zuknow learn together

新しい教材を作成

飛行機に関する雑学

カード 21枚 作成者: michihiro (作成日: 2013/12/16)

  • 飛行機の寿命は、20年から30年

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    飛行機の寿命は、20年から30年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 航空機の寿命は、一般的には20年から30年ぐらいです。ただし、飛行時間と離着陸の回数などによって変動してしまうので必ずしもその寿命まで利用できるわけではないそうです。

    解説

  • 2

    機内には400リットルの水が貯めてある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛行機には、機体の中央もしくは後部の客室床の下側に、水の貯蔵タンクが搭載されています。この貯蔵タンクには、国内線で400リットル、国際線で1200リットルもの水が貯められています。

    解説

  • 3

    機内は、気圧・温度・湿度が調節されている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛行中の機内は、地上に比べて酸素が薄く、気圧も低くなります。何もせずに飛行を続けてしまうと酸素不足と気温の低下で大きな事故に繋がってしまうのです。そのため、「客室与圧装置」や「空気調整装置」が装備され、機内の温度と圧力の調整が行われています。

    解説

  • 4

    吸気口の3m以内に近づけば、人間も吸い込まれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エンジンを全開したときの負圧(吸引力)は凄まじく、3m以内に近づけば、人間も吸い込まれるそうです。

    解説

  • 5

    ダイビングして12時間は、飛行機に乗ってはいけない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スキューバーダイビングをしてから最低でも12時間は、飛行機に乗ってはいけない決まりがあります。ダイビングをで使用する際の「酸素ボンベ」には、窒素が含まれています。この窒素は、飛行機などの気圧の低い場所になると体内で膨張してしまう危険があり、これによって「減圧症」という病気になってしまう可能性があるからです。

    解説

  • 6

    飛行機はバックができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛行機は車と違ってタイヤが駆動しないため、一般的にはバック不可能だと言われています。しかし、エンジンに「逆噴射装置」というものが設置されているため、逆噴射することでバックが可能なのです。地上設備に影響が出る可能性があるため、原則自力での後退はしないそうです。

    解説

  • 7

    燃料タンクは翼の中にある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛行機の燃料タンクは、胴体の一部にあると想像してしまいますが、実は「翼の中」に入っているんです。これは、飛行機が飛ぶとき、翼に対する揚力で翼のつけ根に大きな力がかからないようにバランスを取らせるために、翼に燃料タンクが設置されているそうです。

    解説

  • 8

    飛行機の窓は、プラスチックで出来ている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛行機の窓は、ガラスではなく3層の透明のプラスチック(アクリル)の板でできています。アクリルはガラスよりも軽く、しかも柔軟性があって加工がしやすいため採用されているそうです。

    解説

  • 9

    搭乗口が左側にある理由は、船のルールに従ったため

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「船」は左側に入口があります。これは、当時右利きの人が多かったため、操縦士が接岸しやすいように左側に入口がつくられたそうです。この船のルールが飛行機にも流用されて、左側に搭乗口があるのです。

    解説

  • 10

    上り便と下り便の飛行時間が異なるのは、”風”の影響

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本の上空には、西から東へ、偏西風(ジェット気流)と呼ばれる強い風が吹いています。この“風”の影響で、上り便と下り便の飛行時間が1時間も差が出てしまうことがあるのです。

    解説

  • 11

    飛行機の制限速度は、時速約370キロ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛行機にはスピード違反というのがないように思えますが、実は「制限速度」というものが存在します。高度300メートル以下の場所は、370キロ以内。高度が1万フィート以下の場合は、時速が460キロ以内と定められています。

    解説

  • 12

    雷に打たれても、放電される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛行機には、雷対策として「静電放電装置」というものが設置されています。これによって、万が一落雷にあっても、機体の数ヵ所に装着されている「静電放電装置」を通って抜けるため、機体にも大きなダメージは与えないのです。

    解説

  • 13

    飛行機の燃料には、ケロシン(灯油とほぼ同じ)が使用されている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛行機の燃料には、「ケロシン」という燃料が使われています。ガソリンや軽油が使われている…と考えがちですが、家庭用の灯油に似た燃料が使われています。

    解説

  • 14

    飛行機が禁煙になったのは、訴訟リスクを下げるため

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛行機が「禁煙」になった理由は、禁煙ブームが到来したからではありません。本当の理由は、過去客室乗務員の方が、喫煙環境の中業務を遂行した事により肺がんになった、と訴訟を起こしたのです。この訴訟問題によって、訴訟されるのを恐れた航空会社が訴訟リスクを下げるために「禁煙」を導入したのが始まりだと言われています。

    解説

  • 15

    タイヤの寿命は、1ヶ月半

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛行機には、およそ18個のタイヤが装着されています。もちろん車やバイクと同様に、飛行機のタイヤもが地上を移動したり、離着陸を繰り返すうちに摩耗していきます。そのため離着陸回数の多い国内線では、1ヵ月半でタイヤ交換が必要となるのです。

    解説

  • 16

    北極・南極の上空は通らない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛行機が北極、南極を通ることはありません。①緊急着陸出来る空港が無い。②主要空港同士を結ぶ線上ではないこの2つの理由から、北極・南極の上空を通ることがないのです。

    解説

  • 17

    飛行機の座席シートは3ヶ月に1度張り替える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛行機の座席シートは、衛生面の問題から3ヶ月に一度は張替えが行われています。汚れがひどい場合はすぐにシートを換えるそうです。

    解説

  • 18

    座席番号には「Ⅰ」が無い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛行機の座席番号には、「I」席がありません。これは数字の「1」と見間違ってしまう可能性があるため、最初から除いているそうです。

    解説

  • 19

    『飛行機』の名付け親は、森鴎外

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 明治・大正期の小説家・森鴎外。彼の日記「小倉日記」で、「飛行機の沿革を説く」と書かれています。これが、日本における「飛行機」と言う記述のもっとも古い物だと言われています。

    解説

  • 20

    機長と副操縦士は食べる物が違う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食中毒などになった時に、どちらかが操縦できるようにする為の措置だそうです。JALやANAの機長と副操縦士用は、それぞれ別々の食事を用意しているみたいです。

    解説

  • 21

    上空でエンジンが完全停止しても30分は飛び続ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上空でエンジンが停止しても、浮力で30分間は飛び続けることができるそうです。

    解説

56687

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ