zuknow learn together

新しい教材を作成

[教員採用試験]家庭科2

カード 26枚 作成者: A2shi (作成日: 2013/12/16)

  • <教科の目標>1などに関する2な活動を通して3に必要な基礎的・基本的な知識及び技能を身に付けるとともに4を大切にする心情をはぐくみ、5として生活をよりよくしようとする実践的な態度を育てる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    <教科の目標>1などに関する2な活動を通して3に必要な基礎的・基本的な知識及び技能を身に付けるとともに4を大切にする心情をはぐくみ、5として生活をよりよくしようとする実践的な態度を育てる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1衣食住 2実践的・体験的 3日常生活 4家庭生活 5家族の一員

    解説

  • 2

    <目標の解説、基礎的・基本的な知識及び技能について>自立への基礎を培う、中学校段階との1、2を考慮した上で日常生活に必要なもの、応用・発展できるもの、生活における3につながるもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1系統生 2一貫性 3工夫・創造

    解説

  • 3

    <五年生及び六年生の目標>衣食住や1などに関する実践的・体験的な活動を通して、自分の成長を2するとともに家庭生活への関心を高め、その大切さに3ようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1家族の生活 2自覚 3気付く

    解説

  • 4

    <五年生及び六年生の目標>日常生活に必要な基礎的・基本的な知識及び技能を身に付け、1生活に活用できるようにする。自分と家族などのかかわりを考えて実践する喜びを味わい、家庭生活をよりよくしようとする実践的な態度を育てる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1身近な

    解説

  • 5

    <A家庭生活と家族>自分の成長と家族について、次の事項を指導する。⇒1な内容として第五学年の最初に履修すること。ア自分の成長を自覚することを通して、家庭生活と2の大切さに気付くこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1ガイダンス的 2家族 ⇒内容はAからDとして中学校に合わせた

    解説

  • 6

    <A家庭生活と家族>家庭生活と仕事について、次の事項を指導する。ア家庭には自分や家族の生活を1仕事があることが分かり2する仕事ができること。⇒3や4で終わることなく責任をもって5に実行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1支える 2自分の分担 3一時の思いつき 4興味 5継続的

    解説

  • 7

    <A家庭生活と家族>家庭生活と仕事について、次の事項を指導する。イ1の2使い方を工夫し、家族に協力すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1生活時間 2有効な

    解説

  • 8

    <A家庭生活と家族>家族や近隣の人々とのかかわりについて、次の事項を指導する。ア家族との1や2を楽しくする工夫をすること。イ3とのかかわりを考え、自分の家庭生活を工夫すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1触れ合い 2団らん 3近隣の人々

    解説

  • 9

    <B日常の食事と調理の基礎>イ材料の1、2、3、4、5及び6が適切にできること。⇒配膳は食欲を換気し、食事をたのしくするための雰囲気作り。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1洗い方 2切り方 3味のつけ方 4盛り付け 5配膳 6後片付け

    解説

  • 10

    <B日常の食事と調理の基礎>ウ1、2して調理ができること。エ3及び4の調理ができること。⇒わが国の伝統的な5であり6の利用もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1ゆでたり 2いためたり 3米飯 4みそ汁 5日常食 6自動炊飯器

    解説

  • 11

    <B日常の食事と調理の基礎>オ調理に必要な用具や食器の安全で1な取り扱い及び2の安全な取り扱いができること。⇒3を十分に洗う、4、5の防止に留意して熱源や用具、機械を扱う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1衛生的 2こんろ 3手指 4事故 5火傷

    解説

  • 12

    <C快適な衣服と住まい>衣服の1と2について、次の事項を指導する。ア衣服の働きが分かり、衣服に関心をもって、3の4な着方を工夫できること。※衣服の働きについては、5や6、遠足や宿泊学習などの場面を想定して7や8に合わせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1着用 2手入れ 3日常着 4快適 5保険衛生上 6生活活動上 7気象条件 8活動内容

    解説

  • 13

    <C快適な衣服と住まい>イ日常着の手入れが必要であることが分かり、1や2ができること。⇒手洗い中心で3は4に使用したり、手洗いと比較する。また、身近な環境への影響を考えた5とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1ボタン付け 2洗濯 3電気洗濯機 4脱水 5洗剤料

    解説

  • 14

    <C快適な衣服と住まい>快適な住まい方について、次の事項を指導する。ア住まい方に関心をもって1や2の仕方が分かり工夫できること。⇒市販の清掃用具を使わず、昔から伝わる3や4を生かして5を活用した学習も考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1整理・整頓 2清掃 3先人の知恵 4児童の発想 5不用品

    解説

  • 15

    <C快適な衣服と住まい>快適な住まい方について、次の事項を指導する。イ1の変化に合わせた生活の大切さが分かり、快適な住まい方を工夫できること。⇒2、3、4、5及び6を取り上げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1季節 2暑さ 3寒さ 4通風 5換気 6採光

    解説

  • 16

    <C快適な衣服と住まい>1に2物の製作について次の事項を指導する。ア3を用いて製作する物を考え、4などを工夫し、5を立てること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1生活 2役立つ 3布 4形 5製作計画

    解説

  • 17

    <C快適な衣服と住まい>生活に役立つ物の製作について次の事項を指導する。(解説)1が付けやすい、裁ちやすい、ほつれにくい、縫いやすいなど、児童が扱いやすいもの(性質)例えば2などを選択するようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1しるし 2木綿

    解説

  • 18

    <C快適な衣服と住まい>生活に役立つ物の製作について次の事項を指導する。(解説)この学習では1などの他の材料と布との扱いの違いや2を知り布の3を考えるようにすることに配慮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1紙 2特性 3使い方

    解説

  • 19

    <C快適な衣服と住まい>生活に役立つ物の製作について次の事項を指導する。イ1や2を用いた3により4に応じた縫い方を考えて製作し、活用できること。⇒5の始末の徹底を図る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1手縫い 2ミシン 3直線縫い 4目的 5折れた針

    解説

  • 20

    <C快適な衣服と住まい>(解説)手縫い⇒手で縫い針に糸を通したり1を2や3にしたり、布を合わせて縫ったりすることがある。ここでは児童の実態に応じた無理のない手縫いとして4、5、6などの縫い方を扱い、なみ縫いは7程度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1糸端 2玉結び 3玉どめ 4なみ縫い 5返し縫い 6かがり縫い 7 2〜3針続けて縫う

    解説

  • 21

    <C快適な衣服と住まい>(解説)ミシンを用いた直線縫い⇒使い方については1、2の3の仕方や縫い始めや縫い終わりや4の縫い方を考えた処理の仕方など、直線縫いをするために必要な5の練習を中心に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1上糸 2下糸 3準備 4角 5基本的な操作

    解説

  • 22

    <C快適な衣服と住まい>ウ製作に必要な用具の安全な取り扱いができること。⇒1、2、3、4などの用具は危険を伴うので、安全で適切な取り扱い方を製作を通して機器の扱い、ミシンの移動や出し入れなどに留意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1針類 2はさみ類 3アイロン 4ミシン

    解説

  • 23

    <D身近な消費生活と環境>物や金銭の使い方と買い物について、次の事項を指導する。ア1や2の大切さに気付き、3な使い方を考えること。⇒4などは金銭と同じ価値があるので、使い方においても5に配慮することも触れるようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1物 2金銭 3計画的 4プリペイドカード 5金銭同様

    解説

  • 24

    <D身近な消費生活と環境>物や金銭の使い方と買い物について、次の事項を指導する。イ1な物の選び方、買い方を考え、2に購入できること。⇒3については、地域や児童の実態に応じて触れることも考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1身近 2適切 3通信販売

    解説

  • 25

    <D身近な消費生活と環境>環境に配慮した生活の工夫について、次の事項を指導する。ア1と2とのかかわりに気付き、物の使い方などを工夫できること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1自分の生活 2身近な環境

    解説

  • 26

    <D身近な消費生活と環境>(解説)ごみの分別や1の仕方を工夫させたり、2などの環境に配慮した地域の取り組みに関心をもち、進んで協力できるようにする。指導に当たっては、3に自分の生活との結び付きに気付くようにし、一人一人が4をもって調べたり、工夫したりして主体的に学習し、実践できるように配慮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1減量 2リサイクル活動 3常 4課題

    解説

56635

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ