zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 14

カード 14枚 作成者: kazu (作成日: 2013/10/26)

  • A所有の家屋につき、Aを売主、Bを買主とする売買契約が成立した。家屋の所有権移転登記が完了し、引渡し期日が過ぎたのに、Aがその引渡しをしないでいたところ、その家屋が類焼によって滅失した場合、Bは、契約を解除することができる

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

債務不履行・損害賠償・解除に関する○×問題っ!!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    A所有の家屋につき、Aを売主、Bを買主とする売買契約が成立した。家屋の所有権移転登記が完了し、引渡し期日が過ぎたのに、Aがその引渡しをしないでいたところ、その家屋が類焼によって滅失した場合、Bは、契約を解除することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    Aは、自己所有の甲地をBに売却し、代金を受領して引渡しを終えたが、AからBにたいする所有権移転登記はまだ行われていない。AB間の売買契約をBから解除できる事由があるときで、Bが死亡し、CとDが1/2ずつ共同相続した場合、C単独ではこの期やうを解除することはできず、Dと共同で行われなえればならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    Aが、B所有の建物を代金8000万円で買い受け、即日3000万円を支払った場合で、残金は3ヶ月後所有権移転登記及び引渡しと引き換えに支払う旨の約定がある。Bが、履行期に建物の所有権移転登記はしたが、引渡しをしない場合、特別の合意がない限り、Aは、少なくとも残金の半額2500万円を支払わなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × Aが残金5000万円を支払わなければなrないのは、①履行期が到来し、②Bが登記を移転し、③Bが建物の引渡しをした場合だ。この3つのうちのどれが欠けても、Aは残金を1円も支払う必要はない

    解説

  • 4

    「Bが約定期日に代金を支払わないとき、Aは、甲土地の引渡しを提供することなく、相当の期間を定めてBに履行の催告をし、その期間内にBの履行のないとき、Aは当該契約を解除することができる。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 売買契約は、双方に義務(引渡しと代金の支払い/「双務義務」ともいう)のある契約であるため(民法第533条、第555条)、買主Bが、約束の日に代金を支払わないときであっても、少なくとも売主Aは、甲土地の引渡しを行わなければ、買主Bに履行遅滞の責任を問うことはできません(第541条)。

    解説

  • 5

    Aは、A所有の土地をBに対し1億円で売却する契約を締結し、手付金として1000万円を受領した。Aは、決済日において、登記及び引き渡し等の自己の債務の履行を提供したが、Bが、土地の値下がりを理由に残代金を支払わなかったので、登記及び引渡しはしなかった。この場合、Aは、この売買契約を解除せず、Bに対し、残代金の支払いを請求し続けることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    Aがその所有する建物をBに売却する契約をBと締結したが、その後Bが資金計画に支障をきたし、Aが履行の提供をしても、Bが残代金の支払いをしないため、Aが契約を解除しようとしている。AがBに対し履行を催告した場合において、その催告期間が府相当に短いときでも、催告のときより起算して客観的に相当の期間を経過して、Bの履行がないときは、Aは、改めて催告しなくても、その契約を解除することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    「Bのローンが甲土地の引渡し期日までに成立しないとき、契約は解除される旨の特約がある場合、当該期日までにローンが成立しなければ、Bが意思表示をするまでもなく、当該契約は解除される。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    Aが、Bに建物を3000万円で売却し、Bが代金を支払った後Aが引き渡しをしないうちに、Aの過失で建物が焼失した場合、Bは、Aに対し契約を解除して、代金の返還、その利息の支払い、粋私不能による損害賠償の各請求をすることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    Aは、A所有の土地を、Bに対し、1億円で売却する契約を締結し、手付金として1000万円を受領した。Aは、決済日において、登記及び引渡し等の自己の債務の履行を提供したが、Bが、土地の値下がりを理由に残代金を支払わなかったので、登記及び引渡しはしなかった。Bが、AB間の売買契約締結後、この土地をCに転売する契約を締結していた場合、Aは、AB間の売買契約を解除しても、Cのこの土地を取得する権利を害することはできない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 解除をした者と第三者との関係は、登記の有無で決まる

    解説

  • 10

    買主Aと売主Bとの間で建物の売買契約を締結し、AはBに手付けを交付したが、その手付けは解約手付けである旨約定した。Aが、売買代金の一部を支払う等売買契約の履行に着手した場合は、Bが履行に着手していないときでも、Aは、本件約定に基づき手付けを法規して売買契約を解除することができない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 相手方(B)が履行に着手していないなら、自分(A)の履行の着手が無駄になるのは、自分でかぶれば済むことだから解除OK

    解説

  • 11

    Aは、Bから土地建物を購入する契約(代金5000万円、手付金300万円、違約金1000万円)をBと締結し、手付けを支払ったが、その後資金計画に支障を来たし、残代金を支払うことができなくなった。「Aのローンが某日までに成立しないとき、契約は解除される」旨の条項がその契約にあり、ローンがその日までに成立しない場合は、Aが解除の意思表示をしなくても、契約は効力を失う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    Aは、Bから土地建物を購入する契約(代金5000万円、手付け300万円、違約金1000万円)をBと締結し、手付けを支払ったが、その後資金計画に支障を来し、残代金を支払うことができなくなった。Aは、Bが履行に着手する前であれば、中間金を支払っていても、手付けを放棄して契約を解除し、中間金の返還を求めることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    Aがその所有する建物をBに売却する契約をBと締結したが、その後Bが資金計画に支障をきたし、Aが履行の提供をしても、Bが残代金の支払いをしないため、Aが毛役を解除しようとする場合、Aは、Bに対し相当の期間を定めて履行を催告し、その期間内にBの履行がないときは、その契約を解除し、あわせて損害賠償の請求をすることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    共に宅地建物取引業者でるAB間でA所有の土地について、平成25年9月1日に売買代金3000万円(うち、手付金200万円は同年9月1日に、残代金は同年10月31日に支払う)とする売買契約を締結した。Bの債務不履行によりAが売買契約を解除する場合、手付金相当額を損害賠償の予定とする旨を売買契約で定めていた場合には、特約がない限り、Aの損害が200万円を超えていてもAが手付金相当額以上に損害賠償請求はできない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56973

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ