zuknow learn together

新しい教材を作成

04) インドの古典文明

公認 カード 42枚 作成者: 世界史Bだよ!受験生全員集合! (作成日: 2014/12/12)

  • 前2300年ころからインダス川を中心とする地域に栄えた、インド最初の文明は何か。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

インドの古典文明

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    前2300年ころからインダス川を中心とする地域に栄えた、インド最初の文明は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インダス文明

    解説

  • 2

    インダス川中流のパンジャーブ地方にある、インダス文明の代表的遺跡は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハラッパー

    解説

  • 3

    インダス川下流のシンド地方にある、インダス文明の代表的遺跡は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モエンジョ=ダーロ

    解説

  • 4

    インダス文明で使用された、未解読の象形文字は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インダス文字

    解説

  • 5

    インダス文明の担い手と推定される、現在南インドを中心に住む民族は何系か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドラヴィダ系

    解説

  • 6

    前1500年ころからカイバル峠を通ってパンジャーブ地方に進出した、インド=ヨーロッパ語系の民族とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アーリヤ人

    解説

  • 7

    アーリヤ人が神々にささげた賛歌や儀礼をまとめたものをヴェーダというが、そのうち最古のものは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リグ=ヴェーダ

    解説

  • 8

    アーリヤ人は四つの基本的身分をつくったが、その身分(「種姓」)を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴァルナ

    解説

  • 9

    人の職業・出身地などで細分化されたアーリヤ人の内婚集団を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジャーティ

    解説

  • 10

    バラモン(司祭)、クシャトリヤ(武士)、ヴァイシャ(農民・牧畜民・商人)、シュードラ(隷属民)からなる身分制度の遵守を主張し、のち形式的・儀礼的になっていった、バラモン主導の宗教とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バラモン教

    解説

  • 11

    バラモン教の儀礼的・形式的な面に反対し、思索を重んじる哲学思想を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウパニシャッド哲学

    解説

  • 12

    前6世紀ころ、ガンジス川中流域で有力であった二つの国はマガダ国とどこか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コーサラ国

    解説

  • 13

    身分や家族を捨て、35歳でブッダ(「悟った者」の意)となり仏教の開祖となった、シャカ族の王子は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガウタマ=シッダールタ

    解説

  • 14

    ブッダが解脱の方法として説いた実践法とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 八正道

    解説

  • 15

    仏教と同じころ成立した、徹底した禁欲と不殺生主義を唱えたジャイナ教の開祖は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴァルダマーナ

    解説

  • 16

    前2世紀ころインドで発見されたといわれる、数学上の重要な概念とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゼロの概念

    解説

  • 17

    アレクサンドロスの侵入後チャンドラグプタが建てた、インド初の統一国家とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マウリヤ朝

    解説

  • 18

    南端を除く全インドを支配し、中央集権策を行うなど、マウリヤ朝の最盛期を築いた、前3世紀の王は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アショーカ王

    解説

  • 19

    アショーカ王は基本的倫理としてのダルマ(法)によって全土を統治しようと、各地に何を建てたか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 磨崖碑

    解説

  • 20

    アショーカ王は仏教に帰依し、シャカの教説の編集を行わせたが、それを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仏典結集

    解説

  • 21

    アショーカ王が息子を布教のため派遣したことで、伝統的仏教の一大中心となったのはどこか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スリランカ(セイロン)

    解説

  • 22

    マウリヤ朝のあとインドにはバクトリアなどが進入したが、1世紀に大月氏から独立してインドに進入した、イラン系民族による王朝は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クシャーナ朝

    解説

  • 23

    2世紀にでた、クシャーナ朝最盛期の王は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カニシカ

    解説

  • 24

    カニシカ王の治世に、都のある地方を中心にギリシア的な仏像美術が成立したが、これを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガンダーラ美術

    解説

  • 25

    従来の仏教と異なり、菩薩信仰をもとに万人の救済をめざす新仏教を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大乗仏教

    解説

  • 26

    大乗仏教に対し、出家して修行を行い、自分個人の救済をめざす従来の仏教を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上座部仏教(上座仏教)

    解説

  • 27

    前1~後3世紀にデカン高原を支配し、ローマとの季節風貿易で栄えた、ドラヴィダ系の王朝は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サータヴァーハナ朝

    解説

  • 28

    320年ころチャンドラグプタ1世のとき、ガンジス川流域からおこり北インドを支配した国は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グプタ朝

    解説

  • 29

    中国では「超日王」と呼ばれた、この国の第3代の王で最盛期の人物は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャンドラグプタ2世

    解説

  • 30

    チャンドラグプタ2世の時代の宮廷詩人で、サンスクリット語(梵語)を用いた文学作品で知られるのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カーリダーサ

    解説

  • 31

    グプタ朝のときにつくられた、仏教学の中心は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナーランダー僧院

    解説

  • 32

    グプタ朝の時代には従来のギリシア的ではなく純インド的な美術が成立したが、これを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グプタ美術

    解説

  • 33

    グプタ様式を代表する壁画があるデカン高原西北部の仏教遺跡は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アジャンター石窟寺院

    解説

  • 34

    グプタ朝の時代に完成した、バーラタ族の戦闘を綴った古代インドの代表的な叙事詩は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『マハーバーラタ』

    解説

  • 35

    グプタ朝の時代に完成した、ラーマ王子の活躍を描いた、古代インドの代表的叙事詩は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『ラーマーヤナ』

    解説

  • 36

    紀元前後に成立し、このころ人々に定着した、宗教的・社会的規範をまとめた法典は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『マヌ法典』

    解説

  • 37

    グプタ朝の時代に、従来のバラモン教と民間信仰や仏教が融合されて成立した、現在もインドの主流である宗教は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒンドゥー教

    解説

  • 38

    グプタ朝衰退の原因をつくった遊牧民は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エフタル

    解説

  • 39

    北インドを7世紀に再統一し、ヴァルダナ朝を始めた、中国では「戒日王」と呼ばれる王は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハルシャ=ヴァルダナ

    解説

  • 40

    ハルシャ=ヴァルダナの時代にインドを訪れ、ナーランダー僧院で学んだ唐僧は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 玄奘

    解説

  • 41

    前3世紀ころに成立しマウリヤ朝に対抗、ローマとの交易で栄えたドラヴィダ系の王朝は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パーンディヤ朝

    解説

  • 42

    10世紀に最盛期をむかえ、シュリーヴィジャヤまで遠征した、南インドのタミル人王朝とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チョーラ朝

    解説

57044

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ