zuknow learn together

新しい教材を作成

在宅訪問管理栄養士の認定試験の問題集

カード 38枚 作成者: salu (作成日: 2014/12/03)

  • WHO世界保健機構
    高齢化社会

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

2014年度認定試験の問題集

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    WHO世界保健機構 高齢化社会

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高齢化率7%超

    解説

  • 2

    高齢社会

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高齢化率14%超

    解説

  • 3

    超高齢社会

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高齢化率21%超

    解説

  • 4

    高齢化率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 65歳以上人口÷総人口×100

    解説

  • 5

    医療保険の種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 被用者保健(けんぽ) 国民健康保険 後期高齢者医療制度

    解説

  • 6

    介護保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平成12年4月1日開始 40歳以上65歳未満:第2号被保険者 65歳以上 第1号被保険者 要支援1,2 要介護1~5 段階区分

    解説

  • 7

    医療保険による在宅栄養指導

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 在宅患者訪問栄養食事指導 医療機関が、通院が困難な在宅で療養を行っている患者で医師が定める特別食を提供する必要性を認めた場合に行われる。

    解説

  • 8

    保険点数 ・在宅療養者 ・居住系施設入居者

    補足(例文と訳など)

    • 給付限度は月2回

    答え

    • 在宅療養者 530点 居住系施設入居者 450点

    解説

  • 9

    介護保険による居宅栄養指導

    補足(例文と訳など)

    • 在宅療養者530単位 居住系施設入居者450単位 給付限度は月2回 ※介護保険は「単位」

    答え

    • 居宅療養管理指導(管理栄養士) 居宅療養管理指導事業所が、通院または通所が困難な利用者で、医師が厚生労働大臣が別に定める特別食を提供する必要性を認めた場合または低栄養状態にあると医師が判断した場合に行われる。

    解説

  • 10

    在宅患者訪問栄養食事指導 (医療保険)における 医師が指示しなければならないこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 熱量・熱量構成・たんぱく質量・脂質量・脂質構成(不飽和脂肪酸/飽和脂肪酸)について具体的な指示

    解説

  • 11

    介護保険において 居宅療養管理指導の実施内容

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・共同で栄養ケア計画を作成 ・栄養管理に係わる情報提供、指導、助言を30分以上 ・栄養ケアマネジメントの手順に沿う・栄養状態のモニタリング

    解説

  • 12

    医療保険において 在宅患者訪問栄養食事指導の実施内容

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・食品構成に基づく食事計画案 または具体的な献立を示した 食事指導せんを交付 ・具体的な献立によって調理を介して実技を伴う指導を30分以上行う

    解説

  • 13

    厚生労働大臣が定める特別食

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎臓病、肝臓病、糖尿病、胃潰瘍、貧血、膵臓病、脂質異常症、痛風、心臓疾患などに対する減塩食、検査食、 十二指腸潰瘍に対する潰瘍食、消化管術後に対する潰瘍食、クローン病および潰瘍性大腸炎による腸管機能の低下に対する低残渣食、高度肥満症に対する治療食、高血圧に対する減塩食

    解説

  • 14

    介護保険による居宅療養管理指導

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経管栄養のための流動食、嚥下困難者のための流動食、低栄養状態

    解説

  • 15

    医療保険による在宅患者訪問栄養食事指導

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェニールケトン尿症食、楓糖尿病食、ホモシスチン尿症食、ガラクトース血症食、治療乳、無菌食

    解説

  • 16

    MNA

    補足(例文と訳など)

    • 0-7:低栄養 8-11:低栄養の恐れあり 12-14:栄養状態良好

    答え

    • 栄養アセスメントツール Mini Nutritional Assessment 1.過去3ヶ月の食事量の変化 2.過去3ヶ月の体重の減少 3.自力歩行 4.過去3ヶ月の精神疾患、急性疾患 5.神経・精神的な問題 6.BMI 7.ふくらはぎ周囲長(31cm基準)

    解説

  • 17

    体重変化率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (平常時ー測定体重)÷平常時×100 過去6ヶ月で10% 3ヶ月で7.5% 1ヶ月で5% 週に3% 高度栄養障害のリスクあり

    解説

  • 18

    %IBW

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 測定時÷標準体重×100 90%以下で軽度栄養障害 80%以下で中等度 70% 高度

    解説

  • 19

    %UBW

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 測定時÷平常時×100 86%~95%軽度栄養障害 76%~85%中等度 75%以下 高度

    解説

  • 20

    AC

    補足(例文と訳など)

    • 体脂肪と筋肉量を反映

    答え

    • 上腕周囲長

    解説

  • 21

    TSF

    補足(例文と訳など)

    • 体脂肪・貯蔵エネルギー量を推定

    答え

    • 上腕三頭筋皮下脂肪厚

    解説

  • 22

    %AC %TSF %AMC %AMA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高リスク 60%未満 中等度リスク 60%~79% 低リスク 80%~89%

    解説

  • 23

    一日に必要な水分量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30mL×現体重+水分喪失分 必要エネルギー×1mLが目安

    解説

  • 24

    低栄養の分類 クワシオルコル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たんぱく質の欠乏 エネルギーは問題ない 疾患や外傷などの生理ストレスにより発症 ★肝臓でのたんぱく合成機能が低下しているため血清アルブミンの低下がみられる 体重減少はあまりみられない

    解説

  • 25

    低栄養の分類 マラスムス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たんぱく質とエネルギーの慢性欠乏 (とくにエネルギー) 食事からのエネルギーとたんぱく質の長期不足状態 肝臓でのアルブミン合成は比較的保たれている 徐々に筋肉や体脂肪が消耗し、体重が減少している。

    解説

  • 26

    クワシオルコルーマラスムス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 急性疾患・骨折・感染症・発熱・手術などの生理的ストレスが加わりたんぱく質の栄養状態が低下。 食事からの十分なたんぱく質の補給が行われないときは引き続いて筋肉や体脂肪が消耗される。 高齢者に多くみられる 血清アルブミン値の低下や体重の低下

    解説

  • 27

    低栄養状態のおそれのある高齢者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6ヶ月間に2kgの体重減少 BMI18.5kg/m2未満 血清アルブミン3.5g/dl以下

    解説

  • 28

    要支援1の状態像

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日常生活上の基本動作については、ほぼ自分で行うことが可能であるが、日常生活動作の介護や現状の状態防止により要介護状態になることの予防に資するよう、手段的日常動作において何らかの支援を要する状態

    解説

  • 29

    要支援2

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要支援1の状態から手段的日常生活動作を行う能力がわずかに低下し、何らかの支援が必要になる

    解説

  • 30

    要介護1

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要支援1の状態から手段的日常生活動作を行う能力が一部低下し、部分的な介護が必要になる状態

    解説

  • 31

    要介護2

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要介護1の状態に加え 日常生活動作についても、部分的な介護が必要になる状態

    解説

  • 32

    要介護3

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要介護2の状態と比較して、日常生活動作および手段的日常生活動作の両方の観点から著しく低下し、ほぼ全面的介護が必要になる状態

    解説

  • 33

    要介護4

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要介護3の状態に加え さらに動作能力が低下し 介助なしには日常生活を営むことが困難な状態となる

    解説

  • 34

    要介護5

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要介護4の状態よりもさらに能力が低下しており、介助なしには日常生活を行うことがほぼ困難な状態

    解説

  • 35

    PESフォーマット

    補足(例文と訳など)

    • 栄養専門職が介入できる栄養状態や変化を記載 問題の存在あるいは維持に関する因子。病態生理学、社会心理学的、状況的、発育的、文化的および、または環境的な問題 栄養アセスメント指標から客観的なデータや臨床医の診断・主観的な訴えを検討し、栄養関連問題を判定する。

    答え

    • Problem 栄養関連問題 Etiology 原因 Signs/Symptoms 徴候/症状

    解説

  • 36

    等張

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 285±5mOsm/L

    解説

  • 37

    等張液

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5%ブドウ糖液

    解説

  • 38

    生理食塩水 等張

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.9%NaCl Na+154mEq/L Cl-154mEq/L

    解説

56953

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ