差があった場合にうまく行かない可能性あり。

    答え

    • グループ内での個人の役割明確化、学習の非単調さ

    解説

  • 19

    バズ学習とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6人ずつ小集団で6分ずつ討議する問題解決法

    解説

  • 20

    オズボーンが提唱した議論形式は?

    補足(例文と訳など)

    • 原則=批判するな・自由奔放・質より量・連想と結合

    答え

    • ブレイン・ストーミング

    解説

  • 21

    アロンソンが提唱した討論法は?

    補足(例文と訳など)

    • 人間関係の向上にも効果あり

    答え

    • ジグソー学習

    解説

  • 22

    KJ法とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カードを使った問題解決法

    解説

  • 23

    シンポジウムとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有識者による発表後、聴衆から質疑応答を行う会場全体で行う討論

    解説

  • 24

    パネルディスカッションとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テーマについて異なる立場のパネリストを壇上で発表・討論させる方法

    解説

56726

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ