zuknow learn together

新しい教材を作成

[教員採用試験]図画工作

カード 37枚 作成者: A2shi (作成日: 2013/12/16)

  • <教科の目標>表現及び鑑賞の活動を通して1を働かせながら、つくりだす2を味わうようにするとともに、3な4の基礎的な能力を培い、豊かな情操を養う。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    <教科の目標>表現及び鑑賞の活動を通して1を働かせながら、つくりだす2を味わうようにするとともに、3な4の基礎的な能力を培い、豊かな情操を養う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1感性 2喜び 3造形的 4創造活動

    解説

  • 2

    <指導計画作成の配慮事項>第二の各学年の内容の「A表現」の(二)の指導に配当する授業時数については、1に表すことの内容に配当する授業時数が2や3に表すことの内容に配当する授業時数とおよそ等しくなるように計画すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1工作 2絵 3立体

    解説

  • 3

    <指導計画作成の配慮事項>第二の各学年の内容の「B鑑賞」の指導については、「A表現」との1を図るようにすること。ただし、指導の2を高めるため必要がある場合には、児童や学校の実態に応じて、3して行うようにすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1関連 2効果 3独立

    解説

  • 4

    <指導計画作成の配慮事項>第二の各学年の「A表現」の指導については、適宜1してつくりだす活動を取り上げるようにすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1共同

    解説

  • 5

    <指導計画作成の配慮事項>低学年においては、1などとの関連を積極的に図り、指導の効果を高めるようにすること。特に第一学年においては、2における3に関する内容などとの関連を考慮すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1生活科 2幼稚園教育 3表現

    解説

  • 6

    <内容の取り扱い>個々の児童が特性を生かした活動をができるようにするため、学習活動や表現方法などに1をもたせるようにすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1幅

    解説

  • 7

    <内容の取り扱い>各学年の「A表現」の(二)については、児童や学校の実態に応じて、児童が工夫して楽しめる程度の1に表す経験や2する経験ができるようにすること。3に留意すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1版 2焼成 3事故防止

    解説

  • 8

    <内容の取り扱い>各学年の「B鑑賞」の指導に当たっては、児童や学校の実態に応じて、地域の1などを利用したり、連携を図ったりすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1美術館

    解説

  • 9

    <1年生及び2学年の目標>進んで1する態度を育てるとともに、つくりだす喜びを味わうようにする。2を楽しみ、豊かな発想をするなどして3や4などを働かせるようにする。5の作成などから、面白さや楽しさを感じ取るようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1表したり見たり 2造形活動 3体全体の感覚 4技能 5身の回り

    解説

  • 10

    <A表現> 一年生及び二年生。材料を基に造形遊びをする活動を通して、次の事項を指導する。ア身近な1や2の材料の3や4を基に思い付いてつくる。イ5や6を生かしながら楽しくつくること。ウ7するなど8を働かせてつくること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1自然物  2人工  3形4色 5感覚 6気持ち 7並べたり、つないだり、積んだり 8体全体

    解説

  • 11

    <A表現>一年生及び二年生。感んじたことや想像したことを絵や立体、工作に表す活動を通して、次の事項を指導する。イ1を選んだり、いろいろな形をつくって楽しんだりしながら表すこと。ウ2や3を4を働かせて使うとともに、表し方を考えて表すこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1好きな色 2身近な材料 3扱いやすい用具 4手

    解説

  • 12

    <B鑑賞>一年生及び二年生。身の回りの作品などを鑑賞する活動を通して、次の事項を指導する。ア自分たちの作品や1などを楽しく見ること。⇒自分や友人のつくりつつある作品

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1身近な材料

    解説

  • 13

    <B鑑賞>一年生及び二年生。身の回りの作品などを鑑賞する活動を通して、次の事項を指導する。イ感じたことを話したり、友人の話を聞いたりするなどして、1や色、表し方の2、材料の3などに4こと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1形 2面白さ 3感じる 4気付く

    解説

  • 14

    <共通事項>一年生及び二年生。ア自分の感覚や活動を通して、形や色などをとらえること。イ形や色などを基に自分のイメージをもつこと。⇒(アとイ)1に一体となって2に分けられない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1常 2厳密

    解説

  • 15

    <用具>一年生及び二年生。土、粘土、1、クレヨン、2、はさみ、のり、3など4ものを用いるとし、児童が5ことができるようにすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1紙 2パス 3簡単な小刀類 4身近で扱いやすい 十分に慣れる

    解説

  • 16

    <三年生及び四年生の目標>進んで表現したり鑑賞したりする態度を育てるとともに、つくりだす喜びを味わうようにする。材料などから豊かな発想をし、1や体全体を十分に働かせ、表し方を工夫し、造形的な能力を2ようする。3にある作品などから、よさや面白さを感じ取るようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1手 2伸ばす 3身近

    解説

  • 17

    <A表現>三年生及び四年生 材料や1などを基に造形遊びをする活動を通して、次の事項を指導する。イ2をつくるとともにその形から3したりみんなで話し合って、考えたりしながらつくること。ウ前学年までの材料や用具についての経験を生かし、4するなどしてつくること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1場所 2新しい形 3発想 4組み合わせたり、切ってつないだり、形を変えたり

    解説

  • 18

    <A表現>三年生及び四年生。感じたことや想像したこと1を絵や立体、工作に表す活動を通して、次の事項を指導する。⇒2と3の芽生えに配慮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1見たこと 2客観性 3他者意識

    解説

  • 19

    <A表現>三年生及び四年生 イ表したいことや用途などを考えながら、形や色、材料などを生かし1を立てるなどして表すこと。ウ表したいことに合わせて、材料や用具の特徴を生かして使うとともに、表し方を考えて表すこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1計画

    解説

  • 20

    <B鑑賞>三年生及び四年生 身近にある作品などを鑑賞する活動を通して、次の事項を指導する。ア自分たちの作品や身近な1や2などを鑑賞して、よさや3を感じること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1美術作品 2製作の過程 3面白さ

    解説

  • 21

    <B鑑賞>三年生及び四年生 身近にある作品などを鑑賞する活動を通して、次の事項を指導する。 イ感じたことや思ったことを話したり、友人と話し合ったりするなどして1や2などが3こと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1いろいろな表し方 2材料による感じの違い 3分かる

    解説

  • 22

    <共通事項>三年生及び四年生 ア自分の感覚や活動を通して、形や色、1などの2をとらえること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1組み合わせ 2感じ

    解説

  • 23

    <共通事項>三年生及び四年生 イ形や色などの1を基に、自分のイメージをもつこと。 ⇒一体的であったり相互に行き来しながら生じるることに十分配慮する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1感じ

    解説

  • 24

    <用具>三年生及び四年生 木切れ、1、釘、2、小刀、3、金づちなどを4に扱うことができるようにすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1板材 2水彩絵の具 3使いやすいのこぎり 4適切

    解説

  • 25

    <五年生及び六年生の目標> 1に、表現したり鑑賞したりする態度を育てるとともに、つくりだす喜びを味わうようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1創造的

    解説

  • 26

    <五年生及び六年生の目標> 材料などの特徴をとらえ1を働かせて発想し、2の表し方を3するとともに、様々な表し方を工夫し、造形的な能力を4ようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1想像力 2主題 3構想 4高める

    解説

  • 27

    <五年生及び六年生の目標> 1のある作品などから、よさや2を感じ取るとともに、それらを大切にするようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1親しみ 2美しさ

    解説

  • 28

    <A表現>五年生及び六年生 材料や場所などの1を基に造形遊びをする活動を通して、次の事項を指導する。 ア材料や場所などの1を基に発想し、2を働かせてつくること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1特徴 2想像力

    解説

  • 29

    <A表現>五年生及び六年生 イ材料や場所などに1それらを基に2したり3を考え合わせたりしながらつくること。 ウ前学年までの材料や用具についての経験や4を5に生かしてつくること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1進んでかかわり合い 2構成 3周囲の様子 4技能 5総合的

    解説

  • 30

    <A表現>五年生及び六年生 感じたことや想像したこと1を絵や立体、工作に表す活動を通して、次の事項を指導する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1伝えたいこと ⇒社会的な広がりを踏まえている。 前後関係を意図的に表したり再現的につくりあげる。

    解説

  • 31

    <A表現>五年生及び六年生 イ形や色、材料などの特徴や1の2などの感じ、用途などを考えながら、表し方を3して表すこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1構成 2美しさ 3構想

    解説

  • 32

    <A表現>五年生及び六年生 ウ表したいことに合わせて、材料や用具の特徴を生かして使うとともに、1に適した方法などを2表すこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1表現 2組み合わせて

    解説

  • 33

    <B鑑賞>五年生及び六年生 自分たちの作品、1や2の親しみのある美術作品、3の中の作品などを鑑賞して、よさや4を感じ取ること。⇒社会や文化も対象に取り入れ分析的に見ること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1我が国 2諸外国 3暮らし 4美しさ

    解説

  • 34

    <B鑑賞>五年生及び六年生 感じたことや思ったことを話したり、友人と話し合ったりするなどして1、2や3などを4こと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1表し方の変化 2表現の意図 3特徴 4とらえる

    解説

  • 35

    <共通事項>五年生及び六年生 ア自分の感覚や活動を通して、形や色、1や2などの3な4をとらえること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1動き 2奥行き 3造形的 4特徴

    解説

  • 36

    <共通事項>五年生及び六年生 形や色などの1な2を基に自分のイメージをもつこと。 ⇒一体的であったり相互に行き来しながら明らかになったりする性質をもつことに十分配慮する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1造形的 2特徴

    解説

  • 37

    <用具>五年生及び六年生 1、2などを用いることとし、児童が3に応じてこれらを4できるようにすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1針金 2糸のこぎり 3表現方法 4活用

    解説

57040

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ