zuknow learn together

新しい教材を作成

完璧 書き下し文 口語訳

カード 12枚 作成者: なかほどみ (作成日: 2014/12/01)

  • 趙の恵文王 嘗て楚の和氏の璧を得たり。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    趙の恵文王 嘗て楚の和氏の璧を得たり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 趙の恵文王が、楚の宝であった『和氏の璧』を手に入れました。

    解説

  • 2

    秦の昭王 十五城を以つて之に易へんことを請ふ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 秦の昭王は、和氏の璧を手にしたいと思い、十五の城と和氏の璧を交換してくれと申し出てきました。

    解説

  • 3

    与へざらんと欲すれば、秦の強きを畏れ、与へんと欲すれば、欺かるるを恐る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 恵文王は、秦にこの宝をあげないと言えば秦が怒って攻めてくるだろうと恐れ、交換に応じればだまされるだろうと恐れていました。

    解説

  • 4

    藺相如曰はく、 「願はくは、璧を奉じて往かん。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すると藺相如が、「和氏の璧をもって秦に行きましょう。

    解説

  • 5

    城入らずんば、則ち臣請ふ璧を完うして帰らん。」と。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 城が手に入らなければ、和氏の璧を完全な状態で持ち帰ります。」と言いました。

    解説

  • 6

    既に至る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 秦に向かい着きました。

    解説

  • 7

    秦王城を償ふに意無し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 秦の王には、城を与える意志はありませんでした。

    解説

  • 8

    相如乃ち紿きて璧を取る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 秦の王に一度は献上した和氏の璧を、藺相如はうまくだまして取り返しました。

    解説

  • 9

    怒髪冠を指す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 髪の毛が逆立って冠から出るほど怒りを表しています。

    解説

  • 10

    柱下に卻立して曰はく、 「臣が頭は璧と倶に砕けん」と。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (交渉していた)部屋の柱の下に立って言いました、「(城をいただけないのであれば)私の頭と一緒に、和氏の璧を粉々にします」と。

    解説

  • 11

    従者をして璧を懐きて間行して先づ帰らしめ、身は命を秦に待つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 捕らえられた藺相如は、密かに従者の懐に和氏の璧を忍ばせて先に返し、自分は秦の王の判断が下るのを待ちました。

    解説

  • 12

    秦の昭王 賢として之を帰らしむ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 秦の照王は、賢い者だと言って、藺相如を趙の国に帰らせたということです。

    解説

56548

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ