zuknow learn together

新しい教材を作成

情報処理検定(ビジネス情報1級)Part5

カード 23枚 作成者: 山田涼太 (作成日: 2013/12/16)

  • 対象の要素を重要な順に並べ、上位からABCの3グループに分けて分析すること。商品の売れ筋・死筋や、顧客の得意先リストの作成等に使われる

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

情報処理検定「ビジネス情報1級」用に、問題をいくつかまとめました。 Part5まであります。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    対象の要素を重要な順に並べ、上位からABCの3グループに分けて分析すること。商品の売れ筋・死筋や、顧客の得意先リストの作成等に使われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ABC分析

    解説

  • 2

    件数の多い順に並べた棒グラフとともに、その件数の累積を示した折れ線グラフを重ねた複合グラフ。ABC分析などに使われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パレート図

    解説

  • 3

    一定期間の動向を分析するために、毎月の実績値、その累計値、移動合計値を1つのグラフで示したもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Zグラフ

    解説

  • 4

    複数個の変数を持つデータの集合体から、変数に関する最も有力な関係を分析すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 回帰分析

    解説

  • 5

    相互に関連性のある2つの要素の分布状況を見るときに用いるグラフ。2つの要素は縦軸と横軸に取り、測定値を点で打っていく。点の集まりや傾き等で相関がわかる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 散布図

    解説

  • 6

    散布図において、2項目間に比例する関係があること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正の相関

    解説

  • 7

    散布図において、2項目間で一方が高くなると一方が低くなるような負の比例関係があること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 負の相関

    解説

  • 8

    データをいくつかの範囲(区間)に分け、その範囲に含まれるデータの度数に比例する量を長方形の棒で表現したグラフ。散布図と呼ばれることもある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒストグラム

    解説

  • 9

    実際に業務で使われている帳票や帳簿類を参考にして、業務内容を分析し、どのようなデータが必要でどれを管理対象とするのかを検討する作業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 概念設計

    解説

  • 10

    利用するデータベース管理システム(RDBMS)に合わせて、データベースの論理的な構造として表と索引を設計する作業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 論理設計

    解説

  • 11

    論理設計の結果を用いて、利用するデータベース管理システムに応じた設計を行う作業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物理設計

    解説

  • 12

    重複するデータの冗長性をなくし、より単純な形にすること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正規化

    解説

  • 13

    正規化において、重複して繰り返し現れる項目が存在しない状態にすること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第1正規化(正規形)

    解説

  • 14

    正規化において、主キーと関連のある項目を別のテーブルに分割すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第2正規化(正規形)

    解説

  • 15

    正規化において、主キーでない項目について関連のある項目を別のテーブルに分割すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第3正規化(正規形)

    解説

  • 16

    エンティティ、エンティティ間の結びつきを表すリレーションシップ、エンティティの持つ値を表すアトリビュートの3つで、それぞれの相関関係を図式化したもののこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • E-R図

    解説

  • 17

    一単位として扱われるデータのまとまりのこと。またデータベースとして表現すべき対象物のこと。論理設計の段階では表に相当する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エンティティ(実体)

    解説

  • 18

    エンティティが持つ値のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アトリビュート(属性)

    解説

  • 19

    エンティティとエンティティの相互関係のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リレーションシップ(関係)

    解説

  • 20

    新しい行(レコード)の入力や削除を行っても、表間のリレーションシップが維持されるようにするための規則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 整合性制約(参照整合性)

    解説

  • 21

    あるユーザが処理を行っている間は他のユーザがデータベースを使えないようにロックし、トランザクションが終了した時点で他のユーザが処理を行えるようにすること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 排他制御

    解説

  • 22

    2つ以上の処理が、それぞれロックのかかったデータにアクセスしようとして、ロックの解放ができず、待ち状態が無限に続くような状態のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デッドロック

    解説

  • 23

    問い合わせ文の条件式部分に、別の問い合わせ文が埋め込まれたもの。問い合わせ文が入れ子になっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副問合せ

    解説

56689

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ