zuknow learn together

新しい教材を作成

ビジネス実務法務検定 対策②

カード 34枚 作成者: 石井裕太 (作成日: 2013/12/16)

  • 他人の物を占有しているものが、そのものに関して生じた債権(目的物と債権の牽連性といわれる)を有するときは、その債権の弁済を受けるまで、そのものを留置できる権利
    例 自動車の修理のために自動車を預かった者は、修理の報酬が支払われるまで、その自動車の返還を拒むことができる

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ビジネス実務法務検定の対策用カードです。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    他人の物を占有しているものが、そのものに関して生じた債権(目的物と債権の牽連性といわれる)を有するときは、その債権の弁済を受けるまで、そのものを留置できる権利 例 自動車の修理のために自動車を預かった者は、修理の報酬が支払われるまで、その自動車の返還を拒むことができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 留置権

    解説

  • 2

    債務者の財産を処分して得られる金銭を債権者に配当する手続き。会社と個人いずれもが対象となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 破産

    解説

  • 3

    清算人が裁判所の監督のもとで清算を行う手続き。 これの対象となるのは株式会社だけである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特別清算

    解説

  • 4

    債務不履行の場合には、直ちに強制執行を受けても異議がないなどの債務者の同意が付された公正証書のこと。 裁判を経なくても、この公正証書が債務名義となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強制執行認諾文言付き公正証書

    解説

  • 5

    カルテルや談合など不当な取引制限に違反した事実を、公正取引委員会に自分から報告した一定の事業者は、課徴金が減免されるという制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リニエンシー (課徴金減免制度)

    解説

  • 6

    振出権限のないものが会社名義で手形を振り出す行為など ・手形を振り出す行為については(①)罪が成立 ・偽造した有価証券を使用した場合には、(②)罪が成立 ・偽造した有価証券を使用して商品を購入したり、債務の支払いに充てたりした場合には(③)罪が成立

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①有価証券偽造(罪) ②偽造有価証券行使(罪) ③詐欺(罪)

    解説

  • 7

    会社法 粉飾決算をして剰余金の配当を行う行為 (①)罪が成立。役員などに(②)罪が成立する場合もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①違法配当(罪) ②特別背任(罪)

    解説

  • 8

    金融機関の役員などの不良貸付行為 (①)罪が成立する可能性がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①特別背任(罪)

    解説

  • 9

    株主総会対策として総会屋に金品を提供する行為 (①)罪が成立

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①利益供与(罪)

    解説

  • 10

    独占禁止法の主な禁止行為3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①私的独占 ②不当な取引制限 ③不公正な取引方法

    解説

  • 11

    ある事業者が、他の事業者の事業活動を排除し、または支配することにより、公共の利益に反して、一定の取引分野における競争を実質的に制限すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 私的独占

    解説

  • 12

    事業者が共同して価格を取り決めること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 価格カルテル

    解説

  • 13

    事業者が共同して生産量や販売量を制限すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 数量カルテル

    解説

  • 14

    不公正な取引方法として指定されている主な行為の例①~⑤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①不当廉売 ②抱き合わせ販売 ③再販売価格の拘束 ④優越的地位の濫用 ⑤不当な差別的取り扱い

    解説

  • 15

    自己の供給する商品を、正当な理由がないのに、購入する相手方にその販売価格の自由な決定を拘束する条件を付けて、商品を提供するなどの行為 (例)メーカーの示した価格で販売することを取引の条件として、承諾した流通業者のみ取引を行う場合など

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再販売価格の拘束

    解説

  • 16

    訪問販売、通信販売、電話勧誘販売などの一般の商取引とは異なる販売形態について、販売業者に対し規制を行い、高齢者などの弱者消費者の保護を目的とする法律。 従来の制度にあった「指定商品性」が、平成20年改正(平成21年12月1日全面施行)によって廃止された

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定商取引法

    解説

  • 17

    民事訴訟、刑事訴訟、行政訴訟のいずれにおいても、判決に不服がある場合には、より上級の裁判所に上訴できること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 審級制度

    解説

  • 18

    「a」とは、紛失した手形を無効にするための制度で、手形の紛失者が「b」に対して申し立てするものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 公示催告手続 b 裁判所

    解説

  • 19

    秘密文書の持ち出し 秘密文書を保管する権限を有するものの場合には、「a」が成立 その他の者の場合は「b」が成立 秘密文書を保管する権限を有する者が、秘密を漏洩した場合、「c」が成立

    補足(例文と訳など)

    答え

    • a 業務上横領罪 b 窃盗罪 c 背任罪

    解説

  • 20

    物に対する支配権のうち、物の使用・収益を内容とする権利

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 用益物権

    解説

  • 21

    特定の者から特定の者に対して、その意思を伝達することを目的とする文書を「①」ということがあるが、この「①」には注文書、申込書、契約解除通知などがある。 こうした文書は、相手方に自分の意思を伝えることを主な目的とするため、民法上は「②」によりその効力が生じることとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①往復文書 ②到達主義

    解説

  • 22

    相殺の意思表示をする側の債権を「①」、これを受ける側の債権を「②」という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①自働債権 ②受動債権

    解説

  • 23

    手形のように、財産権を表す証券で、権利の移転にはその交付を必要とし、権利の行使に原則として証券の所持を必要とするものを「①」という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①有価証券

    解説

  • 24

    手形上の権利は、手形の作成によって初めて発生する。この手形の性質を「①」という。そして、手形上の権利の内容は、証券上の記載によって決定される。このような手形の性質を「②」という・記載事項は法律によって定められており、この手形の性質を「③」という。 手形の法律関係は、手形の振出の原因となった法律関係から切り離されており、原因となった法律関係の影響を受けない。この手形の性質を「④」という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①設権証券性 ②文言証券性 ③要式証券性 ④無因証券性

    解説

  • 25

    無効などの原因により主たる債務が成立しないときは、保障債務も成立しないという保証債務の性質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 附従性

    解説

  • 26

    債権者が、主たる債務者に対する債権を第三者に譲渡した場合に、その第三者に対して保証債務を負うこととなる性質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 随伴性

    解説

  • 27

    保証債務は、主たる債務が履行されない場合に初めて弁済しなければならない債務であり、この性質のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補充性

    解説

  • 28

    民法の4つの原則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①権利能力平等の原則 ②私的自治の原則 ③所有権絶対の法則 ④過失責任の原則

    解説

  • 29

    特定の人に対してのみ主張できる権利のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 債権

    解説

  • 30

    特許権の存続期間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特許出願から20年間

    解説

  • 31

    実用新案権(技術的思想の創作(考案)で、物品んの形状、構造、組み合わせに関するもの)の存続期間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 登録出願より10年間

    解説

  • 32

    意匠権の存続期間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 登録から20年間

    解説

  • 33

    著作権の存続期間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原則として著作者の死後50年を経過するまで

    解説

  • 34

    商標権んの存続期間(a)年間 因みに不使用取消審判請求により取り消される事があるのは(b)年間使用しない場合である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (a)設定登録から10年間 (10年単位で何回でも更新出来る) (b)3

    解説

56894

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ