zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 11

カード 7枚 作成者: kazu (作成日: 2013/10/26)

  • A・B・Cが持分を6・2・2の割合とする建物の共有をしている場合、この建物をDが不法占有しているときには、B・Cは単独でDに明け渡しをもとめることができる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

共有に関する○×問題!!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    A・B・Cが持分を6・2・2の割合とする建物の共有をしている場合、この建物をDが不法占有しているときには、B・Cは単独でDに明け渡しをもとめることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 不法占有者に明渡しを求めるのは保存行為だから各自単独でOK

    解説

  • 2

    A,B及びCが、持分を各1/3とする甲土地を共有している。この場合、A,B及びCが甲土地について、Dと賃貸契約を締結しているとき、AとBが合意すれば、Cの合意はなくとも、賃貸借契約を解除することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    A.B.Cが別荘を持分均一で共有し、特約がない場合、別荘の改築は、A.B.C全員の合意で行うことを要し、Aが単独で行うことはできない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    各共有者は、いつでも共有物の分割を請求することができるが、5年を超えない期間内であれば、分割をしない旨の契約をすることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    「各共有者は,その持分に応じて共有物の管理の費用を負担しなければならないが,ある共有者がこの負担義務を1年以内に履行しないときは,他の共有者は,相当の償金を支払ってその共有者の持分を取得することができる。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    A.B及びCが、建物を共有している場合(持分を各1/3とする。)Aがその共有持分を放棄した場合、この建物は、BとCの共有となり、共有持分は各1/2となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    「共有物の分割に際し,各共有者の協議が調わないときは,裁判所に分割を請求することができる。この場合において,現物を分割することができない場合又は分割により著しく価格が低下するおそれがある場合は,裁判所はその競売を命ずることができる。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 

    解説

57012

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ